fc2ブログ
topimage

2024-04

「我等の生涯の最良の年」 - 2023.07.31 Mon

なんて、しっかりしたドラマなんだ!

ウィリアム・ワイラーは、私が信用するうちの最たる監督のひとりである。
第二次世界大戦の終戦直後に世に出した作品は、帰還兵3名がどんな生活を送るか、を描いたものだった。
じっくり、端正、ていねいに進むものだから、170分の長尺になった。
下に書けなかった出演者として記録しておきたいのは、ヴァージニア・メイヨ、キャシー・オドネル、ホーギー・カーマイケル。

23-7-31.jpg

くどくど書かないが、ラストシーンは最も感心した。
結婚式の立会人代表(?)みたいな立場の男。本来なら新郎新婦を見守っているべきだろうに、途中から、向こうのほうに参列している女性をずっと見つめている。男の妻が障害になって別れた恋人同士なのだ。男と妻は離婚したが、ふたりはその後も会うことはなく、この結婚式で久しぶりに顔を合わせたところだ。
彼女も彼を見ている。ああ、これはダブルの結婚式じゃないか!と思った。このふたりも胸の中で誓いの言葉を言っているのだと。
これはすごい。

(7月30日)

THE BEST YEARS OF OUR LIVES
1946年 アメリカ作品
監督 ウィリアム・ワイラー
出演 フレドリック・マーチ、ダナ・アンドリュース、ハロルド・ラッセル、テレサ・ライト、マーナ・ロイ
 
好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


(c) RKO Radio Pictures

ブログパーツ

● COMMENT ●

これは有名作じゃないか? 3時間ちかいのを、ボーさんよく見たなあ。

2日にわけて見たそうだ。そこが家シネマの利点だな。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/4206-fdab4924
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

読書記録(2023年7月) «  | BLOG TOP |  » IDOLY PRIDE VENUS PARTY The First

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード