fc2ブログ
topimage

2022-10

「マン・ハント」 - 2022.04.24 Sun

ナチに執拗に追われる男。

大戦が始まる前。ヒトラーを狙撃しようとして捕まった男が脱出に成功するが、ナチスは彼の故郷イギリスまで追ってくる。
彼らの狙いは、イギリス国家の命令で暗殺を企てたと証言する書類に男のサインを加え、戦争のきっかけを作り上げることだった。

22-4-23.jpg

男が関わり合いになる女性に、ジョーン・ベネットさん。はすっぱな喋り方などで彼女の境遇を想像させる。
橋上で別れざるをえなくなる場面が、うまくできていて、切ない。(あとから思い返すと、なおさら切ないことになる。)
ナチス・ドイツから逃れてきたフリッツ・ラング監督ゆえに、ナチの悪計に抵抗する内容の映画には適任だっただろう。
追い詰められて、閉じ込められる閉塞感。
そして、反撃に使用する小道具は!

でも、もうちょっと、ハッピーエンドにしてほしかった。時代の空気的に無理でしょうか。ちなみにアメリカでの映画公開時(1941年6月)は、ヨーロッパでは第二次大戦がすでに起きていたが、アメリカは参戦する前。

(4月16日)

MAN HUNT
1941年 アメリカ作品
監督 フリッツ・ラング
出演 ウォルター・ピジョン、ジョーン・ベネット、ジョージ・サンダース、ジョン・キャラダイン、ロディ・マクドウォール

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) Twentieth Century Fox.

ブログパーツ

● COMMENT ●

ボーさん的には嫌いなパターンだと思ったが。

まあなあ。直接見せてないし、もしかしたら嘘の可能性もあるから。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/4012-5ef00146
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「七月のクリスマス」 «  | BLOG TOP |  » 小泉今日子 TOUR 2022 KKPP (Kyoko Koizumi Pop Party)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード