fc2ブログ
topimage

2023-02

2022年夏のマイ覇権アニメ - 2022.10.23 Sun

2022年の夏アニメ視聴のまとめ。
まずは、マイベスト5を選出してみる。順不同。日付け付きのものはツイートからの転記。多少の直しがある場合も。


「神クズ☆アイドル」
見事! 初めからクレジットのみが出て、これは何かあるぞと思ったら、一話まるまるライブ。歌とMC、アイドルオタの反応、アサヒちゃんとの関係までまとめて…タイトルがファイナルステージというから、まさか、え、ほんとにラスト! 早すぎる! 来週はこの回のアンコール放送!(9月3日)
やる気のない男性アイドルに、やる気いっぱいの女性アイドルの幽霊がときどき乗り移ってパフォーマンスする基本アイデア。そこに、ファンの女子会盛り上がりトークがプラスされて、おもしろすぎる。
9月のはじめに最終回は、早っ! 最上アサヒ役の東山奈央さん、好き!


「最近雇ったメイドが怪しい」
もーキュンキュンしどおしで、どうしてくれようか!(9月11日)
主演ふたりの話を聞けて嬉しい。とくに過去回を語ってくれると、ああそうだったなあと思い出すだけでキュンとしたりして。(Webラジオを聴いて。)(10月9日)
最終回は泣いたわ。涙もろくて困る。あったかくて優しいんだよ、全編。悪者が出ないせいもあると気づいた(同じ作者の「ジャヒー様」もそうか)。特に高橋李依さんの声が優しくて心地よい(エミリアたん系か?)。綺麗なシーンも。(10月9日)
少年が自分の恋心に気づかず、あやしい、としか考えないのが微笑ましい。つまり、気になる、だよね。恋心を教えた同級生の、おませな女の子・五条院つかさをはじめ、キャラよし。


「シャインポスト」
おきょん(杏夏)に打ち抜かれて失神するトッカさん。ファンになって応援して心配して信じてきての、この幸せズッキュンはファン冥利に尽きる。最高でした。杏夏がアイドルをめざしたきっかけも、その後の苦悩も(前回と今回で)語られるし、今週マイベストアニメ。(8月5日)
3人はできあがって、あと2人補強?ですね。『ラブライブ スーパースター!!』では「スクールアイドルにおける9は絶対数」と言っていたが、こちらはスクールアイドルじゃないし、5で行くよ。(8月19日)
(ED曲は)今期の好きな主題歌で一番を争うよね。イントロで何と言っているのか(英語? あがりたいの?)私も知りたい。その部分込みで歌詞付き動画をあげてくれませんか?(9月17日)
最終回でも普通にOP曲が入ったので、ED曲も期待できると思ったら、その通り!夏季クールのアニメ主題歌でいちばん好きな曲『パレットガールズ』を、最終回バージョン映像でやってくれて、それだけでも満足。この曲、コーラス?が何と言っているか知りたいんだけど永遠に謎ですか!(10月19日)
製作陣のコロナ禍のため、特番2回をはさみこみ、10月19日に最終回がずれ込んだ。特番は主役のTINGS5人が出演したので、今後の実際のライブに向けてのお披露目を兼ねたようにもなって、かえって、よかったのではないか。
下がED曲『パレットガールズ』。むずかしいことはわからないが、ブラスのからみかたとか、リズムそのものとか、私が欲しいところそのものを出してきて、いうことなしで、フルで聴きたくてアマゾンミュージックに入ったくらい(1か月で抜けるけど)。ライブで聴いたら、絶対に踊りたくなる。


「ラブライブ!スーパースター!! 第2期」
始まりました! 一気に惹かれますな。スーパースター、やっぱ好きだ。(7月17日)
そう、優勝でなくたっていい。努力は積み重なっていく。次がある。Liellaは学校の誇り。スーパースター! いいなあ、幸せだなあ。夢があるのは。(7月31日)
きのう、高校野球延長で20:10始まりだったのか。自動で録画予約変更してくれた機械、優秀!ありがとう! OP曲、影も一緒に動くのがすごいきれい。スーパースターは絵柄も歌もめちゃ好み。(8月8日)
なによこのきれいさは! 紅葉の時期のお祭りかあ! 原宿、表参道、青山の狭間にある学校。どのへんの道の設定なのかな。(9月11日)
あーもー泣かせるのはやめてくださいなのデス 。EDも可可とすみれのデュエットでくるし!(9月18日)
ちょっと待つのデス! 留学が…!? それまで感動に泣いていたのを、どうしてくれるんデスカ? でも、それはそれでいいんデス! まだ9人のLiellaが続けて見られるんだから。ライブの最後は☆の形。(10月9日)
サンライズといえば、ガンダムじゃなくてラブライブ! とにかく好みなんだから、なぜという理由はないのです。ないのです!


「連盟空軍航空魔法音楽隊ルミナスウィッチーズ」
音楽隊のウィッチーズものもあるのか! 本作は戦いは出てこないのか? 音楽ものは好きだから、なくてもいいが、どんなお話になるのか。(7月11日)
大好きだったよ!戦争のさなかでも音楽の感動と癒しは力になる。そういうものは必要だよね。歌もの好き、しっぽ好きとしてはハマらざるをえない。誰がどんな尻尾なのかチェックしてみたり。(9月27日)
かわいいし、感動回もあったし、やっぱり歌は心に響くよ。ツイートに、マリア役の古仲可奈さんが、いいねをくれたのは、うれしかったなー。


結果的に、音楽系が4本入ったねえ。自分としては、それが感動しやすいせいじゃないかと。

そのほかを挙げる。
書かれていないタイトルは、そもそもの初めから見ようと思わなかったもの。
前のお話を見ていない続編ものも、きっちり筋を通して(?)途中からは見ていない。

「アルドノア・ゼロ」
2クール分を3か月(1週2話)で放送。
再放送で初めて見始めたが、OP曲にビビッときて、さて作曲者名を見てみれば、梶浦由記さんだよね!わかる!こういう感じ! ロボットバトルものは別に好きじゃないが、話も面白い。(7月30日)
アセイラム姫! 伊奈帆まで…嘘だろ…このハードモードったら、どうしてくれよう!(8月13日)
2014~15年、2クール再放送。かなり力の入った面白みが。花江夏樹、このころから主役か!とか、雨宮天さん、小松未可子さんも。夏川椎菜さんも出てる!なんて、内容以外でも楽しんだ。(9月24日)

「異世界迷宮でハーレムを」
#4 こんなにちゃんとファーストベッドインを描くとわ! 隠れとるバージョンだけどな! ロクサーヌを手に入れるために主人公はいきなり血なまぐさい盗賊殺しをやってるが、今後は女(ハーレム)のために狂ったりしたら面白い。(7月28日)
こっこれはもはや石けんお風呂!(?)ロクサーヌも喜んでいますので。(9月1日)
ロクサーヌに尽きる! しかも、あんなにマジにエッチシーンが××できるとは(いや、隠されてたけどね)。彼女のOPの歌もヘタウマで味が(ほめている)。最後3人がドタドタとハーレム追加は急すぎ、2期確実なら、ゆっくりやったのか?(9月23日)

「異世界薬局」
最後に、ファルマの声が豊崎愛生さんと知って、ひっくり返ったよ(実際はひっくり返ってはいないが)。想像もしなかった。アイプラのこころと比べたら同一人物の声とは思えない。…薬神の活躍やいかに!エレンには人間じゃないと思われちゃったし。(7月11日)
今回はすごくよかった。泣けた! 平民の薬師が異世界薬局の実際に触れて、その凄さを知る。経験してみてはじめて実感できるもの。ギルド長の思いもわかるが、歩み寄ってみてほしいね。(8月30日)
薬神さまがいたら助かるわー。未来か異世界から転生してきてほしい。前にも書いたが、豊崎愛生さんの少年ファルマの声音、アイプラのこころと同じ人とは思えない。(豊崎さんキャラでは、慎重勇者のリスタルテが一番好き。)本渡楓さんも相変わらず可愛かった!(9月27日)

「Extreme Hearts」
いろんなスポーツをやりながらチーム優勝をめざし、勝てば舞台で歌える。スポーツバトルにアイドル風の歌をプラス。10曲以上発売、ソロバージョンも45種配信って、すごいんじゃ? ストーリー上しかたないが、歌の配分時間が少ないのは、もったいない気が。(9月25日)

「Engage Kiss」
悪魔退治の仕事のために、悪魔の女の子を相棒にする代償は、キスによる記憶の喪失? 女の子キサラのかわいさと、男とキサラと元カノの三角関係は少し面白かったが。会沢紗弥さんの声(「大正オトメ御伽話」のヒロイン)かわゆし。元カノ(声)はLynnさん。(9月25日)

「オーバーロードⅣ」
人の命を奪うことに痛みを感じなくなってるような行動は、間違いとしか思えず、必ず報いが来るのではと、釈然としなかった後半。最後に「終わりが始まる」と出たので、次期どうなることやら。(9月27日)

「オリエント 第2クール」
せっかく父から逃れて、一緒に消えずにすんだと思ったのに、みちるを、なぜに死なせるか!? なんか意味あるのか? 後味、悪っ! 鐘巻武士団の仲間になりゃいいだろ? 小次郎とつぐみの出番もほとんどなかったじゃん。 (9月27日)

「カッコウの許嫁」
2クール。
もろに鬼頭明里さん的な声で来てて。もうちょっと、わかんない感じで欲しい。でなきゃいっそ他の人で…。これは個人的意見であって鬼頭明里さんは大好きだよ。(5月1日)(追記:とは書いたが、あとになって、このキャラづくりは、ほかの作品とかぶっていないから、これはこれでいいよね、と思っていた。)
エリカ(鬼頭明里)と幸(小原好美)って、『まちカドまぞく』の桃(鬼頭明里)とシャミ子(小原好美)のカップルじゃないか!とわかって、面白いなーと思いました。それだけです。(5月15日)
OPのサビの英語、まったく聞き取れないのを繰り返すので、最低なガッカリ。歌詞を書くと偉い団体から文句いわれるので、do~以下の歌詞と言っておく。(8月21日)
3人の美女に囲まれて、うらやましいしかないのでは!? 私なら…誰でもいいぞ!(10月4日)

「彼女、お借りします 第2期」
千鶴と和也、第2期での初顔合わせ。和也の熱い気持ち、久しぶりに聞いて、ほんとエモーショナル、つまりマジ、エモくて泣けるわ。the peggiesの『センチメートル』、挿入歌とあったが、毎回やってくれないかな。(7月4日)
るるるるる瑠夏ちゆわん! やー、わかるわ、完璧な千鶴を前にダウナー状態、せめてもの…突発行動。負けっぱなしは嫌だし!(8月27日)
墨ちゃん(CV:高橋李依)、あんまり出ないのに、出ればこの破壊力だよ! 好き!(9月10日)
最終回と知らずに見ていて、全編エモさしかなかった。が、自分的には2期は1期ほど盛り上がらなかったのはなぜなのか。主題歌? うまく言えないが、一期の爆発力よりも、二期は継続力だったからか。つまり、エモさ凝縮度の差か。(9月18日)

「金装のヴェルメイユ~崖っぷち魔術師は最強の厄災と魔法世界を突き進む~」
エモかったのはヴェルメイユの子ども時代の話だけだったが。ワルでなければ悪魔でもいい!キスしか見せられていないが、そのうちキス以上に進展…するのか、おい!(9月22日)
ヴェルメイさんの「~さね」「おまえさん」などの言葉遣いが、ちょっと、おまえさん、いや、オバサンで嫌。リリア役の倉持若菜さんは注目しておきたい。

「組長娘と世話係」
途中切り。和多田美咲さんの声は聴きたかったが、ヤクザ系の話(にはならないのかもしれないが関係者ではあろう)は基本、嫌なので。総視聴本数減らしのためでもある。

「黒の召喚士」
OP曲「頭ん中DEAD END」はノリがよくて気に入っていた。今期主題歌マイベスト5には入る。女の子多めのパーティを率いる冒険者なら、なってみたいよ(てか、その手のアニメ多すぎないですか、いいけど)。俺の女に手を出すな!と戦うのはいいねえ。野生動物か。(9月25日)


「サマータイムレンダ」
2クール。
レンダってナンダと考えた。連打か? 繰り返すから。(4月23日)
小舟潮さんが出てきてから面白くなった。亡くなった状態からのスタートだったから、どうすんだと思ってたが、「和歌山市アニメ観光大使」も伊達じゃない! 個人的には生き返ってエンドなら最高なんだが。(7月1日)
第24回の次回予告が「ただいま」やったから、もしかしてと思った通りに。以前にも、こうなればいいなと書いてたし、うれしい。よかった。時間や影の話はようわからんちゃったけどな。(10月1日)

「シャドーハウス 2nd Season」
いつもとは違う、エンディングのトップキャスト4人。今回の主役としての扱い、その心遣いが泣ける。(9月18日)
1stはエミリコ中心だったが、2ndはケイトが動き出してメインに。鬼頭明里さんは今期他キャラも多いが、ここではケイトの声にしか聞こえない。演じ分けが、さすがです。3期確定の終わり方。(9月24日)

「それでも歩は寄せてくる」
うるしの可愛らしさ、歩のばか正直さ(好きだ好きだといつも言ってるようなものじゃないか、てか言ってるね笑)で、ほのぼの。この終わり方、告白は…原作でもまだなのか? シャキッとしてるのか、ほんわかしてるのかわからないマキと付き合いたいです。(9月23日)

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇」
マーメイドのマリィかわゆし。ベル、食べて。なめてぇ吸ってぇなめてぇ吸ってぇ早くぅ。もっと! (注)これはマーメイドの血をなめさせてベルを回復させているだけです。(8月13日)
さっき書いた強制吸血シーンは以下になります。これでベルくんもマーメイドだね!とはならないよ、ぼく(ヘスティア)というものがありながら!(8月13日)
ベル君逝ったと思って、どうやって復活するかと思ってたら、生きてた。マリィさまさまだよ。大丈夫とわかっていても強敵との戦いにはハラハラさせられるのが、なんか悔しい。だいぶエモいし。1月から続き? 途中で終わった!(10月1日)

「D4DJ Double Mix」
Merm4idと燐舞曲でダブルミックスなのかー。 (8月20日)

「てっぺん !!!!!!!!!!!!!!!」
第2話は、大統領暗殺にからむ話だったので放送中止になったという。おかげで、再放送された第一話を見られた。作った一話分を潰すのはもったいないし、あとの話に影響はないのか。(7月16日)
OP音量が低いのは、なぜだ?(7月24日)
安倍氏関連で中止になってた第2話が放送だ! 大統領暗殺計画みたいなの。(9月11日)
共同生活する5組の女子高生漫才トリオのわちゃわちゃ。かわいいし、楽しかったよ!声優陣にバンドリ関係多いなと思ったら、月刊ブシロード連載か! タイトルに!がやたら多いのは、15人だから15個ですね。愛美さんのツッコミが忙しそう&楽しそう。(9月25日)

「転生賢者の異世界ライフ~第二の職業を得て、世界最強になりました~」
アイプラさくら役の菅野さん、ギルドの受付係の役かと思ったら、エンディングで「スラパッチ」とあり驚いた。改めて声を聞き直しても彼女とは分からない。すごい。しかしスライム大勢で次々しゃべるから、集団の画のとき、どこでしゃべってるか把握しづらい(笑)(7月9日)
スライムの一人?スラパッチを「アイプラ」の菅野真衣さんが演じることしか興味を持てずに終わった。スライム大勢に魔法を転送して戦うのは新味だが他に魅力がな~(9月13日)

「転生したらスライムだった件 第1期」
2クール。
魔王ミリム・ナーヴァ初登場シーンは、申し訳程度のパンツ効果が絶大であった。(7月21日)
いちおう第1期が終わったのか。感動したのはシズさんの最期くらいか。はいて…ま…すよね? ずり落ちてませんよね? のシーンが白眉であった。(9月27日)

「東京ミュウミュウ にゅ~♡」
途中切り。ちょっと、こどもっぽいかなあというのもあったが、総視聴本数減らしのために切ったという理由が大きい。

「BanG Dream! Morfonication」
ましろちゃんが仲間と一緒に悩みを乗り越えた気持ちを含めて歌詞になった新曲てことね! 桐ヶ谷透子ちゃんの声が直田姫奈さんだから「その着せ替え人形は恋をする」の喜多川海夢ちゃんも少し彷彿させるんだよね。元気キャラで似た感じなので。(7月30日)

「ブッチギレ! 一番光れ」
新選組幹部が討ち死にして、罪人たちが替え玉になるという…。私としては、上坂すみれさんの沖田総司(の替え玉の女剣士)くらいしか見どころがなく、その役も桂小五郎に求愛されて照れるのがメインだったような印象に(苦笑)(9月24日)

「プリマドール」
OP曲にはなぜか泣かされ、最終回は後半ほぼ泣き。でも故障は直して、新しく思い出を積んでいくほうがいいよね、絶対に。和氣あず未、楠木ともり、富田美憂、中島由貴、鬼頭明里、久野美咲、小松未可子ほか、ぜいたくな声優陣。しかも大好きな歌もの風味。(9月24日)

「惑星のさみだれ」
途中切り。数回見たが、これも総視聴本数減らしを考えて、興味をもてる順に並べた下位を切ったという感じ。

「継母の連れ子が元カノだった」
私が暁月ちゃん(VC:長谷川育美)を気にいってしまうのは、なんとなくアイプラの大好きな芽衣ちゃんみたいな髪型だからか!? 伊理戸義理兄妹と三角関係になるのだろうか?(7月13日)
今のテストって、終わったその日に問題内容をもらえるのか? よくわからん。(しかも彼女、他人の答え合わせを勝手に見たわけ?)(8月11日)
暁月 pushes up いさな's xx 。(8月18日)
あのー、前回と同じことしてるんですけど、暁月さん?(8月25日)
親の再婚により、お互いの連れ子として、昔別れた恋人同士が同居することに。シチュエーションはグッド。連れ子は結婚できるだろうから、悩まなくても…そういう問題じゃないか。暁月、いさな、の周辺女子も好き。(9月23日)

「ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd season」
恵ちゃんをいじめるのは許せんな。作者にムカムカする。(9月12日)
この男なんなんだ?という興味は多少ある。彼女が壊れる寸前まで救助を遅らせたというが、腹立つ。ずっとそばにいない限り、間に合わない可能性、大ありだろう。軽井沢さんを不幸にしたら許さん。(9月27日)

「よふかしのうた」
転んで口を切ったコウを見て、あらら…いっぱい出たね。と言いつつ、血を吸う(キスする)吸血鬼ナズナなのだったー。声は雨宮天さんなのだったー。独特の雰囲気(夜、絵柄、主題歌…)Goodよ。(7月22日)
絵柄が独特、歌、とくに本編が終わってのEDとアニメーションのインパクトとアバンギャルド(意味的に違うかもだが)は感嘆。かっこいい。真下からなめショットで色が染みてくとか最高じゃない。雨宮天さんの(自分にとっては)意外性満点キャラも楽しめた。(10月1日)
めっちゃかっこいいED曲。


「リコリス・リコイル」
組織のバカどもをやっつけて、スッキリ! 千束の漫画みたいな驚異的能力すら痛快。たきなとのバディが楽しみ。安済知佳さんは大人びた声のイメージだったから意外。私が知らなかっただけなんだろうが。(7月17日)
千束は絶対元気で終わる! でなかったら1日くらい落ち込むと思う(短いな、おい)(9月4日)
めっちゃカッコいいんですけどお、たきな~! てか、よく突き破れたね、えらいぞエモいぞたきな(9月11日)
キャラクター設定とバディ感は言うことなし。序盤で見せた接近銃撃の珍しさに目をみはった。千束(ちさと)とたきなのカップルぶりはSNSで盛り上がるのは必然でしょう。いろいろな点でぴたりハマった幸せな作品。終わり方も好き!(9月25日)
本編からイントロが入ってED曲につながるところが絶妙なときは、陶然となるね。EDにふさわしい曲は、そういうイントロをつくるべき。


「RWBY 氷雪帝国」
冲方丁が脚本。まったく今まで知らなかった作品だが。第2話でチームができて初戦、て感じですね。(7月11日)
ルビー、ワイス、ブレイク、ヤンの頭文字でRWBY。髪色もレッド、ホワイト、ブラック、イエローでRWBYに合わせてる。ワイスの夢の中での戦いがほとんど。何やってるかわからない部分もあり、盛り上がりナシ。4人中ではヤンが好き。誰が好きかで性格診断できたり? (9月19日)

そして、今期のマイ覇権アニメは!

「最近雇ったメイドが怪しい」
やさしさ、ですね、決め手は。
好きな音楽もの4本をおさえての選出とはすごい(自分で選んでいるわけですが)!
思えば「ジャヒ―様はくじけない!」も大好きだったし、作者とは相性がいいのかも?
音量注意。





ブログパーツ

● COMMENT ●

コメントありがとうございました

>見事! 初めからクレジットのみが出て、これは何かあるぞと思ったら、一話まるまるライブ。

ホント、見事な最終回でした。上手くまとめ上げつつ、ライブ感も出てましたよね。切りよく無駄なくでこの話数なんだろうけど、もっと見たかった!と名残惜しくなる最終回でした。

>「異世界薬局」

3話くらいまで観たんですが、あの世界で安定生産できるか判断する前に、主人公依存の薬を世に出すのはちょっとなぁ…と切ってしまいました。人類の発展に必要かもしれないステップを省略してしまう知識無双は見てて不安になります。

>レンダってナンダと考えた。連打か? 繰り返すから。

私も思ってました(笑)
最終回で、不穏と無縁の先生が書き上げた作品っていうのが良かったです。

>鬼頭明里さんは今期他キャラも多いが、ここではケイトの声にしか聞こえない。演じ分けが、さすがです。

お~、ケイトの声の方はそんなに有名な俳優さんだったんですか。演じ分けの上手い方だと、言われなければ気付けないこともありますよね。

>「東京ミュウミュウ にゅ~♡」

まさに少女漫画でした…。この歳で見るのは厳しくて脱落しました(汗)

>「惑星のさみだれ」

作画が微妙だし、ストーリーやキャラも好き嫌いがハッキリ分かれそうな作品でしたね~。

>「よふかしのうた」
絵柄が独特、歌、とくに本編が終わってのEDとアニメーションのインパクトとアバンギャルド(意味的に違うかもだが)は感嘆。

歌に入るところはぞくっとしました。絵柄とストーリーが私には合わなかったけど。

>髪色もレッド、ホワイト、ブラック、イエローでRWBYに合わせてる。

気付かなかったです!
私はワイスが好きですね~。他のキャラと一緒にいる時の典型的なツンデレっぷりがサマになってました。

>宵乃さん

「神クズ☆アイドル」、男だけのグループだったら見なかったのですが、女の子が参加していたので…結果、おもしろかったですし、男だけの歌も嫌いじゃなかった!(笑) 最終回を2回放送したほどで、短かったですねー。

「異世界薬局」異世界ものは無双が多いですが、これは医学に方向性が向いた話でした。最後は黒死病の対処で3話くらいは使っていたっけ…?

鬼頭さんは「鬼滅」で妹の禰豆子なんかもやっていますね。声優さんは大勢いるのに、多くの作品に選ばれる人って、やはり違うのかなあとも思ったりしますね。

「よふかしのうた」の絵柄はユニークでした。主題歌のときの画の動きも。原作が終わっていないものは仕方がないのですが、話は途中なので、まあなんとも言えないというか。

長い記事を見ていただいて、ありがとうございます。ツイッターのものを集めたので、チリも積もれば、ってやつですね。

他人を納得させられはしないけど、「オーバーロード4」が一番好きだった。あっさり終わって肩透かし食らったけど。

>fjk78deadさん

オーバーロードは豊富(すぎ)なキャラの中で、好きなものもあるのですけどね。
いちばんは、ルプスレギナ。あんまり出ませんが。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/4044-e6514b4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「デーモン・ハンターズ」 «  | BLOG TOP |  » 「シャドウ・イン・クラウド」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード