FC2ブログ
topimage

2020-08

「天空の草原のナンサ」 - 2006.02.01 Wed

いいねえ~、大自然の中の子どもとワンちゃん

(c) 2005 Schesch film.

いやされるよ~。
予告編で、モンゴルの見渡す限りの大草原を見て、いいなあ、いやされたいなあ、と思って観に行ったわけだが、大正解なのだった。
草原の真ん中で、ゲル(移動式住居)を立てて生活している遊牧民の家族5人。
周りには他の住居は見当たらない。

演じるのは、俳優ではなく、素人さん。監督は彼らと一緒に暮らしながら、撮影をしたという。
一家の生活をフィルムに収めた、半分ドキュメンタリーといってもいい作りだ。
必要最小限のストーリーはあるけれど、監督の大きな目的は、このモンゴルの遊牧民の素朴な暮らし、文化を伝えることだったと思う。

3人の子どもたちが可愛い!
ナンサという役名をもらった長女は6歳で、次女、長男と続く。
長男は、まだ、よちよち歩きの赤ちゃん。服装や髪飾り(!)が、お姉ちゃんたちと同じようなので、観ている途中までは女の子だと思っていた。

お話は…。
ナンサが洞穴の中で犬を見つけて、家に連れ帰る。父親は、野犬だったら狼を呼ぶから飼えないぞ、と言う。
母親は、思い通りにいかないことだってあるのよ、とナンサに教えるが、かといって強引に犬を捨てさせようとはしない。そのあたりが、いいのだよ、お母さん。お母さんも犬を可愛いと言ってたしね。


牛のフンを集めて燃料に!
(c) 2005 Schesch film.

この犬、ツォーホルが、また、いいのだ。人なつっこいかと思えば、どこかへ行っちゃったり。勇ましかったりもする。ホント、可愛い。
体は主に白いのだが、頭のあたり全体が黒い。ちょっと珍しい模様かも。
ツォーホルは、カンヌ映画祭でパルムドッグ賞を受賞した。最高賞の「パルムドール」をもじって、ワンちゃんに与えられる賞がパルムドッグ。
最近では「ドッグヴィル」のモーゼが受賞してますね。

「黄色い犬の伝説」を、老婆がナンサに語ってくれる。
古くからの、人間と犬との関わりの密接さ。こういう話って、いいよね。ずっと語り継がれて残ってほしい。

ゲルを解体する過程を、じっくり映すところは興味深かった。
バラバラにした「家」を荷車に積み、次に住む場所へと旅をする。出かける前には、ゲルを設置していた土地に感謝を捧げる。いいねえ。
素朴。じんわりとする。
人間って、こうやって自然の中で、たいしたものを持たないでも生きていけるんだよなあと、うらやましくも思った。
ナンサは、たった6歳で馬に乗って、羊の番をするのだ。すごいぞ! たくましいよ。

遊牧の暮らしを捨てて町へ出る者が増えている現実も示される。
ナンサの父親は町へ行くつもりがある。母親は遊牧の暮らしも悪くないと言う。ナンサは長期間、家を離れて学校に行ってしまうことになる。
この一家、この先は、どうするのだろうか。

自然、ワンちゃん、素朴な暮らし、可愛い子どもたち。
ほっと癒されたい方は、ぜひ、どうぞ。
(1月28日)

THE CAVE OF THE YELLOW DOG (DIE HOHLE DES GELBEN HUNDES)
2005年 モンゴル・ドイツ作品
監督 ビャンバスレン・ダバー
出演 ナンサル・バットチュルーン、ビャンドラム・ダラムダッディ・バットチュルーン、ウルジンドルジ・バットチュルーン、ナンサルマー・バットチュルーン、バドバヤー・バットチュルーン、ツァレンプンツァグ・イシ


かわゆい姉妹ちゃん!

(c) 2005 Schesch film.

トラックバックは、天空の草原のナンサ@映画生活様に。

評価☆☆☆☆(4点。満点は5点)

● COMMENT ●

こんにちは!
あの弟くん、パンツ脱げちゃってるシーンまでは、私も女の子だとばかり思っていました。
もしかしてモンゴルでは、小さいときは女の子の格好をさせるなどという風習があるのかな?
パンフとかには、そういうこと書いてありませんでしたが。

>チヒルカさん

いらっしゃいませ!
そう! 私も、あのシーンで、あ!男の子じゃん!と知りました。
そうですね、きっと、ああいう姿にしているのでしょうね。
こういう素朴な映画も、たくさんの映画館で上映してほしいものだと思います。
また遊びにきてくださいね!

いやされたい!

心ときめいちゃいました♪
ちっちゃい子も、緑の色も、いいかんじです。
ぜひスクリーンでみたいなあ。。。
機会をねらってみますね。

>とーふさん

1枚目の写真は、ずいぶん緑色してますよね。こんなに鮮やかだったかなと思わないでもないのですが。
なんてことない映画ですが、「愛すべき小品」というか、いいんですよ。
いま映画館で上映しているか分かりませんが…チャンスがあれば、ぜひ!

前世

TBありがとう。
人間かどうかはわからないけど、前世で、こういうところの風に吹かれていたような気がする、そんななつかしさを、細胞が記憶しているような・・・。

>kimion20002000さん

そんな感じは私もありました。
モンゴルの人とは、民族的には近いみたいですし。
自然というのは偉大ですね。ああいう、のんびりした生活にもあこがれてしまうのでした。
でも、すぐに、慣れた文明世界に戻りたいと思うのかもしれません…。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/410-2378dda3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『天空の草原のナンサ』

モンゴルの雄大な自然とゆったりとした暮らしが素晴らしい。ハートウォーミングで心の清浄作用は抜群。6歳のナンサと妹と弟と両親の遊牧民家族の生活風景。モンゴルで語り継がれる「黄色い犬の伝説」を下敷きにした物語。前作 『らくだの涙』の舞台はラクダのいるゴビ砂漠

天空の草原のナンサ~スローライフ

CMでは、ゴジラ松井は家ではスロー人だそうだ。外に出れば、厳しい現実が待っているわけで、家の中ぐらいのんびりしたいもの。近頃忙しくて、疲れてるんだという方に、ぴったりな映画があります。癒されて下さい。映画「天空の草原のナンサ」物語は物凄くシンプルです。モン

天空の草原のナンサ

お気に入り度 ★★★★★ こんな話 学校が休みに入ったナンサは、モンゴルの草原に住む家族のもとへ帰ってきた。強くやさしい両親と、幼い弟妹。ある日、燃料となる牛の糞を集めてくるよう言われたナンサは、ほら

天空の草原のナンサ

「天空の草原のナンサ」モンゴルの草原で生活するバットチュルーン一家の生活を映した作品。ある日、ナンサは背にブチのある犬を洞窟で見つける。オオカミを警戒する父親に反対されながらも、ナンサは内緒でその犬を飼うことにした…なんと子供たちの愛くるしいことか。小学

天空の草原のナンサ

2005年 ドイツ 2005年12月公開 監督・脚本:ビャンバスレン・ダバープロ

『天空の草原のナンサ』-大自然と家族愛

 これは素晴らしい映画でした! モンゴル遊牧民の家族(俳優でなく本物!)を描いた

NO.168「天空の草原のナンサ」(ドイツ/ビャンバスレン・ダバー監督)

「私には撮りたい映画がある」と、ダバー監督はなんの迷いもない。ダバー監督の前作「らくだの涙」は、多くの人に新鮮な感動を与えた。モンゴルの砂漠地帯の遊牧民族の一家。そこの母らくだが産んだ赤ちゃんは、白い子らくだ。母らくだは育児拒否をする。白い子らくだは、弱

「キング・コング」(2005年)(2回目) (BlogPet) (BlogPet) «  | BLOG TOP |  » 「豆腐小僧双六道中ふりだし」 京極夏彦

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード