fc2ブログ
topimage

2024-04

「私の殺した男」 - 2022.03.01 Tue

戦争で殺した男の家族に会いに行く男!

心の重荷に耐えられずに、殺した男の家族に会おうと決心する…戦争で人を殺した者は大勢いるが、こういう気持ちになって、実際に会いに行った人はいるだろうか。
普通なら、相手に憎まれるだけだから行かないだろうけれど、映画だから、もし、こうなったら、こうなって、ああなって、と創作できる。
命の尊さと人間愛と反戦を示すことにもなる。

22-3-1.jpg

ライオネル・バリモアの名前が有名なので、主演の若者が彼なのかと思い込んでいたが、あとで調べると、お父さん役の人がバリモアだった。1878年生まれで、このとき、もう50代なんですね。ドリュー・バリモアさんは、彼の甥の娘になるのか?

息子を殺したのは敵国の人間だが、息子を戦地に送ったのは、われわれ父親なのだ。そのような意味のことを、バリモア氏は父親仲間に告げます。
敵国の人間でも、良い人はいる。ただ憎むだけなのは間違っている。当たり前ともいえることを、彼は理解した。

監督だって、ルビッチじゃないですか! よくわからないけど有名じゃないですか! 見といて損はないってやつですよね。
うん、損はなかった!

(2月23日)

BROKEN LULLABY
1932年 アメリカ作品
監督 エルンスト・ルビッチ
出演 フィリップ・ホームズ、ナンシー・キャロル、ライオネル・バリモア、ルイーズ・カーター、ルシエン・リトルフィールド

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) Paramount Pictures

ブログパーツ

● COMMENT ●

弊記事へのコメント有難うございました。

>映画だから、もし、こうなったら、こうなって、ああなって、と創作できる。

フィクション(映画、演劇、小説)は、壮大なる実験台ですからね。
リアリズムやリアリティーに拘る余り、こういう映画が、現在少なすぎる。

>敵国の人間でも、良い人はいる。ただ憎むだけなのは間違っている。

全体主義から個人主義への転向。こういう転向は良いですねえ。
プーチンも個人主義になれば、いつでも軍隊を撤収できるだろうに。

>ルビッチじゃないですか!

ビリー・ワイルダーの師匠に当たり、小津安二郎にも多大な影響(傑作「淑女は何を忘れたか」に顕著)を残したルビッチ!
ご贔屓監督で、「結婚哲学」以降の映画はほぼ全部観ています。

>オカピーさん

想像と創造を広げて、さまざまな世界で感動させてくれるのが、映画や小説のフィクションの素晴らしいところですね。
戦争状態のさなかでもあり、今は、そこに結びつけて考えてしまう作品でもあります。

ルビッチは「桃色の店」「天国は待ってくれる」「生活の設計」「ニノチカ」くらいは見ています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3992-8016be83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

読書記録(2022年2月) «  | BLOG TOP |  » 「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード