topimage

2017-05

シャーリーズ・セロン来日記者会見に行ったよ! - 2006.03.09 Thu

なんと! 8日の昼間、私はシャーリーズ・セロン嬢の来日記者会見を見てきたのである!
先週のブロガー限定試写会のときに、今回の会見に参加できるという特典に、抽選で当たったのだった。
会見が平日の昼間なので都合がつかない方もいて、結局、3名だけの参加になった。
私だって、会見を見たあと出社して真夜中まで仕事したのだよ。でも、そういう自由が利いたのはラッキーでした。
マスコミ関係者ではないのに、映画俳優を目の前にできる、こんな機会を逃して、どうするよ、ってもんです。
しかも、それが好きな女優さんなんだからね!

配給会社GAGA(ギャガ)さんの「PRESS」と印刷されたシールをもらい、服に貼りつけて入場する。
場所は、新宿のパークハイアット東京。12時30分から45分ほどの記者会見だった。

シャーリーズは、黒系のシックなドレス。(すぐそばで見たわけではないし、衣装の説明は、うまくできないので、詳しく知りたい方は、この記事の最後に載せてあるサイトの記事から、彼女の写真を見てください。)

「こんにちは。日本に戻ってこられて嬉しく思います。何度も来ているので家に戻ってきたようです」(一応メモしていたけど、正確ではないし、私が頭の中で再構成して書いたものなので、ニュアンスは違うかもしれません。その点、ご承知ください。以下同じ。)

あいさつのあと、質問を受けるシャーリーズ。受け答えのいくつかを並べてみる。

日本食は好きで、週に5回食べたこともある。
東京は5回目。
京都が好きだけど、今回は、(9日のプレミア試写会が終わったら)すぐ帰るので、東京しか滞在できない。

(映画で黒髪にしたことについて)飽きっぽいので色を変えるのは好き。金髪では今回の役(イーオン・フラックス)は(イメージ的に?)演じられなかった。毎日5、6時間体を鍛えた。

(女性監督と仕事が続くことについて)とくに女性監督を選んでいるわけではない。自分のビジョンをもっている監督と一緒に、すばらしい仕事をしたい。
「イーオン・フラックス」はベルリンで長時間撮影して、いままでで、いちばん大変だった。

(日本の監督・俳優でいっしょに仕事をしたいのは?との問いに)アジアの才能はハリウッドを席巻している。日本人ではないけれどアン・リー監督とは仕事をしたい。日本ロケもしてみたい。建築物も綺麗だし。(日本を舞台にした映画「ロスト・イン・トランスレーション」の名前も彼女の口から出ました。)

(外国人記者からの、グラマラスな役を選んでいるのか、といった感じの質問に)グラマラスな役かどうかは関係ない。

(女優は天職かという問いに)そうだといいけど。他にできることがないしね。好きなことができるのはギフト(神の恩恵?)。

などなど、質問に対して真面目にプロフェッショナルな態度で答えるシャーリーズ。
さっぱりとして、凛とした雰囲気が漂う。
来日記者会見会場、夢の跡
今回は、言葉よりもボディでストーリーを語る映画だったので、バレエを12年間やっていた当時のルーツに戻ったようだったという。

女優をやっているという方の質問に対して、シャーリーズは、イーオンの演技について、長く、ていねいに答えていた。
感情を見せないのがイーオンだが、よく見てみれば、手を握り締めて、爪を手に食いこませているのよ、などと。

(私が演じた)すべての役は違うもの。それが俳優というものの中心の部分なのだ。という言葉には納得させられた。

幸せというものを信じている。幸せそうな人は美しいものです。という言葉も印象に残った。

そのあと写真撮影になり、大勢のカメラに囲まれた。
最後になって、両手を胸の前で小さく振ってバイバイしたのが可愛かったね!
(写真は、シャーリーズが去った後の寂しい舞台)

以下の記事をコピー&ペーストして会見の様子を見てください。(そのうちリンク切れになるかもしれませんが。)
MovieWalkerの記事は、けっこう詳しいですよ。
〔MovieWalkerレポート〕
http://www.walkerplus.jp/movie/report/report4267.html?identifier=pickup4

〔Yahoo!ムービー〕
http://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20060309-00000022-dal-ent

http://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20060309-00000005-flix-ent

〔スポニチ Sponichi Annex 〕
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2006/03/09/06.html

〔nikkansports com〕
http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-060308-0020.html

● COMMENT ●

ボー・BJ・ジングルズさんってば長い。
ボーさんでよいのでしょーか。
イーオンの試写会の記事にTBありがとうございました。
コメント残さず8日は取り急ぎTBしたんです。
ボーさんの記事読んで、あらためて思い出したこと
いっぱいありました。
やっぱメモはとるもんですね。
「好きなことができるのはギフト」あれはいい言葉でした。
でもすっかり忘れてたぁ。
私も会見レポアップしましたので
また遊びに来てくださいね。

>つぶあんさん

こんにちは。はい、ボーでけっこうですよ~。
今回の会見、都合をつけて見に行ってよかったなあと、しみじみ思っています。
(つぶあんさんともお話しできましたしね!)

メモはとっていましたが、汚い走り書きで、解読に苦労しました。(笑)
シャーリーズの顔を見なけりゃもったいないと、あまり手元を見ないでメモしてましたし。
しかし、記者会見にマスコミ400人も動員する女優。すごいです。

幸せもの~~!!

なんか最近のボーさんは贔屓の女優さんを生で見たり、何かがが当たったり、キラキラしてませんこと~~?

いいなー、シャーリズ、やっぱり美しかったでしょう?
美人は金髪でも黒髪でも映えますね。むしろ黒髪にしたことで顔立ちの美しさが際立つ感じ。
彼女も、生い立ちにいろいろ不幸なことがあったりするのに、微塵も感じさせず凛としてますよね。すてき。

>紅玉さん

ふっふ。
ん? そんなにギラギラしてませんよー。あ、キラキラ?
試写会が2回と記者会見1回だけじゃないですかー。あと、マリリンメルローワイン1本。

シャーリーズと同じ部屋にいたんですよ~。アイコンタクトで、バシバシ愛を語り合いました。
セロン応援団埼玉支部長に就任しました。

(ホラ吹きです。)

こんにちは

遅ればせながら、一緒に参加したものです!
レポート、素晴らしいですね!!
今でもあの時の様子が思い出されます。
本当に参加して良かったです。
あの後、お仕事とは、お疲れ様でした。
ブログペットもかわいいですね。
また遊びに来ます!

>cocoaさん

こんにちは、やっと、いらっしゃいましたね!
スターを近くで見るチャンス、しかも記者会見の場、なんて、一般人の私たちには、めったに経験できないですからね! いい思い出です。
ペットと遊ぶだけでも、でも、コメントもご遠慮なく!
いつでもお待ちしておりまーす!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/447-3604b0ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イーオン・フラックス シャーリーズ・セロン来日記者会見

イーオン・フラックス シャーリーズ・セロン来日記者会見@パークハイアット東京 39階 ボールルーム2006.3.8先日のブロガー限定試写会で記者会見参加の権利をゲットしましたぁ。試写会で、よく入場の際に配ったチラシにシールが貼られていたら当たりって賞...

シャーリーズ・セロンが彼氏と破局

Charlize Theron and Stewart Townsend英国ゴシップ誌 「The Sun」 は、シャーリーズ・セロン(30)が5年間交際していた俳優のスチュアート・タウンセンドと破局したことを報じた。シャーリー

『イーオン・フラックス』(2005)

昨日は<映画の日>。平日だとなかなか利用出来ないけれど、土曜日だったのでハシゴ。未来世界を舞台に、管理社会へのレジスタンスとして活動する女性戦士を描く、一種のアンチ・ユートピア・テーマのSFアクション映画。ぶっちゃけ、理念とか信条とか思想とか理屈とか整合性だとかはどうでも良い、見てくれだけが全ての映画(ホメ言葉です)。シャーリーズ・セロンのファン、もしくは強くて格好良くて綺麗なお姉さんが好き...

「ケリー・ザ・ギャング」 «  | BLOG TOP |  »  「ミュンヘン」 (BlogPet)

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード