topimage

2017-05

「エミリー・ローズ」 - 2006.03.19 Sun

「エミリー・ローズ」のポスター
ていねいに作られた良作。まったく飽きることなく楽しめた。
悪魔払いを受けていた少女が死亡して、担当の神父が起訴される。少女は本当に悪魔に取り憑かれていたのか、それとも病気だったのか。神父の処置は正しかったのか。裁判の行方は…?

まず、日本でのテレビCMに文句を言いたい。
取り憑かれた少女の恐ろしい姿だけを画面に出し、まるで、単なる恐怖映画と思われるような宣伝をしている。
たしかに悪魔憑きのオカルトの味付けはあって、怖いところもあるが、じつは、裁判の様子を描いた法廷劇でもあるのだ。
理性ではとらえることができない怖さがある悪魔憑き(または病気?)に関する場面と、逆に、理性で構成していく知的スリルと面白さのある法廷劇をうまく両立させて、そのバランスがいい

テレビCMでは、主演のローラ・リニーやトム・ウィルキンソンは、一瞬たりとも出てこなかったと思う。CMの短い時間じゃ、インパクトのある場面を流して話題を作るだけしか、しょうがないんでしょうかねえ。(そういえば、上のポスターでも主演2人は出てないね。)
でも、怖い映画が嫌いな人は、それだけで観に来なくなる。(逆に、好きな人は来る、ということはあるけれども。)
怖いのは、映画の、一部分だけのことなのに。

私は、事前の知識をあまり持たずに映画を観ることも多いので、誰が出ているのかをほとんど知らず、この映画をただのホラー映画かと思っていた。法廷劇だという噂を聞き、私は、そういうドラマが好きなので、観てみようと思ったのだ。
見逃さないで助かったよ。だって…ローラ・リニーさんが主演なんじゃん!

敏腕弁護士を演じたローラ・リニーさん。素晴らしい演技ができる、味のある女優で、私は好きだ。
たっぷりと画面に登場してくれたので、彼女の演技を堪能できた。嬉しい。
彼女のファンの方に一言。ホラーっぽいからといって、この映画を避けたら、本当に、もったいないですよ。

弁護士エリン・ブルナー(ローラ・リニー)とムーア神父(トム・ウィルキンソン)
(c) 2005 Sony Pictures Entertainment (J) Inc. All rights reserved.

神父役のトム・ウィルキンソンも、存在感がある。最近では「イン・ザ・ベッドルーム」「エターナル・サンシャイン」などが印象にある、実直そうで落ち着きのある俳優。

エミリーを演じたジェニファー・カーペンターさんは、この映画の前に、ローラ・リニーさんと舞台で共演していたという。
リニーが監督に推薦して、今回の出演が決まったと聞くから、リニーは彼女の演技力を買っているのだろう。悪魔憑き(または病気?)の迫真の演技をはじめ、見事に映画のポイントになる役柄をこなした。
はじめは、可愛くねーなー、と思ったのだが(ごめんね)、実力ありますね。(ラジー賞以外の)どの賞でもいいから、助演女優賞をあげたいくらいだ。

映画の作りも素晴らしい。
男が田舎の一軒家にやってくるオープニング。導入部の雰囲気作りの上手さ。
ホラー的な部分を言えば、少女に関するところだけでなく、神父や弁護士を襲う午前3時の怪奇現象も、ぞくぞくするサスペンスで上質

医学的見地から迫る検察側に対して、いかに弁護側が対抗していくか、その対決も非常に面白い。
弁護士は自分のことを「不可知論者」と言っている。無神論ではなく、神や悪魔がいるのかどうかは分からない、という立場であり、私自身もどちらかといえば似たような考えかただから、彼女には共感して観ていた。とくに彼女の最終弁論は、とても納得ができるものだった。

怪奇な現象が、不可知な外的な力によるものなのか、病気による人間の脳の働きが生むものなのか。それが分からないとすれば、神父の行動を評価するのは何か。
いかにも映画という娯楽にふさわしいといえそうな結末が用意されている。

実際にあった事件をとりあげたせいもあるのだろう、実在の人物を思いやる気持ちが映画の中に感じられて、観終わったあとは、怖さなどよりも、なにか悲しいけれど温かいものが残った
キリスト教徒でもない私には、彼女が苦しむ理由とされたものについて、少し釈然としないものがあるけれども。
(3月18日)

不気味な影におびえるエミリー(ジェニファー・カーペンター)
(c) 2005 Sony Pictures Entertainment (J) Inc. All rights reserved.

THE EXORCISM OF EMILY ROSE
2005年 アメリカ作品
監督 スコット・デリクソン
出演 ローラ・リニー、トム・ウィルキンソン、ジェニファー・カーペンター、キャンベル・スコット、メアリー・べス・ハート、ショーレ・アグダシュルー

トラックバックは、エミリー・ローズ@映画生活様七月のうさぎ様に。
追加トラックバック:虎の意地っぱり~何がなんでもタイガース様

評価☆☆☆☆(4点。満点は5点)

● COMMENT ●

時計は恐い

はじめまして、こんばんは。
1ヶ月程前から記事を読ませて頂いてました。

興行的な目的かもしれないけれど、作品のエグイ恐さのみを強調した宣伝にはわたしもちょっと?を感じました。
久々に緊迫感溢れるホラー&人間ドラマを堪能しましたよ。

これからも記事の更新を楽しみにしています。

>紅ナナカマドさん

いらっしゃいませ! こんばんは。
ありがとうございます。いつも来ていただいていたのですね。
カミングアウト(?)してもらえて嬉しいです。

そうですよね! あまり期待しなかったのが、嬉しい誤算でした。
宣伝方法も、もう少し考えてもらいたいものです。

我が家の時計では、ステレオの液晶時計の表示が消えてしまっているという異変が…。(古くなっただけの話。)
北の地から、また書きこみにいらしてくださいね~!

TB、文中リンクありがとーです♪

最近、この手の映画の予告編やコマーシャルって、観客の恐怖を煽りゃいいって作りになってますけど、映画の本質はちゃんと伝えてほしいですよね。
この映画だって、「実話」に基づいているわけだし、真面目に硬質なドラマ部分をPRすればいいものの、あのCMでは間違いなく誤解を生みますって。果てはイナバウアー騒動ですもん。絶対損してると思うなー。

ところで、例のイナバウアー画像でもチラリと思ったのですが、この一番下の画像なども色使いがもの凄く独特ですね。私は、ふと往年のホラー巨匠ダリオ・アルジェントの映像を思い出したのですが、どうでしょう。

>小夏さん

そうでしょー! 損してますよね。
配給は、ソニー・ピクチャーズです。聞いてますか、ソニー・ピクチャーズさん?(聞いてないね。)

そう、私も写真を見て、色使いがすごいなあと思ったのです。映画を観ているうちには気づかなかったんですけど。こんな色してたっけなあ?
色彩には配慮もしたらしいですが、作り手は、たぶん、ダリオ・アルジェントは意識していないと思いますよ。

エミリーにバラを

私、この映画のことは何も知らないのですが、
アメリカの文豪フォークナーの有名な純文学ホラー小説に
「エミリーにバラを」というのがありますね。

アメリカの人にとっては、エミリーという名前とバラ(ローズ)
ときただけで、格調高いホラーを連想するのかも知れません。

>lalakiさん

その小説、知りませんでした。
原題は A Rose for Emily というのですね。
映画での名前はフィクションのはずなので、その小説から取った可能性は、じゅうぶんにありますね。

いいネタを教えていただいて、ありがとうございました!

あはは

「可愛くねーなー」と思ったというボーさんの正直さが好きですわ。

私もこの作品はローラ・リニーだし気になってるんですよ。
「エクソシスト」みたいなオカルトものともちょっと違って法廷ものでもあるんですよね。史実に基づいているという点でも、この事件を実際にどう結論付けたのか、興味ありありです。

>紅玉さん

正直ですいません…。彼女が最初に出てきたとき、ほんとにそう思ってしまいました…。
ローラ・リニー、いいでしょ!? どういう結果になるのか、気になるでしょう?
はい、これは、もう、観なきゃいけませんね。決定~!

遅ればせながら・・・

コメント&トラバありがとうございます。
しばらく「ブロークバック高山病」にやられてたので^^A
法廷の場面、中々見ごたえありました!
こういえば、ああいう、みたいな、駆け引き。
ローラ・リニーさん、これからも注目ですね!

そして神父さん、エミリー、家族、彼氏の固い絆にホッと救われるものがありました。

>uniko@ニャンくんさん

ブロークバック高山病には、私も今日あたり、かかる可能性があります。
いや、現地には行くけど、かからないかな?

法廷劇って面白いですよね。対決ですもん。
彼氏も偉いですよ。あんなに怖い思いをしながら、それでも彼女を想っているなんて…ううう(泣く)
人の心の底の闇を、ちょっと考えた映画でした。

はぁー、ようやく

なんとか出来ました!最初にコメントした日も含め、あの後毎日のようにチャレンジしていて、本当にずっと出来なかったんです。
昨日は、それぞれ2度づつ挑戦しれ、できませんでしたが、なぜだったんでしょう?
うーん、よくわかりませんが・・・
なんだか、安心しました。

ところで、本当にボーさんの記事って、凄くこの映画の良さが伝わります。
全部そうなんですが、文中に愛が溢れているというか・・・。本当に見習わないといけないなと、思っています。
>最後、何かあたたかいものを感じた
本当に、私もそうでした!
私もこの映画、とても好きな作品です。

ついでにこちらも

ついでにこの記事もTBさせていただきますね。
エミリー・ローズを見た日に、こんなことがありました、という、日記なんですが、ははは・・・(汗)
でも、8年同じところに住んでいて、この変な虫に遭遇したのは、この時だけだったのです。

>とらねこさん

TBできて、よかったです!
いやー、見習わなくてもいいですよ~。自分のスタイルでやったほうが楽しくなるんじゃないかと…。
「エミリー・ローズ」は予想を裏切って、それよりもずいぶんと良かった作品です。
DVDは、悪魔払いの様子も収録されているとかで、見てみたいですけどねー。

虫の記事も拝見しました。得体の知れないものは、なんだか嫌ですよね!

良作でした

そうそう、これ法廷劇が中心なんですよね。
ローラ・リニーの知的雰囲気がよく出ていて、
ボーさんの言うように、最終弁論がとても上手かったですね。

私も、怖さより、温かさや切なさのほうを感じました。
これが実話だなんて、エミリーが可哀想。。。
でも愛情に包まれていましたね。

>YANさん

温かさ、切なさ、そうだったですね。
これ、思い出してみると、不思議な映画で。印象は薄れてますが、なんだか良かったなあという雰囲気があるのです。
監督は、よく知らない人だったりしますが…。
リニーさん他、演技派が固めてますし。また、いつか見てみたい…かも?


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/456-993691ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エミリー・ローズ

『エミリー・ローズ』 (‘05/アメリカ)監督: スコット・デリクソン ?「いい大人」にこそ観てもらいたい秀作。広告としての予告編やCMなどは、当たり前だが配給の思惑でどうにでもなるもの。実際の映画の内容とは、すこしテーマが違うような見せ方

1,2,3,4,5,6

19歳の大学生エミリー・ローズに取り憑いた「悪魔」の正体は精神障害か脳炎か、それとも・・・。「実話」を売りにする割りに陳腐な脚色シーンが多く少々醒めるも、エミリー役のジェニファー・カーペンターの憑依振りが圧巻。

ハプニングだらけの映画鑑賞、まずは『エミリー・ローズ』

今回、『ブロークバック・マウンテン』を観るのに近郊の愛知県内の映画館で、高速代が少し安くつく映画館をしらみつぶしに検索して・・・三好のMOVIX三好と言うシネコンに行く事に決定。時間も片道1時間半、名古屋市内に行くより道も混まないやろうし、と言う事で。MOVIX三

『エミリーローズ』を観る

「試写会マニア」と言いつつ、しょっぱなのカキコミがお金を払って観た感想になってしまいました。“実話”で“悪魔祓い”の話・・・・、きっとコワいのでPassと、思っていたのですが、最近は、少しコワイ作品の中にもストーリー性が見出せる「自分」に成長(自画自賛!?

3.エミリー・ローズ

私的には大満足でしたよっっ★★★★★まず、エミリーローズ役の新人女優、ジェニファー・カーペンターの、もの凄さと言ったらもう!!いや、それだけでも、十分な見所になってるでしょ(*'〇'*) ありゃ、予告見て「これは絶対見なければ」と思わせるくらいだったしね。

髑髏模様の、・・ゲ、ゲンゴロウ!?

きあ゛ぁあ゛ぁ~っっっw(☆o◎)w ななななななななななにこの虫!!!うちのお風呂場の排気口に、こんな虫がいた!!!思わずエミリー・ローズぐらい、のけぞってたに違いない、私ε=ヾ(;゜ロ゜)ノしかもこの髑髏っぽい模様は、一体何なの~!?おそるおそる近付いて、観..

エミリー・ローズ

 『この映画はホラーではない、実話である。』  なぁ~んだホラーじゃないのかぁ~(´▽`) ホッ ってこの嘘つきぃ~っっっ!ヽ(`Д´)ノプンプン ってなワケで実話ベースのホラー風味のコチラの映画の試写会に行ってきましたぁ~♪公開は3/11からでぇ~すっ!PG-1...

エミリー・ローズ

THE EXORCISM OF EMILY ROSE 2005年:アメリカ 監督:スコット・デリクソン 出演:ジェニファー・カーペンター、ローラ・リニー、トム・ウィルキンソン、キャンベル・スコット 実話を基に、悪魔に取り憑かれてこの世を去った少女の数奇な運命を辿っていくオカルト

『エミリー・ローズ』\'05・米

あらすじ19歳の女子大生エミリー・ローズ(ジェニファー・カーペンター)が怪死した。彼女の悪魔ばらいを行ったムーア神父(トム・ウィルキンソン)は死の原因を作ったとして過失致死罪で起訴される。そんな中、有能な女性弁護士エリン・ブルナー(ローラ・リニー)は教...

エミリー・ローズ

実話を基にした作品だそうです。 予告編などで恐ろしいシーンばかり見せていたので ホラーかと思ったら、けっこう泣けました。 監督:スコ...

エミリー・ローズ - The Exorcism of Emily Rose -

エミリー・ローズ [ノーカット版] [DVD] 「エミリー・ローズ - The Exorcism of Emily Rose -」 感想 ホラー映画はあまり観ないんだけど、驚く事に「...

「別働隊」 «  | BLOG TOP |  » 「ブロンド」(上)(下) ジョイス・キャロル・オーツ

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード