fc2ブログ
topimage

2022-10

「ディア・エヴァン・ハンセン」  - 2022.09.03 Sat

みんなが幸せになるなら、それが嘘でもいいんじゃないか。

嘘を貫き通す意志は必要だ。
エヴァンの場合は、彼女の家族が苦しむのを放っておけなくて告白してしまったが。
彼は、自分が不安で幸せじゃないと思っているからこそ、大事な人たちに不幸せでいてほしくなかった。

22-9-3.jpg

なんだかマジメくさい映画らしくて食指が動かずにいたが(好きなミュージカルとはいえ、主演の男が歌うシーンしか予告で見なかったし)、いやはや泣いたよね。
しかも、エイミー・アダムスさんが出ているとは知らず、ジュリアン・ムーアさんと、2大おかあさん(なんだそりゃ)の世界じゃないですか!

(9月3日)

DEAR EVAN HANSEN
2021年 アメリカ作品
監督 スティーヴン・チョボスキー
出演 ベン・プラット、ケイトリン・デヴァー、アマンドラ・ステンバーグ、エイミー・アダムス、ジュリアン・ムーア

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


(c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

ディア・スタン・ハンセン

いやそれプロレス!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/4071-a10b23b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ディア・エヴァン・ハンセン

友達がいない男子高校生エヴァンが自分宛てに書いた“DearEvanHansen(親愛なるエヴァン・ハンセンへ)”から始まる手紙を、同級生のコナーが持ち去ってしまった。 後日、コナーが自ら命を絶ち、手紙を見つけたコナーの両親は、息子とエヴァンが親友だったと思い込む。 思わず話を合わせてしまったエヴァンが語る“ありもしないコナーとの思い出”は、SNSを通じて世界中に広がっていく…。 ブロードウェ...

「降霊会-血塗られた女子寮-」 «  | BLOG TOP |  » 読書記録(2022年8月)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード