fc2ブログ
topimage

2022-10

「愚かなり我が心」 - 2022.03.07 Mon

ヴィクター・ヤングによる主題曲が流れると、ああこれか!と思うこと間違いなし。

知りたい方は、「愚かなり我が心」などで動画検索すれば、まるっとわかります。

物語は、夫婦別れの危機を迎えてから、あらためて、回想として若いふたりの恋愛模様が始まる。
主役のスーザン・ヘイワードさんと、親友役のロイス・ホイーラーさん、わりと似た顔立ちタイプに見えてしまい、それでも私はどちらかといえば、ロイスさん派。(そういう問題ではないな、とも思うが、じつのところ、男と女は、それが問題だろう。)
え、この人がスーザン・ヘイワードさん(有名)だっけと、ほかの映画でも見たことはあるのに、本作を見ているうちは、わからなかった。好みじゃないからだろうか。(つれないのう。)

22-3-11.jpg

彼が軍人になり、デート中に真珠湾攻撃のニュースが入って、ああ、これから彼は戦場に…そんな場面は、あらためて、アメリカと日本が戦ったんだよな…との思いを印象的に残す。
戦前は仲がよかったのに…戦後だって文化も映画も、憎しみは横にやって、受け入れてきたし。
戦争は、本当に異質で余計なもの。闘争本能発揮の手違いみたいなものでは。

映画は、新たな道の始まりの可能性を示唆して終わる。

(3月7日)

MY FOOLISH HEART
1949年 アメリカ作品
監督 マーク・ロブスン
出演 スーザン・ヘイワード、ロイス・ホイーラー、ダナ・アンドリュース、ケント・スミス、ロバート・キース

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) RKO Radio Pictures

ブログパーツ

● COMMENT ●

かなりおろ!

ギョーカイ人か!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3997-b91e7af0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「歴史は夜作られる」 «  | BLOG TOP |  » 「禁断の木の実」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード