fc2ブログ
topimage

2024-05

「マダム・ウェブ」 - 2024.02.28 Wed

主演がダコタちゃんっていうから、すっかり、ダコタ・ファニングだと思い込んでいた。

見終わってからも、そう思っていた。ダコタ・ファニングって、こんな顔だったっけ、とは少し考えながら。(笑)
…ダコタ・ジョンソンさんでしたー! といっても、なにかに出ていた人なのはわかるけど、思い出さない、ボーなのでしたー!(もしかして、ほかの出演作、見てないんじゃないかな?)

24-2-28.jpg

観た直後のツイート。
『「マダム ウェブ」観て、エンドロールで初めて3人組のひとりがシドニー・スウィーニーだったと知った! 全米ヒット中の映画の紹介でそのグラマラスボディを見ていて注目していたのだった!』
そう! “Anyone But You” だったか、アメリカ公開中作品で、水着姿が、まあ、その…。
今回演じたメガネっ子からは想像もつかないのですね。

本作は、ガールズの変身?後の活躍が、イメージ的には少しあるけれど、本編的にはないので、ヒーロー(ヒロイン)アクションとしては、期待をはずす。続編があればいいのだが、この地味めな1作目では受けないだろうから、続編製作は厳しいかもしれない。

(2月25日 イオンシネマ 大井)

MADAME WEB
2024年作品
監督 S・J・クラークソン
出演 ダコタ・ジョンソン、シドニー・スウィーニー、イザベラ・メルセド、セレスト・オコナー、タハール・ラヒム

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2024 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

ダコタんだっていうから、ファニングと思うなんて…俺もそうだった!

あんたら、ダコタん・ジョンソンさんに失礼でしょ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/4296-2d907424
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マダム・ウェブ

アメリカ・ニューヨーク。 救急救命士の女性キャシー・ウェブ(後のマダム・ウェブ)は、仕事中に生死を彷徨う大事故に巻き込まれた。 それ以来デジャブ(既視感)を感じるような出来事が続く。 偶然出会った3人の少女が黒いマスクの男に殺される未来を確信したキャシーは彼女たちを助けようと決意するが、謎の男はどこまでも追ってくるのだった…。 SFアクション。 ≪この糸(ウェブ)が、すべての運命を繋いでゆく。≫

読書記録(2024年2月) «  | BLOG TOP |  » 「『鬼滅の刃』 絆の奇跡、そして柱稽古へ」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード