fc2ブログ
topimage

2023-02

「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル」 - 2022.08.08 Mon

ほんとうにファイナルなんでしょーか!?

これは、アニメ版を見ていないので、違いもわからないし。
告白したほうが負け、という精神構造が、いまいち理解できないので、あんまり、のめりこまないのかも。

22-8-8.jpg

このおバカさは、けっこう好き。と2年前に見た前作の感想で書いている。そのとーりだ!
ただし、佐藤二朗のワンパターンキャラは飽きた、とも書いてあって、そのとーりだ! ワンパターンでもないが、基本的に。

(8月6日)

2021年作品
監督 河合勇人
出演 橋本環奈、平野紫耀、浅川梨奈、堀田真由、佐野勇斗

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2021映画『かぐや様は告らせたい ファイナル』製作委員会 (c)赤坂アカ/集英社

ブログパーツ

● COMMENT ●

そうか、そう言えば佐藤二朗オマケ程度に出てたな。全然、忘れてた。

キャラの外見と内面が正反対である面白さは、実写よりはアニメやマンガに向くと思うけど、まあ、頑張ったかなと褒めてあげたい。

>fjk78deadさん

ナレーションまで二朗だったと思います。比企の当主ではない。

しかし、生徒会にメンバーがいるアニメは、知っているだけでも、かなりあると思うのでした。「ラブライブ」とか。「生徒会役員共」は、そのものです。

映画版の続編ですか~

1作目は色々端折られてたので、脳内補完しながら楽しんでた覚えがあります。キャラなりきり的には割とよくできてましたね~。

>告白したほうが負け、という精神構造が、いまいち理解できない

アニメ三期の最終回でやっと、それの具体的な理由が判明してウルっときました。それぞれ家庭環境やらなにやらで思うところがあるみたいです。

>宵乃さん

三期! こないだのですよね。
アニメ版は、見はじめて、相手に好きと言わせる合戦だけみたいな印象で、1回か2回でやめちゃったので、その後、ずっと見ていないのですよね。

今後、見てみようという気が向くかな~? 可能性はなきにしもあらず。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/4062-fda38c21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『かぐや様は告らせたい』『かぐや様は告らせたいファイナル』ユナイテッドシネマ豊洲9、12

2年前に書きそびれたレビューと同時掲載。だから『かぐや様は小倉世帯』なんて製餡業者の社長夫婦みたいな漢字変換はやめろ、ワープロ。 ◆『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』ユナイテッドシネマ豊洲9 ▲お二人ともおかわいいこと。 五つ星評価で【★★★★決して映画として上等ではない事を承知で推したい】 まず一作目。以下が見た直後のツイート。 ああ、このくだらない映画がとても好き...

『かぐや様は告らせたい/天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』(2021)

原作も読んだことないしアニメ版も見たことなかったが、予告編を見て何となく面白そうと足を運んだ映画館で、大いに愉しんだ「かぐや様は告らせたい/天才たちの恋愛頭脳戦」の続編。出演は平野紫耀、橋本環奈、佐野勇斗、浅川梨奈、堀田真由、影山優佳、福原遥、板橋駿谷、高橋文哉、池間夏海、ゆうたろう、髙嶋政宏、佐藤二朗、監督は河合勇人。メインキャストとスタッフは続投。続編が出来ればいいなと当時思っていたが、...

かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 ファイナル

将来を期待されたエリートが集う秀知院学園の、生徒会会長・白銀御行と生徒会副会長・四宮かぐやは、第68期生徒会長選挙を終結させた。 しかし、恋愛頭脳戦には決着がつかぬまま、未だ「告白した方が負け」という呪縛から逃れられずにいる。 そして、学園の2大イベント「体育祭」と「文化祭」を迎えることに…。 ラブ・コメディ第2弾。 ≪今度こそ、告白していただきます。≫ 

「死霊館 悪魔のせいなら、無罪。」 «  | BLOG TOP |  » 「最後の決闘裁判」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード