topimage

2017-08

「アンダーワールド:エボリューション」 - 2006.04.28 Fri

ポスター
すっごく面白かったね!!
いや~、ホント、かっこいいよ!

すさまじいバイオレンスアクションだが、ここまでやってくれたら、もう痛快! 文句ないでしょう。

たとえば「バイオハザード」など、ビューティフルなヒロインが活躍するSFアクション映画は多数あるけれど、ことアクションに関しては、過去最高に楽しめたんじゃなかろうか
ちなみに左のポスターは「バイオハザード」のミラ・ジョヴォヴィッチさん…じゃありません! ケイト・ベッキンセールさんですっ!

とにかくアクションがすごいのだ。
ヴァンパイア(吸血鬼族)とライカン(狼男族)のお話だから、相手をやっつけるのは簡単じゃない。
撃ちまくるわ、突き刺すわ、クシ刺しにするわ、頭は2つ切りにするわ(笑)、もう、ものすごいんだけど、目が離せない。パワフル。面白い。
監督独特のスタイルがある。つまり、スタイリッシュ。
青系の暗さが支配する映像。ヴァンパイアが活動するのは夜だから、しょうがないか。でも今回は、見にくい場面はなかった。
翼を持ったヴァンパイアも、かっこいい。飛翔シーンにも魅力がある。こういうの、好きだね。

EVOLUTIONとは「進化」の意味だろう。パート1でヴァンパイアとライカンの混血種が生まれた。
しかも、映画としても、面白く進化している!

思わぬ拾い物をした気分。
なんたって前回のパート1は、私には、たいして面白くなかった。(その感想はこちら。)
でも、ケイト・ベッキンセールのヒロインは、かっこいいから、とにかく続編も付き合おう、ということで観に行ったわけなのだ。ぜんぜん期待していなかった。
それが、こんなに面白いとは! 珍しいパターン。続編のほうが面白いというのも、あまりないことだよね。予算が増えたという話だから、特殊効果撮影にも力を入れることができたのか。

ヴァンパイアとライカンの混血種マイケル(スコット・スピードマン)とセリーン(ケイト・ベッキンセール)
(c) 2006 Sony Pictures Entertainment (J) Inc.
All rights reserved.

前作から数時間後(?)から始まる、純粋な続編。
はじめに、ヴァンパイアとライカンの誕生した経緯の説明があり、ライカンの始祖を捕まえようとする場面から映画は始まる。これは昔の時代の話。
ヴァンパイア、ライカン、それぞれの始祖の名前を覚えておくと、あとの理解が楽だと思う。
この続編の中では、少しばかり前作の話のおさらいをしてくれるが、序盤は、あれ、これはどんな話になってるんだっけ? パート1を観て復習しとけばよかったなあ、と思ったものだが。
途中から、とにかくヴァンパイアの親分が、ライカンの親分を解放しようとしてるんだな、と分かってからは、もう何の問題もなく、楽しんだのであった。

ラストの対決も面白かったねー。ヘリコプターをうまく使って盛り上げた。
危機一髪! もうだめだ! という展開の見せ方も、スリルと迫力がいっぱい
光が見えた、というラストは感動したよ。よかったね!

エッチシーンで、2回、ボカシが登場した。最近では珍しいなあと思って、ちょっと驚いた。
いまじゃ、ぼかすほうが気になるじゃないか。
ぼかすなあーー!

あとで知ったが、このシリーズは3部作になるようだ。
この面白さを維持できるか、期待と不安が。
次作は、活躍の舞台は広がるだろうが、どんなアクションの工夫を見せてくれるかが問題。今回と同じでは、もはや満足できないかもしれない。

ケイト・ベッキンセール演じる、闇の処刑人セリーン、いいですよ。決まってますよ。彼女が自分でやったアクションも、けっこう、すごいんじゃないだろうか。他のアクションヒロインと比べても。惚れそうです。

撃ちまくるセリーン。クール!
(c) 2006 Sony Pictures Entertainment (J) Inc.
All rights reserved.

スタイリッシュな映像、ウルトラハードなバイオレンスアクションを、ただ楽しみたい人には、おすすめ!
(でも、アクションの風味にも、好き嫌いはあるのかな?)
観るんだったら、大きなスクリーンの劇場に限る!

このスタッフに、「デビルマン」の映画化をまかせたら、最高に、かっこよく作ってくれるのではないだろうか。

(4月23日)

UNDERWORLD:EVOLUTION
2006年 アメリカ作品
監督 レン・ワイズマン
出演 ケイト・ベッキンセール、スコット・スピードマン、トニー・カラン、デレク・ジャコビ、ビル・ナイ

トラックバックは、アンダーワールド:エボリューション@映画生活FLIXムービーサイト様に。

評価☆☆☆☆(4点。満点は5点)

● COMMENT ●

おぉ三部作

三部作には期待大ですね
この映画公式サイトでキャラ設定見てないとよくわかんないと思う。。
アクションだけでも十分もととれてますけど設定とかわかってるとさらに楽しめそうです。

>Yamaさん

今回面白かっただけに、次への期待が膨らんでしまいます。
他の方の意見も、話が分かりにくい、というのが多いですね。前作から、だいぶ時間も経っていますし。
最初に出てくる、昔の事件のところから、これ何?と思ってしまいがちですよね、たぶん。
でも面白かった!

うーん、まさに!

私好みです!この映画。
でも、三部作だったとは知りませんでした。
純粋な続編ってことは、パート1を観ずに鑑賞した方はとてもじゃないけどチンプンカンプンですね。(そんな人いるのか?)
一作目はレンタルで観ましたけど、もう全体的に画面が暗くてストレス溜まりまくりでした。うちの画面が悪いのか?

いや、それにしても、☆4つとはボーさん(にしては)絶賛されてますねぇ。(^^)

>小夏さん

えっ、好みですか!
じゃあ、どこかに遠征してでも、観なくっちゃ!!
前作を観ていないと、人間関係、もとい、吸血鬼関係が分からないですから、困ったでしょうねえ。

そうそう、前作の感想にも書きましたが、戦ってる場面でも、何がどうなってるやら不明なんですよね。あれは、よくありません!

ん? 私は点数、甘いですよ。もともと。 

初めまして、「映画生活」経由でお邪魔しました。

私もこの作品好きですね、次回作も見なくちゃ!と思っています。
でも、一作目は実は公開当時見ていなくて、「エヴォリューション」をみることになって“予習”で一作目もみたんです、そうしたらすっかりハマリました。

いろんな役をやっているケイトですが、個人的にこの役が一番素敵な気がします。


良かったらTBもさせてください、今後とも宜しくお願い致します。

>紫さん

いらっしゃいませ! ありがとうございます。
私も1作目を復習していたら、もっとスムーズに行けたと思っています。
映画館で観たときは1作目は、いまいちだったのですが、テレビ画面だと感じ方も変わるかもしれませんね。

ケイト・ベッキンセール、はまり役だと思います。アクションいけてますもんね。
TBも、ご遠慮なさらずに。これからも、よろしくお願いします。

スタッフ

TBありがとう。
そうだよな。「デビルマン」。いま、思い出しても、涙が出てくるよ。ウタダの旦那の映画も、最悪だったしなあ。やっぱ、このチームにバーンとお金払ってさ、英語版でいいから、制作してもらいたいな。

>kimion20002000

「デビルマン」、ウワサは聞いてますが、観てはいないんですよね。
羽の生えたヴァンパイア、デビルマンの姿にかぶりましたからねえ。

私と真逆ですね(汗)

アクション映画はそんなに好きじゃないので、4作品の中で一番面白くなかったです。スミマセン!
ヘリのローターでやられるラスト、私的には始祖でその程度かよという感じで…。結局は人間の作った道具で勝ったということになりますし。
でも、ケイト・ベッキンセールはホント素敵ですよね。

>「アンダーワールド」
>ラストに最強の戦士になる○○○○。どうして、あの方法でそうなるのか分からない。

これはヴァンパイアやライカンに噛まれると人間から変異する、というのと同じメカニズムだと思います。感染みたいな?

>宵乃さん

いやいや、好みはそれぞれなので、まったく問題ないです。コメいただくほうが、ずっとありがたいです。
なんだか、すごく面白く観たんですよね。かっこよかった。
こういうのは、2度目、しかもテレビ画面で見たら、どうなのか、わからないですね。

1作目の感想はHPのほうにしかありませんが、そっちまで見ていただいたんですか!? ありがとうございます。
ああ、噛まれると仲間になっちゃうパターン。ですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/502-8737a104
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「アンダーワールド:エボリューション」レン・ワイズマン/監督

 映画「アンダーワールド:エボリューション」レン・ワイズマン/監督観てきました。 2000年に公開の映画「アンダーワールド」の続編です。 ストーリーは、ヴァンパイア族の暗殺者セリーンとして狼男族と戦っていたが、家族を殺したのがヴァンパイア族の一人と知り、その

アンダーワールド2エボリューション

昨日は仕事で失敗してヘコんでしまい、更新できずでしたが寝たらスッキリ☆「アンダ

アンダー・ワールド2 エボリューション 06年174本目

アンダー・ワールド2 エボリューション2006年   レン・ワイズマン 監督ケイト・ベッキンセール 、スコット・スピードマン 、トニー・カラン 、ビル・ナイ 、シェーン・ブローリー前作の 完全続編、前作のラストシーンから、きっちりつながっています...

mini review 07011「アンダーワールド2 エボリューション」★★★★★★☆☆☆☆

カテゴリ : アクション ホラー 製作年 : 2006年 製作国 : アメリカ 時間 : 106分 公開日 : 2006-04-22~ 監督 : レン・ワイズマン 出演 : ケイト・ベッキンセール スコット・スピードマン トニー・クラン デレク・ジャコビ スティーヴン・マッキントッシュ シェーン

アンダーワールド:エボリューション

 『1000年の時を超え、闇の種族は進化する。』  4/22公開になっていたコチラの「アンダーワールド:エボリューション」を観て来ましたぁ~♪映画の中で、一応前回のあらすじなんかはちょこっと触れたりもしていたので、ちょっと前に観ちゃって忘れてる方にも親切ですよ...

アンダーワールド エボリューション

アンダーワールド:エボリューション / Underworld: Evolution アンダーな世界の人達がジャージとか着てるの見たことないなぁ。 ゴージャスなガウ...

一言映画感想(9/10~9/28)

この一言映画感想やめようかな…。TB送る時、なんだか申し訳ない気分になるし、10本分溜まってからなので鮮度が悪い…。ある程度書けそうなのはイラストなしですぐに記事にして、こまいのは省略した方がいいのだろうか。う~む…。9/28「アンダーワールド 覚醒」まだ完結しなくてビックリ。人気あるんでしょうか?今回はライカンだけでなく、人間も強敵として立ちはだかるので、セリーンが人間を殺しまくってます。...

「ぼくを葬(おく)る」 «  | BLOG TOP |  »  忙しいYo! (BlogPet)

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード