fc2ブログ
topimage

2023-02

「張込み」(2回目) - 2022.07.19 Tue

刑事2人の張込み描写が長いが飽きない。

逃亡中の強盗犯の男が昔の恋人のもとを訪れるのではないかと予想して、彼女の家を見張る刑事たち。
家の向かいの旅館の2階に泊まり込み、数日間。
ベテラン刑事のほうの宮口精二の味わい。
若いほうの大木実は結婚に悩んでいるが、事件の結果に影響を受け、映画の最後で、ある決意をする。

22-7-19.jpg

冒頭、九州の現地まで延々と汽車で移動する刑事の姿を追う。なくてもいいシーンとは思うが、当時の汽車旅の記録のようにもなっていて、おもしろい。

(7月19日)

1958年作品
監督 野村芳太郎
出演 高峰秀子、大木実、宮口精二、高千穂ひづる、田村高広

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 1958 松竹株式会社

ブログパーツ

● COMMENT ●

ボーさん、またしても、過去に見たことがあるのを思い出しもしないで、見ていたらしい。

何回見ても初見…んなことはないな。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/4054-63e35257
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「黒い画集 あるサラリーマンの証言」 «  | BLOG TOP |  » 「顔」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード