fc2ブログ
topimage

2023-02

「ドリームプラン」 - 2022.11.23 Wed

ビーナスとセリーナが、父親のプランにそって育てられたテニス・プレイヤーだったとは。

娘たちには少なくとも自活できる境遇を与えたいというのは、親である自分が、そもそも生きにくい世の中だから。そこは見ていて察せられる。
試合に勝ってはしゃぐのをやめない子どもたちを置き去りにしようとしたのも、いつまでも浮かれるな(しっぺ返しを食らうぞ)と、自分の経験から来ているのではないか。


22-11-23.jpg
横一線

これだけ女の子たくさんを育てるのは、気苦労も大きそう。原題(KING RICHARD)のように王様のごとく自分の決めたとおりにしていこうというのも、わからないでもない。
そんななかで、素直に育った娘たちも偉いもんだ。テニスが嫌いになってたら、どうするんだ。…そこはそれ、別の道に行かせるのだろうけれど。

(11月23日)

KING RICHARD
2021年 アメリカ作品
監督 レイナルド・マーカス・グリーン
出演 ウィル・スミス、アーンジャニュー・エリス、サナイヤ・シドニー、デミ・シングルトン、ジョン・バーンサル
 
好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

ブログパーツ

● COMMENT ●

弊記事へのコメント有難うございました。

二人の娘を生むことからプランだった?
あのような性格に育てたのも教育のたまもの。
King Richard III あたりの史劇をもじった King Richard という原題が洒落ていますよね。

最近は決勝も余り見ませんが、元来はテニス好き。
四半世紀前ヴィーナスは女子選手なのに、200km/hを超える、今の錦織より速い弾丸サーブでビックリしましたよ。平均的な選手が150kmくらいの時代ですからね。

残念なことに...

ラストに本人が登場するので救われましたが
赤エミーでの一件があって以来、Wスミスは
御免被りたい感情が先行してしまいます。

先日も奴隷解放な内容の彼の新作トレーラー
を見る機会がありましたが、気持ちは白けた
ママです(涙)

ウィル・スミスって天然でイラっと来るタイプだったけど、ちゃんと台本の上でイラっと来る人間も演じられると証明した。イヤな親父である。

>オカピーさん

まるで王様のように決めていく、見る人によっては、善政なのか独裁なのかイメージが違うのでは。
私はテニスのほとんど見ませんが、ヴィーナスが出てきたときは、そんなにすごかったんですね。
才能もないと、やはり、できなかったことでしょう。

>onscreenさん

私自身は、垢デミー事件は、それほど責めたくはなかったです。
手を出さずに口だけで終われば、よかったなとは思いますが、しょうがないんじゃない派ですね。
といっても、別にもともと男優で映画は観ていませんので、彼の映画はどうでもいいわけですが。

>ふじき78さん

それはもう愛妾、いや、相性というものですね。そのうえ役柄でイラっとくるなら、それは良き演技っぽい。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/4102-162654c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ドリームプラン』『クライ・マッチョ』『ダーク・ウォーターズ』『スイング・ステート』『ハウス・オブ・グッチ』『エル・プラネタ』ギンレイホール

ギンレイホールしばりで6本。 ◆『ドリームプラン』ギンレイホール ▲ウィル・スミスって芹澤興人に似てる。 五つ星評価で【★★ウィル・スミスのゲスさが爆発する気持ち良くない映画】 ツイッターでの最初の感想(↓) あのイカれ親父を善人に仕上げて美談のような映画にする宣伝部の技術力はちょっと侮れない。 『ドリームプラン』じゃねえだろ。原題は『KING RICHARD』。ビーナス&セリーナ...

ドリームプラン

テレビで優勝したテニスプレーヤーが4万ドルの小切手を受け取る姿を見た男リチャードは、「娘を最高のテニスプレイヤーにしよう!」と決意する。  テニス未経験ながら独学で教育法を研究し、「世界チャンピオンにする78ページの計画書」を作成。 誰もが驚く常識破りの“ドリームプラン”を実行し続けた…。 実話から生まれたテニス一家の物語。

「ドリームプラン」@Tジョイprince品川

 個人的に今年初一般試写会だ。上映会場となったシアター2の客入り7.5割くらいだ。映画の話リチャード・ウィリアムズは優勝したテニスプレイヤーが4万ドルの小切手を受け取る姿をテレビで見て、自分の子どもをテニスプレイヤーに育てることを決意する。テニスの経験がない彼は独学でテニスの教育法を研究して78ページにも及ぶ計画書を作成し、常識破りの計画を実行に移す。ギャングがはびこるカリフォルニア州コンプ...

「ブルーサーマル」 «  | BLOG TOP |  » 「クレッシェンド 音楽の架け橋」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード