FC2ブログ
topimage

2021-01

「ブロークバック・マウンテン」 - 2006.04.05 Wed

左から、ジャック(ジェイク・ギレンホール)とイニス(ヒース・レジャー)
(C)2005 Focus Features LLC/WISEPOLICY.
All rights reserved.

今回は、ネタばれ率が少し多いかも。

映画館は日比谷の「シャンテ シネ」、土曜日の夜。最終回。でも、ほぼ満席だった。
賞レースで受賞しまくったせいなのかどうかは知らないが、皆さん、関心あるんですねえ。
私はといえば、男同士の愛情の話と聞いて、あまり興味はなく、どうしようかなあと思ったのだが、いろいろと賞をとっているから観てみるか、というところ。

映像、音楽、演技ともに、よかったとは思う。
アコースティックギターの音色がいいと感じるのは、心に響くせいだろうなあ。西部の景色にも、ばっちり合うし。
叙情的という意味で、いい役割を担っているよね。

うまいと思う点を、ひとつだけ挙げてみれば、たとえばオープニング。
誰かを待っているような男がひとり。そこに車で、もうひとりの男がやってくる。
2人の様子を見ると、待ち合わせをしていたようでもなく、多少、お互いに居心地が悪そうな2人。
ひとりは相手を意識し、多少、観察もしていたけれど、それは後で、ああ、そういうわけだったのか、と分かる。
また別の男がやってきて、建物の中へ入る。待っていたひとりが入ろうとするが、ドアを閉められてしまう。
その後で、ようやく、最初の2人は、仕事を得るために待っていた2人だった、と分かるのだ。
雇い主は、はじめから愛想良くせず、求職者の目の前でドアを閉めたことで、優位に立とうとしたのだろうか。
それはともあれ、このファーストシーンは、微妙で静かな、お互いの間の空気感が、いい感じだった。

しかし…結論から言えば、私には、男同士の愛情という面では、どうしても共感はできない
別に偏見を持っているわけではない、と思いたいが…。
この映画、ホモセクシャルの問題ではなく、大きく見れば愛情の問題だと、もしも言われても、やはり、そうではないだろう、と思う。

映画として、他のすべての要素が素晴らしくても、根本的なところで共感ができなければ、その映画が好きとはいえないだろう。
自分にとっては、それが惜しいところ。

私が他の方々の感想をいろいろと読んだかぎりでは、女性には、いい評判が多く見受けられ、あんまりねえ…というのは、男性のほうが多い傾向のように思える。
女性にはリアルな現実感がなく、逆に、男は自分の身になって考えてしまうからか?(笑)
 

イニスとアルマ(ミシェル・ウィリアムス)の結婚式
(C)2005 Focus Features LLC/WISEPOLICY.
All rights reserved.

山の中で羊の番をして、男2人だけで何日も過ごす。
そんなシチュエーションは、男2人を変な気分にさせる舞台としては、じつに好都合だ。
よく、刑務所に入ったらカマを掘られるぞ、という話があるが、男しかいない状況では、そういうことになりやすいのかねえ。分かりません。
ジャックはイニスに出会う前から、男色の気がある。この仕事を選んだのは、そうした下心もあったのではないかと勘ぐってしまう。

イニスはそんなジャックに乗せられた形で、同性愛に踏み込んで抜け出せなくなる。
(初めての愛を交わす場面、経験はないから想像だが、行為のとき、ちょっと唾をつけたくらいで、すいっと入るものでもなかろう。映画とはいえ簡単すぎるのではないかと思う。よっぽどジャックが、それまでに経験が豊かで即OK状態だったのか? 原作をさっと立ち読みしたが、原作でも同じだった。)

結果的に同性愛の資質があったのだとはいえ、可哀想なのは、巻き込まれたともいえるイニスだ。
映画では、山を下りてジャックと別れるとイニスは、壁か何かを叩いて感情を爆発させていたので、はじめは具合が悪くなったのかと思い、やはり悲しんでいたのだろう、と思ったのだが、原作では、吐きそうな気分になったという記述がある。
無意識の悲しみのあまり、息も苦しくなって嘔吐感が出るのか。自分の、その反応を思い返せば、あの時、ジャックと別れるべきではなかったのだ、と後にイニスは知る。
彼は、結局は妻と離婚し、その後はジャックを想って、一人暮しをすることになってしまう。
人の運命って、どこでどうなるのか分からないものだ。
イニスはジャックと出会わなければ、普通の結婚生活をしていたはずだろう。

2人が再会してキスをするところを、イニスの妻が目撃してしまう場面で、場内から笑いが起こった。
なぜ笑うのか。
これは喜劇じゃないんだぞ。男同士のキスが気恥ずかしいのか?
まるで、理解できなかった。不思議。いったい、どういう意味の笑いなのか教えてほしい。
妻にとっては深刻この上ない事態の場面。
このシーンも含めて、妻のミシェル・ウィリアムス、好演である。

男2人の忍ぶ恋の話、のまわりにいる女性たちが負けずに素晴らしかった
妻たち、イニスの娘、イニスを好きになる女、ジャックのお母さん…みんな存在感あり。
それぞれの心情が、よく出ている。

ブロークバック・マウンテンに行ったのが1963年、とセリフにしても言っているし、酒場でリンダ・ロンシュタットの「イッツ・ソー・イージー」が聞こえていて懐かしさいっぱいになったが、これが1970年代、ラストではイニスの娘が19歳になっているから1983年あたり、と年月の流れがしっかりと感じられるところも、よかった。

ラスト、イニスの言葉は「永遠に一緒だよ」などと映画では訳されていたが、英語としては“Jack, I swear…”だったようで、これなら「ジャック、俺は誓う…」だろう。
一緒、という翻訳に決めつけたら、問題があるのではないか。

イニス、この後は再婚もしないで思い出に生きるのか?
思い出にはケリをつけて、普通に再婚してほしいけど、かなり無理っぽいよね…。
不器用なイニスは、ジャックへの愛を、自分の中で、どう収めるのだろうか。

おまけ:2人が素っ裸で崖から湖に飛び降りるシーンがあるが、そのヒースのお宝ばっちりの裸を正面から連写した写真を見つけてしまった…。パパラッチがデジカメで盗み撮り? 見たい方は、Heath Ledger Nude などの言葉で検索してみると見つかると思うよ。(笑)
(4月1日)

ジャックと、彼の妻になるラリーン(アン・ハサウェイ)
(C)2005 Focus Features LLC/WISEPOLICY.
All rights reserved.

BROKEBACK MOUNTAIN
2005年 アメリカ作品
監督 アン・リー
出演 ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール、ミシェル・ウィリアムス、アン・ハサウェイ、ケイト・マーラ、リンダ・カーデリーニ、ランディ・クエイド

トラックバックは、紅玉の甘い戯言様虎の意地っぱり~何がなんでもタイガース様ブロークバック・マウンテン@映画生活様に。

評価☆☆☆(3点。満点は5点)

● COMMENT ●

うわ、きた!

偶然できたてホヤホヤ記事見っけ~!くくく。
やっぱり女のほうが、ゲイを描いた物語はすんなり受け入れますよね。ボーさんの指摘するとおり、女からすると現実感がそれほどないからだと思います。男性はやっぱり肉体的感覚でよりリアルに受け止めるから「絶対理解できない」という人も多いんでしょうね。
二人が結ばれるシーンは、私も内心「はじめてでそんな簡単にいくわけないのでは・・・」と思いましたです。(^^;

イニスの妻が二人のキスを目撃するシーンは、劇場によっては笑が起こることがあるみたいで、あちこちのブログでも指摘されてました。私のときは「うわー、大変、かわいそう」みたいな苦笑的な雰囲気は少しありましたが、面白がってる笑いはなかったので良かった。終わったときは、映画の迫力に飲み込まれてるような場内の雰囲気でした。

ラストのセリフは「ジャック、永遠に一緒だよ」とか訳されてましたよね。「俺は誓う」のままにしてほしかったな。

>紅玉さん

あ、見つかっちゃった…って、それでいいのよねーって、ゲイになっちゃった。。。

逆に、女性がレズの悲恋映画を観たら、どう思うのでしょうね。
私だと、レズは綺麗っぽく思えて、あまり抵抗がないのですけど。

はじめてでそんなに簡単にいかない…でしょー!? やっぱり、そう思いますよねー。わーい。(何を喜ぶか。)

笑いが起こることが多いんですね。ワケ分かりません、私には。
映画館にいると、たまに他の人と笑いのツボが違うな、と思うことがあるんですよね。

あ、永遠に一緒だよ、でしたか。文章、直しました。
結婚式の誓いのIswearに近いのかなあ。でも「俺は誓う…」なら、何を誓うのかは、ぼかされますよね…。

あの黄色いドレスの・・・。

 BJさん、こんにちはー。ご覧になったのですね、ウラヤマシイ。アン・ハサウェイも出てるのですね! ↑のダンスしてる画像がかわいい★ 観る楽しみが増えました♪

 ところで、割り込みで失礼しますが、

>逆に、女性がレズの悲恋映画を観たら、どう思うのでしょうね。
>私だと、レズは綺麗っぽく思えて、あまり抵抗がないのですけど。

 何作か観たことはありますが、男性ゲイの作品よりは生々しくてリアルに感じますねぇ。嫌悪感は覚えないにしましても。男優さんにしろ女優さんにしろ、演じる役者さんによって生々しい度やリアル度はかなり違ってくるかもしれませんが(笑)。アン・リー監督はシャーリーズ主演でレズビアン女性の映画(ブロークバックの原作者の自伝なのかな?)を撮るみたいで楽しみではあるのですが、シャーリーズとケイト・モスだと綺麗になりすぎてしまいそうで、逆にリアリティが薄れてしまうんじゃないかと、今からお節介な懸念があったりします(笑)。

 ところで、ミッシェル・ウィリアムズって、今年のオスカーのときに黄色いドレスと真っ赤な口紅でヒース・レジャーの隣にぴったりと寄り添っていた女性ですよね? とてもラブラブな雰囲気に見えたんですが、もしかして、この映画をきっかけにおつきあいしたんですかねぇ・・・。

>香ん乃さん

潜伏中(アヤシイ響き)かと思ってましたが、いらっしゃーい!
アンちゃん出てますよー。私は他の出演作、観てないですけど。
レズビアンの映画、記憶をたどっても思い出せない…オードリー・ヘップバーンとシャーリー・マクレーンの作品でありました。「噂の二人」でしたか。これは仲がいいからレズと思われた話です。観てないけど。

アン・リー&シャーリーズの映画でウワサされてるのは、歌手のダスティ・スプリングフィールドの伝記のようですね。
シャーリーズ、歌に自信があるとか…。
ケイト・モスが共演だと、それは、きれいでしょうねえ!

オスカーでのミシェルは記憶にないんですが、ヒースとはカップルみたいですね。共演で仲良くなったのかは分からないけど、どうなりますか。

TBありがとうございました。

こんばんわ。もしかして(ちょっと気が進まない状態で)観られたのでは・・・^^A
どうしても少し引っかかりがあると、最後まで「その部分が・・・」ってなる映画って出会ってしまいますよね。
リンダ・ロンシュタットの「It's so easy」、大好きです。サントラで聞いていたのでいつかかるか、って待ってたんです。
あの場面で使われていましたね~(キャシー&イニス)
しかし、笑いが起きたとは・・・困りモンです。

>uniko@ニャンくんさん

そうですね。拒否はしませんが、共感はできないので、その部分で乗れないのでしょうか。
リンダ・ロンシュタットの曲は、あまり知らないですが、この曲は有名ですよね。ほんと、なつかしー!と思いましたよ。

あの場面で笑った人、この場で説明してほしいもんです。まったく。(いませんかー?)

ヨコから大変失礼

ですが・・
「噂のふたり」が話題に上がっていたもので。

私、この映画が好きでして、実は「仲が良いからレズと疑われた・・」というのは
オードリー・ヘップバーンから見た視点でして、シャーリー・マクレーンの側からすれば、本当に・・・

ラスト近くに、マクレーンが泣きながら告白するシーンの切なさが、彼女しか表現できない芝居であることと
相手がヘップバーンなら、惚れる女性の気持ちは、さぞ深いものではないか・・・
などと、絶対に理解できない世界に共感させるものがあの映画にはありました。

あと、「大脱走」のチャールズ・ブロンソンと相棒とか
「スパルタカス」のトニー・カーティスとローレンス・オリビエ(だったっけ?)
印象深いものはありますが、男同士というのは絵ヅラが良くないですな。

>lalakiさん

「噂の二人」お好きなのですか。監督は名匠ウィリアム・ワイラーですし、そのうちに観てみたいものです。
ただ、あんまりオードリー・ヘップバーンに興味がないもので…。私には、いわば、マリリンの対角にいる女優というイメージなんですね。

ああ!「大脱走」のブロンソン! そういえば、そういう感じでしたね。

見てきました

お久しぶりです
ようやく映画を見てこれてようやく記事に出来ました~
ボーさん同様僕もどうやっても同性愛がテーマの映画は共感できずに今まで何度も嫌悪感だけが残って後味の悪い気分になっていましたが、この作品に関してはそれほどではなく、割とキレイなものを見たような気持ちになれました。
ボーさんの指摘する「ちょっと唾をつけたくらいで、すいっと入るものでもなかろう。」←これ爆笑しました。
僕も当然ながら未経験ですが、想像しただけでもそれはないだろ~って思いますよね!!
(^^;)

>mobeerさん

お元気そうで何よりです!
私も、テーマについては、いまいちでしたが、映像などは綺麗なものでしたよね。
演技も、よかったと思いますし。
2人が一緒になる、はじめての、あのシーン。映画では簡単に進めるのがいいのかもしれませんが、やはり、そう簡単には? と思ってしまいましたよねー。(爆)

ボーさんもmobeerさんも

男性同士の恋愛モノには抵抗があるとおっしゃりつつ、こうしてちゃんと観にいってレビューも書いてしまうんですから、やっぱりさすがですね。感性豊かでキャパも広くて、映画ファンの鏡!

二人が結ばれるシーン、やっぱりスムーズすぎて変だと思いますよね。(^^;
前に解剖医の上野正彦先生の本で「男性同士の行為の快感は、男女のそれよりはるかにスゴイことは医学的にも説明がつく」というようなことが書いてありました。詳細は省きますが。
ちなみに私はレズのシーンを見てるとやっぱり「キモチワルイな」って思っちゃいますね。でも描かれている愛情が深くて感動的であれば、結構グッときます。ちなみに「マルホランドドライブ」のナオミ嬢のせつなく苦しい思いにはグッときましたよ。・・・って、あれ!ボーさんのブログにもライフログみたいなのができてる!

>紅玉さん

やっほー! そんなに持ち上げていただくと喜んじゃいますよ? 惚れちゃいますよ? \(^o^)/

むー、はるかにスゴイですか…それは…興味が…(なんてね)(後ろは狭いからでしょ?)(なんて、さらっと書いてみる)

身近なだけに、同性から見た場合の同性同士の行為は気持ち悪いと思うことが多いのかもしれませんね。

そう! エキサイトの「ライフログ」がいいなあと思って、似たような真似をしています。(ついでに買ってちょうだいな!)
「ムーラン・ルージュ」も「マルホ」も、また観たいよー!

TBさせていただきました。

 BJさん、こんにちは! シネマライズでの上映最終日の最終回に滑り込んで、なんとか観てきました。

 最終日ってこともあり、すごくすいていたのですが、なぜか外国人のお客さまが多くて、無意味に緊張してしまいました(笑)。そうそう、BJさんがご指摘になっていたシーンでの笑いは起こったりしなかったので、少し安心した思いがしました。もしもあのシーンで笑い声が聞こえたら、自分はちょっと不快な哀しい気持ちになっていたような気がしますので。

 ではでは、失礼致しました~。

>香ん乃さん

まさに滑りこみセーフ!ですね。
外国人が多いのですか! 六本木の映画館には結構多いのですが、渋谷も?

あの笑いは、実際なんだったのか不明のままです。照れ笑い? まあ、いいんですけど。

さきほど伺ってコメントしてきましたよ~。

初めてコメントさせていただきます。映画好きのミドルエイジです。私も同性愛には理解に苦しむところがあるのですが、「ブロークバックマウンテン」では二人の魂のふれあいに深い感銘を受けました。最近は日本語の字幕ではなく英語の字幕で映画を観ているのですが、最後の I swear は決して「一緒」ではないですよね! これが言いたくてコメントしました。ジャックのお父さんから聞いたジャックの夢・・荒れ果てた農場をイニスと一緒に立て直す・・を実現するため、娘の結婚式の時期にはその辺にいることになるだろうと、娘に(理由は言わないけれど)話すシーンがありますよね。イニスはジャックの夢をきっと叶えるよと「約束」してるんだと思います。I swear「絶対やるよ」って。ジャックの部屋にあったときにはジャックのシャツがイニスのシャツの上に掛けられていたんだけど、イニスは反対にしていましたよね。イニスがジャックを包んであげているように。ラストシーンは涙が止まりませんでした。って、勝手な思いこみでしょうか?

>bellさん

いらっしゃいませ! コメントありがとうございます。
英語字幕で見ているなんて、すごいですね!
I swear の件、やはり、そう思いますよね。あの場面は、とても大切な翻訳になると思われるので、引っ掛かっていたのでした。
何を誓うのかは、私にはよく分からなかったのですが、bellさんのような解釈もあるんですね。
私も、もう一度観たら気づくところもあると思うのですが。

自分にとって素晴らしいと感じる解釈があれば、それは素敵なことで、誰がなんと言おうと、それでいい、と思います。

また、遊びにきてくださいね!

えっ、あのシーンで笑いが…?!
それはオドロキであります。ほんと不可解。うーん。
そしてミシェル・ウィリアムスの心の揺れが本当によかったですね!

>まおさん

ええ、照れ笑いなのかなーと、思っています。…いま、もう覚えてませんけど。(おいっ)
ミシェル・ウィリアムスも、アン・ハサウェイも出ていた、思えば豪華な配役でした!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/478-10aae5dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ブロークバック・マウンテン』

『エミリー・ローズ』の上映遅れに引き続き、『ブロークバック』もとうとう、30分待たされるハメに・・・待ちに待った日本公開、そして公開されてから待つこと約2週間。ココに来てさらに30分、じらされる(笑)実は、原作を原書で読んだと言っているものの、辞書を引きなが

ブロークバックマウンテン

先週ようやく見てきました。話題のオスカー受賞作品、時間が経ってしまったのでだいぶ内容を風の噂で聞いてしまっていましたが、それでも予想以上におもしろかったです。個人的に同性愛がテーマの作品は苦手なんですが、男同士の友情の延長上に自然に愛情が芽生えた流れで魅

「ブロークバック・マウンテン」人を愛することの幸せと残酷さを知る

「ブロークバック・マウンテン」★★★★ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール主演アン・リー監督、2005年アメリカ大自然を前にしても人の心は開放されない。人生は思うようにならないもの、ならばやはり人は何かを自ら選び取らなければならないの...

ブロークバック・マウンテン

ブロークバック・マウンテン2006/03/04公開監督:アン・リー ヒース・レジャージェイク・ギレンホールミシェル・ウィリアムズアン・ハサウェイ2005年映画賞レースで様々な賞を取り、また上映禁止地区があったり、この映画を獄中で上映した看守が罰則をうけたりと色々物議を

ブロークバック・マウンテン

 監督 アン・リー  製作総指揮 ラリー・マクマートリー 、ウィリアム・ポーラッド 、マイケル・コスティガン 、マイケル・ハウスマン  原作 アニー・プルー  脚本 ラリー・マクマートリー 、ダイアナ・オサナ  音楽 グスターボ・サンタオラヤ  出演 ヒース・レジ

『ブロークバック・マウンテン』を観たよ。

「オリジナルJUNE」の入門編を見せられたみたいな感じ。『ブロークバック・マウンテン』原題:"BROKEBACK MOUNTAIN"参考:ブロークバック・マウンテン@映画生活2005年・アメリカ・134分

ブロークバック・マウンテン

 『はじまりは、純粋な友情の芽生えからだった。』  コチラの映画の原作は「シッピング・ニュース」のアニー・プルーのわずか30ページ程の短編小説を「グリーン・デスティニー」や「ハルク」のアン・リー監督によって映画化された非常に美しい映画です。  ワイオミン...

ブロークバック・マウンテン

はじまりは、純粋な友情の芽生えからだった。

先週観た映画 〜3/9

  録画容量へらさねば!と観ました。 「ヴァルハラ・ライジング(Valhalla Rising/09)」   マッツ・ミケルセン目当てで観ました。やはりレフン監督、暴力描写が容赦ない。   片目でで言葉を発さない奴隷戦士ワン・アイが奴隷主達を殺して少年と旅する。   話の流れは北欧神話をベースらしいが、全く知らないのでよく分からず。   「憎悪で無敵」だった彼は結局無に還り自...

北斗の拳が映画に (BlogPet) «  | BLOG TOP |  » 4日なのにエイプリルフール?

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード