fc2ブログ
topimage

2024-05

「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」 - 2024.03.11 Mon

『エブリシング・エブリウェア~』見たが、パラレルワールドで起こることが全て同じ結果になる?(タイトル通り)。アメコミ(パラレルワールドは違う人生)で使うと、まずいことになりそう。

…と見たあとにツイっておいた。
めまぐるしく、多くの並行世界?を行き来する視覚のおもしろさがメインではないか?
とか言いながら、見ながら寝てしまい、もういちど見直したりしたくらいの、薄い、のめりこみ度。
なんでもありだな!? とは思ったし、受けたのは、有無をいわさぬスピード感と、ユニークさ(悪ノリといえるものもあるが、疾走感とともに流れて行き気味)によるのでは、とも感じる。


24-3-11.jpg
なんですとー

(3月10日)

EVERYTHING EVERYWHERE ALL AT ONCE
2022年 アメリカ作品
監督 ダニエル・クワン、ダニエル・シャイナート
出演 ミシェル・ヨー、ステファニー・スー、キー・ホイ・クァン、ジェームズ・ホン、ジェイミー・リー・カーティス

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2022 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

弊記事へのコメント有難うございました。

>パラレルワールド

とマルチバースとは、違うようです。

例えば、タイムトリップして過去をいじった為に、本来とは違った形で現れるのがパラレルワールド(という概念で誤魔化すことが多い近年のタイムトリップもの)。あるいは選択の結果違う人生を歩むものもそうでしょうか。
かのアニメのように、人種や男女を問わず、スパイダーマンが存在するのはマルチバースの概念。

この映画では両方ありそうですが、画像にあるようにどこかの星の石になっているのは、人生の選択には関係ないので明らかにマルチバースですね(笑)

よく分らんですけど(笑)

今までも賛同しかねる授賞もままありましたが、これに作品賞を与えたアカデミー協会は、恥じたほうが良いです(笑)

>オカピーさん

ああ、アメコミのほうはマルチバースといってましたっけ。
なんにせよ、違いはよくわからないので、置いときます(いいのか、それで)。
石にまでなるのには、もう笑っちゃいますね。

アカデミー賞は、もう20年近く?ほぼ無視しています。こんなことする?というほうに、個人的には盛り上がります。

ボーさん☆
あらま、寝ちゃったんですね?
私はその年の年間ベストに入りました。
母と娘の物語に弱いです…

>ノルウェーまだ~むさん

母の立場で見ると、くるものがあるかもですね。
私は、はは、のんきだねー(ある歌の歌詞)です!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/4299-d43d6648
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス

経営するコインランドリーは破産寸前、父の介護に反抗期の娘、優しいだけで頼りにならない夫と、いくつものトラブルを抱えるエヴリン。 そんな彼女の前に、突如“別の宇宙(ユニバース)から来た”と名乗る夫ウェイモンドが現れ、「全宇宙にカオスをもたらす強大な悪を倒せるのは君だけだ」と、世界の命運を託される…。 アクション・コメディ。 ≪ようこそ、最先端のカオスへ。≫

エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス・・・・・評価額1800円

宇宙は可能性で満ちている。 冴えないコインランドリー経営者のミッシェル・ヨーとキー・ホイ・クァンの移民夫婦が、突然マルチバースの戦いに巻き込まれるSFアクションコメディ。 何でもありのマルチバースという器に、あらゆる要素をぶちこんだシュール極まりない闇鍋映画だが、なぜか全世界で大ヒット。 あれよあれよという間にA24配給作品としては初の1億ドルの大台を突破し、アカデミー賞にもノミネートされ...

「長ぐつをはいたネコ」 «  | BLOG TOP |  » 「ナイル殺人事件(2022年)」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード