fc2ブログ
topimage

2022-10

「バルカン超特急」 - 2022.05.27 Fri

原題は、消える貴婦人。

このあと、「ミュンヘンへの夜行列車」などにも登場することになる英国人コンビ(主役ではない)、けっこう活躍しました。
邦題のせいか、ほとんど汽車の中での出来事かと思わされていたが、乗車するまでの話が案外長い。
雪崩かなにか(忘れた)のせいで汽車が走らず、ホテルに泊まらざるをえなくなる客たち。ここでヒロイン・カップルが知り合うことになる。
食堂にやってきた英国人コンビが、宿泊客多数のための料理不足のせいで食いっぱぐれる、なんていうユーモアは楽しい。(食べられない当人たちからしたら笑いごとではないが!)

22-5-27.jpg

汽車に乗っていたはずの貴婦人が、一夜明けたら、いなくなっている。ほかの乗客に聞くと、そんな人は最初からいなかったという…。
思わぬ危機的冒険を、ユーモアをまぶして、じゅうぶん楽しめる娯楽作。

(5月22日)

THE LADY VANISHES
1938年 イギリス作品
監督 アルフレッド・ヒッチコック
出演 マーガレット・ロックウッド、マイケル・レッドグレーヴ、メイ・ウィッティ、ベイジル・ラドフォード、ノートン・ウェイン

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) Metro-Goldwyn-Mayer

ブログパーツ

● COMMENT ●

2年ほど前に見たはずなんですが

列車の中のことしか覚えてないですね…(汗)
そういえばヒロインカップルはホテルで出会ったんでしたっけ。薄っすらと苦情を言いに来た男?のシーンが思い浮かぶような…。
かなり怖いお話なのに、ユーモアもあって引き込まれる作品でしたよね。さすがヒッチコック監督です。

弊記事へのコメント有難うございました。

昔の映画こそ映画館で観た方が良いような気がしますねえ。
 僕がこの映画に異常な愛着を持っている(数少ない☆5つの作品)のは、やはり映画館での大スクリーン(池袋文芸坐は名画座でしたが、昔はロードショー館だったので、スクリーンはかなり大きい)で見たからですね。しかも、当時はTVも買っていず、アパートに帰れば一人という貧乏学生でしたから、この作品のインパクトは凄かったですよ。

同じ脚本家の「ミュンヘンへの夜行列車」もこの間の「絶壁の彼方に」も、映画館で観られたら、★一つ分くらい上がったかもしれないですねえ。
しかし、演出の巧さは、本作におけるヒッチコックが抜けています。

>思わぬ危機的冒険

まだ第二次大戦は始まっていませんが、既にナチス・ドイツを意識した時局的な内容でしたね。

>マーガレット・ロックウッド

は戦後妖女的になって行くのですが、本作ではストレートな役。
画像問題にしたら、多分、誰も解答しない難問になるでしょうね(笑)

>宵乃さん

ヒロインの部屋の真上の部屋にいた男なんですが、なぜか彼女の部屋に押しかけてくる、みたいな? 細かいことは忘れました(私のことですから)。
汽車から消えるというのは、いわば、準「密室」もの? 窓に書かれた文字は、私でも気づきました。あの字が残ってれば、実在の証拠になる!って。

>オカピーさん

映画環境に恵まれすぎるのも、映画体験感動を薄れさせるんじゃないかと思ったりします。
私も名画座で「ブレードランナー」「エイリアン」(どちらも偶然リドリー・スコット監督ですが)を観た印象は、けっこう残っていますね。
感性が純粋なころに(いまは不純なわけではないけれど)、映画館でいい映画の洗礼を浴びるのは幸せです。

国境線(?)で銃撃戦になるとは思いませんでした。
制作年の1938年は、すでにヒトラーが台頭しているとき。大戦が始まる前年ですよね。

ロックウッドさんは、わからないでしょう!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/4032-f54847c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マリリン96歳&ホームページ21歳 «  | BLOG TOP |  » 「ウインナー・ワルツ」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード