fc2ブログ
topimage

2024-05

「ゴジラ-1.0」 - 2023.11.18 Sat

終戦後近辺が舞台、船で戦う…その程度の予備知識で臨む、対ゴジラ観賞戦。

なんとなくネタばれしながらだが。
すぐにG様登場で、やんややんやの喝采(劇場は静まり返りつつ、心のうちだけで萌える燃える)。
こわいゴジラで、いいよね、基本だよね。

戦後復興が始まったばかりの東京にゴジラが来ちゃうアイデアは、せっかく希望をもって前進しはじめたところを無残にぶち壊す、いっそうの悲惨さを、もうちょっと出せたらよかったのでは、とも思う。

ゴジラにくわえられた電車の中で、宙づりになったり落っこちたりする浜辺美波。トム・クルーズの映画で最近観たぞ!? なシーンを軽めに踏襲(偶然か?)。海に落ちたとしても、相当のけがをしそうだが。


23-11-18.jpg
船を追いかけるが、追いつかない。ゴジラの泳ぎ以上のスピードが出る船でよかったよねというか、ゴジラ遅い。

あの珍しい形の戦闘機、実戦には間に合わなかった震電を出してきましたね。高速で30ミリ機関砲をもち、なにより、隆之介くんの秘めた計画に好都合な、狭いところに突っ込みやすい?先細った形!

伊福部昭の、あのテーマが、終盤ようやく流れるのは胸熱。やはり、あのメロディで、ワクワクするのだよ。DNAのように刷り込まれているわけなのさ。
で、ラスト、いろいろ、いいほうに落ち着かせてくれて、個人的には嬉しい。
ゴジラは、これは、もう、つづく、ってことだねえ。アメリカでも、日本でも、か。

(11月18日 イオンシネマ 大井)

GODZILLA MINUS ONE
2023年作品
監督 山崎貴
出演 神木隆之介、浜辺美波、吉岡秀隆、山田裕貴、佐々木蔵之介
 
好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 2023 TOHO CO., LTD.

ブログパーツ

● COMMENT ●

> ゴジラ遅い

確かに。
巨体であるほど水の抵抗が強いから。足とかつって、直立みたいな形で船を追ったのかもしれない。

>fjk78deadさん

ゴジ泳ぎって、尻尾を使うのか、バタ足するのか、もしや放屁などで推進するのか、くわしく知りたい。

萌えました

ボーさん☆
やっぱりあのテーマソングがテンション上がりますね!
お腹の底に響きました~~

>ノルウェーまだ~むさん

そうなんですよ、あのメロディが出ると出ないとでは、ワクワク度が違います。
アメリカ版ゴジラは使えないんでしょうかねえ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/4252-5f6126f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ゴジラ−1.0』ユナイテッドシネマ豊洲10

◆『ゴジラ−1.0』ユナイテッドシネマ豊洲10 ▲移動する絶望。 五つ星評価で【★★★★★満腹】 どこからどう見ても橋爪功だったのだがって、開口一番それかよ俺。エンドロールにキャスト表示はなし。ひょっとしたらCGだったりして。そこに存在しないものより過去にあったものを再現する方が困難と『ALWAYS 三丁目の夕日』の時に評論家筋からさんざん言われていたので、あれがフルCGでゼロから作り上...

映画 『ゴジラ -1.0』

Photo by Kirishima  撮影場所: 宮城県 富谷市 109シネマズ富谷 昨年の12月、いつもの109シネマズ富谷で、映画 『ゴジラ -1.0』 を観てきました。  いわゆる怪獣映画は嫌いなので観るつもりはなかったのですが、ヒットもしているのでついつい観に行ってしましたました。  一言で言うと、終戦直後の日本を丁寧に描いていて感動的でもあり、そこそこ楽しめる映画でし...

映画『ゴジラ-1.0』☆咆哮と慟哭からの~見ごたえの逸品!(^^)/

作品について https://www.allcinema.net/cinema/388773 ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 ・敷島: 神木隆之介   元特攻隊員(特攻の生き残り) ・典子: 浜辺美波     ゴジラ70周年記念作品は 戦争末期~戦後間もない日本が舞台。 その時代設定が、かなり良き☆ 戦災と復興途上の困難に、うまくゴジラをぶつけた!(^^)/ ~災害の...

ゴジラ-1.0

舞台は戦後。 焦土と化した日本に、突如現れたゴジラ。 残された名もなき人々に、生きて抗う術はあるのか…。 SF怪獣アクション。 ゴジラ70周年記念作品。 ≪戦後、日本。 無(ゼロ)から負(マイナス)へ。≫

「宇宙大戦争」 «  | BLOG TOP |  » 「地球防衛軍」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード