fc2ブログ
topimage

2024-04

「劇場版 SPY×FAMILY CODE: White」 - 2023.12.29 Fri

アーニャ、SPY×FAMILYの映画観てきた!(誰がアーニャじゃ!) ちち、はは、ボンドと家族で、おでけけ、楽しいから観てもワクワクだ!

…とポストを投げ落としていたのは、アーニャではなくて、ボーだ!
え、わかっているって!? それは東西緊張がゆるんだということか!

アーニャが調理実習でつくることにしたお菓子を、実際に有名店に食べに行こうと、犬のボンドも連れて家族でお出けけする、楽しいお話なのだ!
しかーし! 楽しいだけではスパファミではない! お菓子を食べようとすれば困難が生じ、それ以前にアーニャがあることをしてしまったことから、敵に追われるはめになるのだ。

敵さんの迷コンビ役で、中村倫也と賀来賢人が出ていることは、たぶん、言われないと気づかないのではないか。
ヨルさんはメチャ強い相手と戦い、ロイドさんは敵ボスと戦い、アーニャは〇〇(下ネタか!?)と戦い、ボンドは「ぼっふ」だ。


23-12-29.jpg
「家族みんなで旅行に行くぞ」「おー!」「ぼっふ」「ほんとうですか?」

トイレの神様のシーンでアニメのタッチが変わる。こういう、うん〇ネタは子どもが喜ぶのだろうなあ。下品にならず笑えるように、とっても気を使った表現を「もよおしていた」気がする…。

マイクロフィルムがどうなっていたのか、から、ラストのオチ(私自身もすっかり忘れていた件)まで、うーん〇、やるな、おぬし、である。ダウナー傾向の「水星の魔女」と同じ脚本家なのに少しだけ、びっくり。

(12月29日 イオンシネマ 大井)

2023年作品
監督 片桐崇
声の出演 種崎敦美、早見沙織、江口拓也、松田健一郎、佐倉綾音
 
好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


23-12-29-5.jpg
入場者特典で小冊子もらった。わくわく。

(c) 2023「劇場版 SPY×FAMILY」製作委員会 (c)遠藤達哉/集英社

ブログパーツ

● COMMENT ●

これは楽しかったが、ボーさんは泣いたところもあったそうだ。

しかも翌日には、どこで泣いたか覚えていないというね。

アーニャの服が梅干色の赤がベースなので「すっぱいファミリー」なのか? ヨルさんトップレスで「おっぱいファミリー」だったら凝視するぞ。

>ふじき78携帯さん

しっぱいファミリーで、てっぱいファミリーとなってしまうのを、みんな恐れながら、きょうもファミリーマートで買い物します。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/4268-962a6211
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

劇場版 SPY×FAMILY CODE: White

世界各国が水面下で熾烈な情報戦を繰り広げていた時代。西国(ウェスタリス)の情報局対東課〈WISE(ワイズ)〉の敏腕諜報員(エージェント)の〈黄昏(たそがれ)〉ことロイド・フォージャーに、進行中のオペレーション〈梟(ストリクス)〉の担当を変更する、という指令が。 その頃イーデン校では、優勝者に〈星(ステラ)〉が授与されると噂の調理実習が実施されることに…。 人気アニメ劇場版。

『劇場版 SPY×FAMILY CODE: White』トーホーシネマズ池袋10

◆『劇場版 SPY×FAMILY CODE: White』トーホーシネマズ池袋10 ▲お気にのトバリさんのスチールがない。 五つ星評価で【★★★★全然面白い。バリバリ及第点】 ツイッターでの最初の感想とネタ(↓) おもろい。そこまで下ネタで押して来るとは思わなかった。神様すてき。ヨルさんやトバリのアクション大画面で見れるのはお得。/ 「今、話題の映画ってあれだな。スポーティースパイとか...

「ワンス・アポン・ア・スタジオ -100年の思い出-」 «  | BLOG TOP |  » 読書記録(2023年12月)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード