topimage

2017-10

「ぼくを葬(おく)る」 - 2006.04.30 Sun

ポスター。映画では、こういうシーンはありません。
「死」というものに、真正面から真摯(しんし)に向き合った映画。
31歳の写真家に突然訪れた、がんの宣告。余命は僅か。
彼は自らの死に、どう対するのか。

フランソワ・オゾン監督の「死についての3部作」の第2作。
公式ホームページにあるオゾン監督の言葉を借りれば、第1作の「まぼろし」は、愛する者の死を描いた涙なきメロドラマで、今回は、自分自身の死を取り上げる。(そして第3作は、子どもの死を扱うことになるだろう、ということだ。)
また、男性のメロドラマは珍しいので挑戦してみたこと、女性の目で見てほしいから女性の撮影監督を起用した、ともいう。
たしかに、繊細なカメラ視線が感じられる映画だ。

原題は、この世を去る時、という感じでストレートだが、邦題としては珍しく洒落ていて、いい。「葬る」を「おくる」と読ませるのも、うまい。

映画が始まって早々に、彼は病に倒れる。展開が早いなあ、と思ったが、映画が語りたいのは、死に直面した人間のことなのだから、余計なことは要らないのだろうと考えた。
医師は彼に真実を告げたが、これが日本なら、どうなのだろう。
彼がひとりで検査を受けたから、伝えるのも家族にではなく、彼しかいなかったわけだろうか。
それはともかく、助かる可能性は極めて少ないと知った彼は、治療を断る。

そこからは、父母、姉、祖母、恋人と、どう関わっていくかという話が続く。

ロマン(メルヴィル・プポー)と祖母ローラ(ジャンヌ・モロー)
(c) 2005 Mars Distribution/Jean-Claude Moireau. All rights reserved.

祖母には、50年以上のキャリアがある名女優ジャンヌ・モローが扮している。
彼女は1928年生まれだから、この映画では77歳くらい。お元気です。
顔のシワが、味のある年輪のごとくになる女優など、それほど、いるものではない。
初めて予告編を観たときから、そこにジャンヌ・モローが存在していたことで映画に重みが加わっていたのが分かった。
オゾン監督の映画は、どの映画でも、彼独自の感覚が強く感じられて、そこが好きで興味があるので、それだけで、観ることは決まっていたようなものだが、なんとジャンヌ・モローが出ているとは!
ということで、この映画は楽しみだったのだ。

さて、そのジャンヌの登場場面。決して長くはなかったが、やはり印象は深く残った。
なんと素晴らしい。女優というより、人間の貫禄としてのオーラが出ているよう。
素敵です、この、おばあちゃんは!(タバコは吸ってほしくないけど。)

主人公は同性愛者なのだが、ある女性に見込まれて、頼みごとを持ちかけられる。
この女性を演じるのが、前作「ふたりの5つの分かれ路」に主演していたヴァレリア・ブルーニ・テデスキ。彼女、監督お気に入りになったのかも。
死にゆく一方で、この世に彼が自分の「生」を、どう残すのか、という問題が語られていく。

ロマンと家族
(c) 2005 Mars Distribution/Jean-Claude Moireau. All rights reserved.

静か。全体的に、とても静かな映画
死に直面した、ひとりの人間の残された日々を見つめ続けた、その率直さ。
淡々と演じたメルヴィル・プポーは好演。

残された生の時間を、どう過ごすか。それを描く、いろいろな映画があって、いろいろな過ごし方がある。
たとえば、「死ぬまでにしたい10のこと」では、死ぬ前にやりたいことのリストを作って、前向きに生きていこうとする。「みなさん、さようなら」では、寂しくないようにと病床に友人や家族が集まってくる。
死の迎え方は、さまざまだ。
本作はオゾン監督流の、ひとつの解釈であり、ひとつの回答であるだろう。

ラストシーンは、「ふたりの5つの分かれ路」を少し思わせるが、もっと、すごい。
映画ならではの表現で、荘厳でもある。

「死」は「生」の完成形なのだろうか。

(4月29日)

下の写真は、劇場販売の前売券特典のアロマ・キャンドル2個。

前売特典のアロマ・キャンドル

LE TEMPS QUI RESTE (TIME TO LEAVE)
2005年 フランス作品
脚本・監督 フランソワ・オゾン
出演 メルヴィル・プポー、ジャンヌ・モロー、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、クリスチャン・センゲワルト

トラックバックは、ぼくを葬る@映画生活様FLIXムービーサイト様に。

評価☆☆☆★(3.5点。満点は5点)

● COMMENT ●

最近

オゾン監督って、すごい勢いで作品発表してますよね。ていうか日本後悔が立て続けなのでしょうか?
何はともあれ今フランスの監督で一番勢いがある方かもしれませんね。
が!今気がついた・・・私この人の映画、一本も見てない・・・(^。^;お、遅れてるわ・・・。

メルヴィル・プポーが主演なのでなんとなく気になってる作品です。ラストが結構「ウソー・・・」って感じだと聞きましたが、救いがない感じなのでしょうか。

>紅玉さん

フランスの若手監督では、最注目のひとりでしょう。
観るなら、おすすめは「まぼろし」。あとはミュージカルがイヤでないなら「8人の女たち」も面白いかも。

メルヴィル・プポーは初めて見ましたが、若いのに、いい役者ですね。
ジャンヌ・モローも見逃せない一品ですよ。

ラストは、あれこそ救いがあると思いますよ。ある意味、ベストかもしれません。

こんにちは!

ラストは、私もベストに近い形だと思いました。
喧騒から静寂に移っていって、
そこに波が寄せては返す音だけが静かに流れる・・・
とても余韻が残るいいシーンでしたね~

本作は一つの解釈でしょうね。
自分はどうかと考えると、ちょっと違うんですが。

>YANさん

こんばんは~。
そうですね、死を迎える形のなかの、ひとつ。シミュレーション的な映画といえるかもしれません。
自分だったら、どうなのか。…いやあ、分からないです。そのときに、どう思うのか、ですよね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/503-a6158053
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぼくを葬る

邦題:ぼくを葬る(おくる 原題:Le temps qui 英題:TIME TO

フランソワ・オゾン「ぼくを葬る」●MOVIEレビュー

 死は嘘を許さない 死を目前にしたとき。人は「嘘」を清算したくなるのかもしれない。彼にとって「生まれ育った家族」は精神的な安らぎをもたらすものではなかった。だから彼は

ぼくを葬る

余命3ヶ月―。あなたには何が残せますか?お薦め度:.★★★★.最初はなんてことのないシンプルなストーリー展開かと思いましたが、鑑賞後にかみ締めてみるとなかなか味わい深いと

「ぼくを葬る」オゾン監督の美意識が隅々に行き渡る

「ぼくを葬る」★★★☆メルヴィル・プポー、ジャンヌ・モロー 主演フランソワ・オゾン監督余命があと3ヶ月と知らされたら一体自分は何をしようとするだろう。あまりに性急過ぎて、そしてあまりに突然で具体的な「もし」ということさえ考えられない。...

[ ぼくを葬(おく)る ]死を受け入れること

[ ぼくを葬(おく)る ]@日比谷で鑑賞。[ まぼろし ]で“最愛の人の死”を描いたフランソワ・オゾンが本作[ ぼくを葬(おく)る ]で“自身の死”に挑んだ。“死についての3部作”の第2章が、いま始まる。パリ在住のフォトグラファーのロマンは31歳。ファッション業界で

映画レビュー#33「僕を葬る」★★★★☆

基本情報 「僕を葬る(Time To Leave)」(2006、フランス) 監督:フランソワ・オゾン(スイミング・プール、8人の女たち、まぼろし) 脚本:フランソワ・オゾン 製作:オリヴィエ・デルボスク、マルク・ミソニエ 出演:メリヴィル・プポー、ジャンヌ・モロー、ヴァレリア

ぼくを葬る

 『余命3ヶ月――。 あなたには何が残せますか?』  コチラの「ぼくを葬る」は、葬ると書いて「おくる」、余命宣告を受けたゲイの青年の人生の終焉の迎え方を描いたR-15指定のヒューマン・ドラマです。R-15指定ではあるけど、ビックリする程ハードな描写もあるので、...

ぼくを葬る

オゾン作品、続けて観ました。 急な用事で忙しくなり、記事UPは一週間も間があきましたが。 余命幾ばくも無いと知らされた時、 残された時...

『ぼくを葬る』

余命3ヶ月。 ファインダーに捉えたかった身近な愛に気付く時間。 身勝手でいい、それが生きるということだから。 『ぼくを葬る』 LE TEMPS QUI RESTE/TIME TO LEAVE 2005年/フランス/81min 監督:フランソワ・オゾン 出演:メルヴィル・プポー、ジャンヌ・

【DVD】『ぼくを葬る(おくる)』(2005)/フランス

原題:LETEMPSQUIRESTE/TIMETOLEAVE監督:フランソワ・オゾン出演:メルヴィル・プポー、ジャンヌ・モロー、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、ダニエル・デュバル、マリー・リヴィエール<S...

ぼくを葬る

JUGEMテーマ:洋画 「ぼくを葬る」 原題:Le Temps qui reste 監督:フランソワ・オゾン 2005年 フランス映画 81分 R15+ キャスト:メルヴィル・プボー ジャンヌ・モロー ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ ダニエル・デュヴァル パリに住む売れっ子カメラマン、ロマンは脳腫瘍が 転移し、余命3か月と宣告される。彼は同棲相手の サシ...

ぼくを葬(おく)る

■「ぼくを葬(おく)る/Le Temps Qui Reste」(2005年・フランス) 監督=フランソワ・オゾン 主演=メルヴィル・プポー ジャンヌ・モロー ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ  フランソワ・オゾン監督作品が観たくてTSUTAYAで探したら、「ぼくを葬る(おくる)」...

「恋愛アパート」 «  | BLOG TOP |  » 「アンダーワールド:エボリューション」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード