fc2ブログ
topimage

2023-02

「ゴーストバスターズ/アフターライフ」 - 2022.10.11 Tue

ゴーストバスターズのオリジナルは、主題歌のノリの良さが、自分にとっては半分くらいの好き度を占めていた気がする。

本編の続編(?)が来た。(2016年に、番外編ともいえる、女性たちのゴーストバスターズがあったから。)(本編は「2」もあったよね。)
1984年のオリジナル版監督だったアイヴァン・ライトマンの息子が、本作を手掛けた。

22-10-11.jpg

ゴーストバスターズのひとりだった、スペングラー博士(ハロルド・ライミス)の孫世代の活躍になる。
残された装置やクルマを使って、再び。
そういうことでした。旧メンバーの出演は、なつかしいものだが、もう、あんまりワクワクしないね。

(10月9日)

GHOSTBUSTERS: AFTERLIFE
2020年 アメリカ作品
監督 ジェイソン・ライトマン
出演 マッケナ・グレイス、フィン・ウォルフハード、ローガン・キム、キャリー・クーン、ポール・ラッド

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(C) 2021 Columbia Pictures Industries, Inc. and BRON Creative USA, Corp. All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

でも、メガネっ子が可愛いからなあ。それで全部いいや。

>fjk78deadさん

わたくし、めがねっこは、いまいちなのです。偏見なのはわかっているのですが。

ボーさん お久し振り

ボーさん お久し振りです。自宅でブルーレイで拝見しました。
う~ん(>_<) オリジナル版と比べてしまうと・・・・腕を組んで 頭うなだれてしまいますね。

もちろん全くダメとは言いません、言いませんが それだけオリジナル版が傑作だったというしかないですね。

>zebraさん

おひたしぶりです!(なんか違うな…)
オリジナルのときは、一世風靡しましたからねー。ノリノリでしたからね。
ワタシの場合は、新鮮味がないという根本的課題に直面する「続編もの」ですからねえ。。。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/4088-5e282e8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ゴーストバスターズ アフターライフ』『嘘喰い』『THE RESCUE 奇跡を起こした者たち』『チェチェンへようこそ ゲイの粛清』『余命10年』

未レビュー感想割とあかんかった奴五つライトに。 ◆『ゴーストバスターズ アフターライフ』ユナイテッドシネマ豊洲10 ▲ガコンゲコンみたいな工事現場的なギミックには男の子なので惹かれる。 五つ星評価で【★★凡】 後半あの展開はそりゃウルウル来るだろうが、全体長くてテンポも悪く凡庸。ドキっ女だらけのゴースト・バスターズも乗れなかったが、これも何やら今一つ。眼鏡博士娘には萌える。オリジナルも...

ゴーストバスターズ アフターライフ

シングルマザーのキャリーは、息子トレヴァーと娘フィービーを連れ、科学者だった父イゴン・スペングラーが遺したオクラホマ州サマーヴィルの農場へ引っ越してきた。 そこは30年間、原因不明の地震が頻発している田舎町。 フィービーは祖父が“ゴーストバスターズ”の一員で、悪霊ゴーザの復活を阻止しようとしていたことを知る…。 SFコメディ。

ゴーストバスターズ アフターライフ・・・・・評価額1650円

お爺ちゃんは、ヒーローだった! 80年代を代表するブロックバスターの一つ、「ゴーストバスターズ」シリーズの、32年ぶりに作られた正式な続編。 もともとはオリジナルのアイヴァン・ライトマン監督で、「ゴーストバスターズ2」の公開直後から三作目が企画開発されていたそうだが、難航している間にオリジナルキャストの一人、ハロルド・ライミスが死去。 結局、続編企画はキャンセルされ、ポール・フェイグが監督...

「恐怖の足跡」 «  | BLOG TOP |  » 「緋色の街/スカーレット・ストリート」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード