fc2ブログ
topimage

2024-04

「ブラック・フォン」 - 2023.04.03 Mon

デリデリデリクソン監督、ブレないなあ、と。結果としての方向性も好き。スティーヴン・キングの息子が原作と知り、なんだか納得。

スコット・デリクソン監督って、心霊をからめたドラマをつくる印象があって。
2005年の「エミリー・ローズ」が鮮烈だった。
今回もそうなってたね。水を得たデリク。
で、そういうの、わりと好きなもので。

23-4-3.jpg

ほんのちょっと、怖い!シーンはあるが、本流は社会的にも「悪を倒したい願い」が貫いているので、気持ちとしても応援してしまう。

(3月29日)

THE BLACK PHONE
2021年 アメリカ作品
監督 スコット・デリクソン
出演 メイソン・テムズ、マデリーン・マックグロウ、ジェレミー・デイヴィス、レベッカ・クラーク、イーサン・ホーク
 
好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 2021 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

弊記事へのコメント有難うございました。

十分面白いけれど、地下に不必要とも思われる電話があるなどゲームのような設定がいかにもお話の為のお話のように見えてしまうのが、僕の映画観に少し合わない。
しかし、その電話が主人公に有利に働くのは良いです。

>「エミリー・ローズ」

これは楽しめましたね。
「エクソシスト」みたいなところがありますが、秀作と思いました。

>オカピーさん

私も最初は、なぜ普通の電話がある?と思いましたが、そんなこともあるかなと気にしなくなりました…。
窓の格子を壊したら、敵に見つかるだろう?なんてことも。
でも、おもしろいほうが勝っちゃいました。

こんにちは。

こんにちは。
これは面白かったです。
雰囲気も良かったし…私の中では、イーサン・ホークが出るコレ系にはハズレ無しです。

>ここなつさん

おはようございます。
イーサン・ホークは意外でしたねー。ああいうキャラクター。
居眠りしているところが、ちょっと、お間抜けでよかったです。(そこ?)

詰めは甘い

ボーさん☆
皆さん凄く絶賛していたので、ようやく見ましたがちょっとハードル上げ過ぎちゃったかな…
詰めの甘さとかは、お父さんのスティーブン・キングにそっくりでした(笑)
ラストは爽快でしたね~

>ノルウェーまだ~むさん

米ありがとうございます。
私は、ほぼ情報いれないので期待値はあまり、なし。
キングの息子が原作なのも、見たあとに知った…と思います(そこも、あいまい?)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/4159-2969a34e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブラック・フォン

アメリカ・コロラド州デンバー北部のとある町では、子供の行方不明事件が頻発していた。 学校の帰り道、少年フィニーは見知らぬ男に拉致され密室に閉じ込められてしまう。 そこには「断線している黒電話」があったが、突如その電話のベルが鳴り響く。 一方、フィニ―の妹グウェンは、不思議な予知夢を見ていた…。 サスペンス・スリラー。

「トップガン マーヴェリック」 «  | BLOG TOP |  » 読書記録(2023年3月)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード