topimage

2017-06

「ダ・ヴィンチ・コード」 - 2006.05.21 Sun

ポスター
まずまず、楽しめた。
ただ、原作を読んでいないせいか、あとから考えると、あれは、どういうことになっているのだろう、と、いくつか疑問が残る。説明不足なのか、こちらの頭が悪いのか。それとも、あとで本を買って確かめろ、と、映画と原作者の陰謀に、まんまと乗せられているのかも!(笑)
実際、原作も読んでみようとは思っていたが、映画で分からないところがあったせいで、なおさら、読もうというつもりになっている。
映画は映画の中だけで、話を分からせるべきだと思うが、原作にボリュームがあって、うまく消化しきれていないのだろうか。
よく分からないのはキリスト教の知識に関わる部分だけではないので、やはり、それがすっきりと理解できないというのは、映画としては、よくないところではないか。

ラングドン(トム・ハンクス)の友人リー(イアン・マッケラン)の家で、ソフィー(オドレイ・トトゥ)、ラングドンとリーの3人でキリスト教に関する話をする場面では、私がキリスト教におなじみではないこともあって、話についていくのが大変。
この場面、どんどん会話が進むから、ここで必死に食らいついていかないと、映画についていけなくなる可能性も?

物語は、ルーブル美術館の館長が殺され、彼は自らの身体を使ってメッセージを残す。学者のラングドンが警察に協力を求められ、暗号解読係のソフィーとともに事件に巻き込まれていく…という話。

公開初日、3時頃に東京・有楽町の日劇に行ったら、次の回は満席ということで、観たのは6時台の最終回、しかも、かなり前列の席になってしまった。
ものすごい人気。大ヒット間違いなしだね、こりゃ。
私自身は、それほど興味があったわけではなく、原作を読む前に観ておこうかな、という気分だったのではあるが。
原作を読んだあとに映画を観ると、原作にあったエピソードが映画にはない、などというふうに、たいてい不満が残る。だから、私の場合は映画を先に観て、原作を後で読む、というパターンが多い。


シラス(ポール・ベタニー)
(c) 2006 Sony Pictures Entertainment (J) Inc.
All rights reserved.

2000年の時を隔てた歴史の謎、というミステリーは魅力的で、わくわくさせてくれるところもある。
一方で、割合と、あっさり謎が解けていく印象もある。それは時間の限られる映画では、仕方がないのだろう。
そんななかで、注目は、殺人マシンと化しているかのようなシラス(ポール・ベタニー)
自分の信じる教義のためなら何でもするに違いない、狂信的な心に捕われてしまったともいえる男。
彼の過去については、ほんの数秒しか描かれなかったので、これもかなり推測するしかなく、原作では、どう書かれているのかが気になる。
色素欠乏症らしいが、映画では何の説明もないので、どうしてあんなに白いんだろう?くらいにしか思っていない人も多かったのではなかろうか。
ちなみに、私はその気はないが、ポール・ベタニーの後ろ姿のヌードは、引き締まっていて、なかなか良いのでは? そこも見どころかも?
印象的な役だったと思う。

それに、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのガンダルフ役で有名になったイアン・マッケラン。やはり上手い。今回は多少、こずるい曲者(くせもの)感も、うかがわせて、余裕しゃくしゃく、場を仕切ってるね。
ラングドンとソフィーを自宅に招待するときに、お遊びで紅茶に関する3つの質問をするところなんて、いかにも洒落(しゃれ)者。
トム・ハンクス、彼に遊ばれているかのよう。
トムくんとオドレイ・トトゥは可もなく不可もなく、というところか。原作を読んでいないから、イメージと違うよ~、などという先入観はないので。
原作によると、トムくんの役はハリソン・フォード似らしいから、映画は全く違うわけだ。
オドレイちゃんも、がんばっているけれど、できたら、もう少しビッグネームの女優をもってきたら、映画の力としては上がったのかもしれないな、とは思う。昔だったら、グレース・ケリーとかイングリッド・バーグマンあたりで観たい。(…となると、相手役はケーリー・グラントやジェームズ・スチュアートか! おまけに監督はヒッチコック?)


ソフィー(オドレイ・トトゥ)
(c) 2006 Sony Pictures Entertainment (J) Inc.
All rights reserved.

映画は、最後のほうで、長く感じた。決着がついたのかなと思ったところから、まだ、もう少しある。それが終わると、短いけれど、おまけに、もう少しある。
2時間半もあるなんて知らなかったよ!

(5月20日)

THE DA VINCH CODE
2006年 アメリカ作品
監督 ロン・ハワード
出演 トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、ポール・ベタニー、ジャン・レノ、アルフレッド・モリーナ

トラックバックは、ダ・ヴィンチ・コード@映画生活FLIXムービーサイト様、映像全般を楽しもう(ブログペットのグループ)に。

評価☆☆☆(3点。満点は5点)

● COMMENT ●

原作は読みましたが・・・

ポーさん、お久しぶりです。
昨日のニュースではN○Kまでこの公開についてやっいたので
驚いてしまいました。全世界的現象だったのでしょうね。
随分前に原作を読みましたが、怖がりなので途中で何度も
読むのをやめてしまいました。
怖すぎるシュチェーションや登場人物ってダメなんですよね
(情けない)。
そんなわけで、私の中での「ダビンチ・コード」は「怖い話」
です(爆)。
でもまさか映画になるとは・・・という感じもしています。
どんな作品になったか興味あるところなのですが・・・
ポーさんのお話やニュースでの行列を見て、ちょっと腰が引け
ている私です(笑)

こんにちわ&TBさせてもらいました

私はレイトショー(深夜0:00)で観ましたが、満席!この作品の人気っぷりにびっくり!内容は・・・まあ、こんなもんでしょう。キリスト教に縁遠い日本人ではなかなか理解しがたいですよね。個人的に、トム・ハンクス&ポール・ベタニーがよかった!

えっ!?

ポール・ベタニーさん、『ダ・ヴィンチ・コード』でもお脱ぎになったんですかっ!?
うおぉおー!!観る楽しみがひとつ増えたぞー!!(あ、ヨダレが・・・)

映画をご覧になってから原作を読むと、ストーリーがスムーズに頭に入ってくるかもですね。
噂によると、原作抜きではイマイチ意味不明の部分があるらしいですし・・・。
私は今週末にでも、と思っておりますw

映画鑑賞は未だですが・・・

こんにちわ。

シラスのことは原作を読まないと映画では解らないのですね。
私は原作をたまたま読んでいるのですが、映画鑑賞は未だです。
鑑賞前にいろんな方の感想読ませて頂いていて、ボーさんの感想はかなり的を得ていて楽しく読ませて頂きました。

たまたま私も別件で日劇付近をあの時間うろついていて人気の高さに驚きました。
なので、もうちょっと間をおいて鑑賞しようと思っています。
観終わったらTBさせて下さいね。


>こころさん、KOROさん、小夏さん、紫さん

こころさん、お久しぶりです!
へえー、○H○まで、やっていましたか! 
原作は怖かったのですか? 映画では、そういう感じはなくて、謎解き中心のイメージです。
しばらく経ってから、さらに平日なら、なお空いていると思います。面白いかどうかは人それぞれですから、興味が沸いたら、ご覧になってみては?

KOROさん、こんにちは! レイトショーも満席ですか! すごいです。
初日だし土曜日なので、それもありえるのでしょうね。
内容は、ほんとに、こんなものでしょう、という感じ?
ポール・ベタニーは、いい役でした。合ってましたね。

小夏さん、はーい、脱ぎましたっ! そう言われてみると、ベタニーは脱ぐのがお好き? ヨダレをたらしながら、ご覧ください!
なんですと? 原作抜きでは意味不明ですと? ううむ、許せん! 脚本家!(「ビューティフル・マインド」「シンデレラマン」と、ロン・ハワード監督とコンビのアキヴァ・ゴールズマンですね)
今週末、がんばって参加してください!

紫さん、はい、シラスの過去のシーンは、フラッシュバックで数秒です!
またまた、そんなお世辞を言っていただくと…うれしいです。ありがとうございます!
日劇は2館で公開していますが、それでも込んでいるんですね。今後は、初日ほどのことはないと思えますので、のんびりと楽しんできてください。
TBお待ちしています!

さすが

早いですねー。私はもうちょっと先になりそうです。
ある程度客足落ちてから行こうっと。
原作読んであるので、映像的に確かめる意味で映画を見たいなと思ってます。ただ、これって下手するとすごい大味になりそうな題材でもあるなーとちょっと不安を感じてました。どうなのかなー。
海外プレスに大不評っていうのは、なんなんでしょうね?

イアン・マッケランが個人的には楽しみです。原作だとあの役は全然違う風貌なんですよ。でも私は最初からイアン・マッケランがいい!と思ってました。うちの母は原作を読んで「エルトン・ジョンみたいな感じよね?」と言ってます。

>紅玉さん

まだまだ公開は始まったばかり。ゆっくり行ってきてくださいねー。
大味な題材…映画は、やっとのことでストーリーを追っている感じもしますね。説明不足があるようですし。
海外プレスに不評なんですか? キリスト教の新解釈に反対というのとは違うのでしょうかねえ。

イアン・マッケランは、いい配役だったと思います。映画で観てしまうと、他の俳優は思いつかないですね。
原作のイメージとは違うのですか、じゃあ、イメージ通りなのは、ほとんどいない?

今日観てきました。 地元のシネコン 16:30の回ではさすがに人もまばら。
シラスの過去やタコ男との関係原作はもうちょっとツッコンでますね。
あとソフィーちゃんが添え物っぽくなってましたが もうちょっと謎解き部分にも
参加していたように思います。

ここのところTVでレオナルド・ダ・ヴィンチ特集が多いですね。
興味惹かれたのは宗教画には色々なキマリごとがあるのに レオナルドはそれらを
ことごとく破っているとこです。 

見たいけれどもう少し先になってからかな?

早速ご覧になっての感想は、とても興味がありました。
私はやっぱり『トムハンクスではないでしょう?』という思いが強かった分、シラス(ポール・ベタニー)には興味津々です。
良かったら原作本今度合うときに持って行きましょうか?
今神社関係の人達に『面白いから読んで!』と回っているところです。
みんな一気読みしている模様です。

>Nanakonaさん、Michiyoさん

Nanakonaさん、おっ! ご覧になったのですね。地元のシネコン、込んでなかったですか。案外、空いているところもありそうですね。
えーと、タコ男って銀行の男ですか?
テレビの特集は、まったく見ていません。ダ・ヴィンチは決まりを守らないのですか。いいですね! とすると、映画で解釈されている「最後の晩餐」も、彼の大胆な考えを言い当てたのかも?

Michiyoさん、原作を先に読んでいると、え~、トム・ハンクス~?となってしまいそうな雰囲気らしいですね。
シラスも原作通りとは行かないようで、最後も、ちょっと違うところがあるようなウワサです。
本、荷物になりませんか。もし気が向いたらお願いします。映画検定があるので、6月末からしか読めませんけど。

失礼しました。スパイダーマンのタコ男の印象がめちゃ強くて アルフレッド・モリーナ 司祭でしたね。
一例ですが天使の頭にワッカを描かないで 依頼主につき返された絵があるとか・・・。

>Nanakonaさん

ああ! スパイダーマンの敵役ですね! そういえばタコのようでした。
あの司祭も、もう少し説明があってもいい役でした。なるほど。やっぱり原作を読んでみたいですね。

またTBさせていただきました

また、TBさせていただきました。
よろしくお願いいたします。
原作を読んでない私は、多少置いていからたカンジで、
謎ときもよく解りませんでした。
字幕を追うばかりで、肝心の役者の表情を見ることができなかったのが残念…

>USAKUMAさん

ありがとうございます。
じつは私も、いろいろ分かりませんでした。
たとえば、ラングドンが最後に行った場所が、どこなのか分からなかった、という、ていたらく。人に聞いて分かりました…。
この映画、吹替え版の評判がいいそうです。私も、そっちにすればよかったかもしれません。

観てきました!

原作読んでしまって(途中で止めようと思ったのですが・・・)、観に行きました。
配役に関しては、ボーさんと同じく、トム君とオドレィちゃんは可も無く不可も無く・・・と思いました。
表情の動きが殆ど無かったからかも?
その代わり、泣いたり、暴れたりするベタニー君がやたら印象に残りました。ナイス・ボディ!
「ビシッ!バシッ!」痛そうでしたよね・・・
イアン・マッケランも、コケティッシュオヤジ(?)な感じが、印象的でした。

>uniko@ニャンくんさん

原作のあとで映画、のパターンだったのですね。
オドレイ・トトゥは、あの人(先祖)に顔立ちが似ているから、選ばれたのではないか、と最近思っています。
やっぱりベタニーくん。この映画のいろんな評を読んでも、彼は、かなり注目されてますよね。目立つ役でもありますが。
おちゃめで楽しげなマッケランおやじを含めて、主役より脇役がいいと思う映画というのも、どんなもんなんでしょう。(^_^;)

観た観た~!

先週末、ようやく観てきましたよ~♪
いやはやマジにヨダレがたれそうになってしまった。彼、白すぎですって。(ナニが?)
それに、あれだけ叩かれていたからどんなもんかなー?と不安半分だったけど、なんのその、面白かったですよ。
いったいどこがそんなに可笑しかったの?と問いたいけど、この辺はキリスト教文化も関係しているのかもしれませんね。
私は、めっちゃ楽しみましたから大満足です。

シラス

シラスの白いお尻もいいんですけど、個人的にはときどきちっちゃいエビとかカニとか混じってるのを見つけると、得した気分になりますが、それは「しらす干し」のことなので気にしないで下さい。

てなわけで、映画と無関係なコメントですみませんが、TBありがとうございました。

>小夏さん、にらさん

小夏さん、「あれだけ叩かれてた」って、一瞬シラスくんのことかと思ったじゃないですか。セルフマゾの。
楽しめたとは素晴らしい! きっと、素直(なお嬢さん)なんですねー。
(なんだ、このカッコ書きは!笑)

にらさん、しらす干し、いいですよねー。シラスも干したらどうなるか見てみたいところです。
時代劇なら、お白州でお奉行さまに、ひれ伏しますので、とってもコメントありがとうございました!

やっと

繋がったー。いえ、うちのプロバイダが調子悪いのか、ボーさんのサイトになかなか繋がらなかったんです。(>_<)

私もようやく「ダヴィンチ」見ましたよ。で、いま上の小夏さん宛のボーさんのコメント見て、びっくり。
シラスのこと「セルフマゾ」って書いてらっしゃるの、私もさっき記事内で「セルフマゾ」って書いたもので。(^^;偶然ですねー。
面白かったけど、原作を読んでいないとちょっと分かりにくい展開ですよね。字幕追いかけるだけでも大変だし。映画作るのって難しいんだなーと妙に実感しちゃいました。

>紅玉さん

深夜までチャレンジしていただき、ありがとうございます!
「セルフマゾ」は、自分の中で、ひょいと出てきた言葉ですが、そのまんま、ぴったりですよね。
やはり紅玉さんと私は、運命の糸で、つながっているのでした!?(わーい!)
私は今月下旬から原作を読みます。分からないところがあるので、読まずには、いられません。原作と映画で1セット?

こんにちは!

↑で原作と映画と1セットと書いてありますが、
それに加えてマスコミの特集やボイコット騒動や
いろんな話題でブームを作ったので、
全部合わせて1セットのように見えました。
もうこれは、流行に乗って「観た」という事実で
満足すればいいんじゃないでしょうかね~

>YANさん

こんばんはー。
そうですね、話題作だと、いろんな方面から宣伝できることもありますね。
込んだ映画館、いちばん前の席で観たことなど、「観た」という記憶に確かに残ってますねえ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/524-6144f80e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダ・ヴィンチ・コードみてきました

公開初日ですが、雨にも負けずに観てまいりました。「ダ・ヴィンチ・コード」夕方の回でしたが満席だったね。というわけで早速ネタバレ満載の感想を・・・。あ、写真

映画「ダ・ヴィンチ・コード」ロン・ハワード/監督

 映画「ダ・ヴィンチ・コード」ロン・ハワード/監督観てきました。 言うまでもなくダン・ブラウンの大ベストセラー小説の映画化です。 ストーリーは、ルーブル美術館の奇妙な死体のメッセージからラングドンは事件に巻き込まれることに。残されたメッセージを暗号解読官

映画 ダヴィンチ・コード

トム・ハンクス主演、リー役にはRoad of the Ringのガンダルフを演じた御爺さんが出演。物議をかもしつつもいよいよ公開。噂のダ・ヴィンチ コードを観て来ました。ヒロインの女性が

ダ・ヴィンチ・コード(映画) 主演:トム・ハンクス

≪採点(読むなび!参照)≫合計:85点 http://koroxkoro.web.fc2.com/≪梗概≫ダ・ヴィンチが名画に隠した暗号とは?歴史の真実を託された2人は、謎の扉を開けることができるのか─

ダ・ヴィンチ・コード

 本当に失笑を起こすためにはオドレイ・トトゥではなくモニカ・ベルッチを登場させるべきだ。

ダ・ヴィンチ・コード/THE DA VINCI CODE

甘かった。。。。これほど原作を読んでから観れば良かった~。と思った事もそうない。いつも原作を読まずに、なるべく前知識ナシで観るワタシですが、、、、読んだ人は皆面白いというし、原作読まずに観ると難解と聞いてたのでちょっとは不安だったんだけど。。。読んでたら

ダ・ヴィンチ・コード

ルーヴル美術館での殺人事件を発端に、レオナルド・ダ・ヴィンチの名画に隠された暗号を解き明かし、事件の裏に秘められたキリスト教を巡る人類史上最大の秘密に迫るダン・ブラウンの同名世界的ベストセラーを映画化したミステリー・アドベンチャー。主演は「レディ・キ...

ダ・ヴィンチ・コード

結局、原作は読まず、19日の晩にフジテレビ系で放映された特番のみで予習して行った。私は、大学は世界史で受験した。兎に角、癖のある問題を出す大学だったので、世界史用語集(山川出版社)で、頻度0まで暗記に明け暮れた。大学に入ってから、大学がキリスト教系でもなん

「ダ・ヴィンチ・コード」難解なミステリーをハリウッドテイストで

「ダ・ヴィンチ・コード」★★★★トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ主演ロン・ハワード監督、2005年アメリカルーブル美術館の館長が殺害された。彼の死体はダ・ヴィンチの有名な素描「ウィトルウィウス的人体図」を模して横たわっていた。...

映画ダ・ヴィンチ・コード

 今年一番の話題作とあって映画ダ・ヴィンチ・コードを観て きました。 封切直後もあってか、とにかくスクリーン数や枠(劇場ごと の)が多かったです。内容について前評判が色々ありまし たが、個人的には楽しめた良い映画でした。 宗教観の薄い日本人にはこの映画の

The Da Vinci Code(2006,U.S.)

公開2日目。念願かなってようやく鑑賞。 ダ・ヴィンチ・コードある日、ルーヴル美術館で館長のジャック・ソニエール(Jean-Pierre Marielle)が殺害される事件が起こる。遺体は奇妙な体勢で横たわり、周囲には不可解な暗号らしきものが記されていた。フランス司法警察のフ

ダ・ヴィンチ・コード

ダン・ブラウンの同名のベストセラーの映画化です。原作は周りがあまりに面白いというので読んだけれど私は「へぇー」という感じでそれほどでもありませんでした。映画館で鑑賞。閉館後のルーヴル美術館で館長の死体が発見される。その死体はダ・ヴィンチの素描「ウィト

ダ・ヴィンチ・コード

story ルーヴル美術館での殺人事件を発端に、レオナルド・ダ・ヴィンチの名画に隠された暗号を解き明かし、事件の裏に秘められたキリスト教をめぐる人類史上最大の秘密に迫るダ

「ダ・ヴィンチ・コード」

話題の映画「ダ・ヴィンチ・コード」を封切り2日目に鑑賞。この映画、公開直後の週休3日間で2億2,400万ドル(約250億円)を稼ぎ出したという事で、昨年の「スター・ウォーズ エピソードⅢ/シスの復讐」の2億5,200万ドル(約280億円)に次ぐ史上2位の

『ダ・ヴィンチ・コード』2006・5・21に観ました

『ダ・ヴィンチ・コード』公式HPはこちら ●あらすじルーヴル美術館での館長殺人事件を発端に、フランス警察ファーシュ警部(ジャン・レノ)はハーバード大学教授ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)に捜査の協力を依頼したが・・・・・・・・・・・・。それは

『ダ・ヴィンチ・コード』

「ダヴィチンコード」・・・映画の中で、観客に隠されていたものは何か?

『ダ・ヴィンチ・コード』

監督:ロン・ハワードCAST:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ、イアン・マッケラン、ポール・ベタニーフランスに滞在していたハーバード大のラングドン教授(トム・ハンクス)は、ある夜ルーブル美術館の館長と会う約束をしていた。しかしその夜館長は、

★「ダ・ヴィンチ・コード」

2006年最大の話題作をやっと観て来ました。世界中で賛否両論の宗教絡み映画なので・・・。キリスト教信者じゃないから、気楽に見れるので・・・日本でも、ヒットは確実かなっ。

映画【ダ・ヴィンチコード】 モナリザは1分ぐらい登場

ロン・ハワード監督とトム・ハンクスが「アポロ13」以来再びタッグを組んだ話題の映画「ダ・ヴィンチコード」を見てきました。キリスト教団員が映画公開に抗議し、一部の国では

「ダ・ヴィンチ・コード」

「ダ・ヴィンチ・コード」ダン・ブラウンの原作を読んだのは約一年前。絵画、歴史的背景、キリスト教など、全くといっていいほど興味のない私に、真実を上手く絡めて、嘘か誠か、強引な展開でも、虚構を信じ込ませてしまう力があった。謎解きに必要な絵画、建築物、

ダ・ヴィンチ・コード

カンヌでの酷評&失笑の報道や、各国での抗議運動のニュース等で、なにかと話題の映画、『ダ・ヴィンチ・コード』原作はとても面白く読んだため、待ちに待っていた作品です。※ ネタバレ 注意! ※“失笑” は、おそらく、オドレイ・トトゥがキリストの血を受け継いでい

映画館「ダ・ヴィンチ・コード」

この作品って、レオナル・ド・ダヴィンチの話がメインなのかと思っていた、、、モナリザもチョットしか出てこないんですねぇ。。。原作を読んでいない私は、テレビで「本を読んでいない人は、せめて特集番組を見てからの方が楽しめる!」と言っていたので、いろいろ見...

【劇場映画】 ダ・ヴィンチ・コード

≪ストーリー≫閉館後のルーヴル美術館。ダ・ヴィンチの有名な素描「ウィトルウィウス的人体図」を模して横たわる、館長の死体が発見された。死体の周りに残された、不可解な暗号。その暗号の中には、その夜、彼が会う約束をしていたハーヴァード大学教授ラングドンの名前が

『ダ・ヴィンチ・コード』

観る前に、原作を読んでしまった人(私)の感想です(笑)。全部読んだら面白くないから、ハードカバー上巻だけにしておこうと決めて読み始めたのですが、あまりの面白さに止められず(作者:ダン・ブラウンの話の進め方がいやらしい・笑)、読んでしまいました・・・だから

ダ・ヴィンチ・コード (2006年、米)

原題: THE DA VINCI CODE監督: ロン・ハワード 原作: ダン・ブラウン  音楽: ハンス・ジマー 出演: トム・ハンクス    オドレイ・トトゥ    イアン・マッケラン    アルフレッド・モリナ      ジャン・レノ    ポール・ベタニー     ユルゲ

ダ・ヴィンチ コード

お腹が一杯のまま 今度は映画館へ。平日の夜ともなれば いくら人気話題作と言ってもさすがに空いていたワタクシ原作は未読ですが ある程度は予習してから観に行った方がより楽しめるんではないかと。こないだTVでやってた特番を観たんだが 歴史的背景とかちょぴっと..

「ダ・ヴィンチ・コード」見てきました

 世界中でベストセラーとなったダ・ヴィンチ・コードを見てきました。正直キリスト教じゃないし、ダ・ヴィンチにも興味ないんですが、一応ベストセラーということで流行に流されてみました。

原作未読で行った「ダ・ヴィンチ・コード」

[:映画:] 「ダ・ヴィンチ・コード」全世界同時公開、原作は全世界で5,000万部の大ベストセラー、宗教団体の反発、カンヌでの失笑、などなど、話題満載の今作。 日本でも原作が単行本と文庫合わせて1,000万部とか(ホントに?上下巻とか、上中下巻とかだけど、それでもざっ

ダ・ヴィンチ・コード

私は原作も読んでいないし信者でもないのですが先日TVでの「ダ・ヴィンチコード」が純粋に「ダ・ヴィンチとキリストの秘密」に迫った真実味のある取材でとても興味深かったので早速鑑賞にいってきました♪ 銃弾に撃たれながらも自ら難解な姿と暗号を残して死んだ「ルーヴル

「ダ・ヴィンチ・コード」を恐る恐る鑑賞するの巻

「ダ・ヴィンチ・コード」を見てまいりました。原作を読了してますので、一応ストーリーは頭に入った状態での鑑賞です。以下に私の個人的な感想を、箇条書きで記したいと思います。勝手なことをほざいてますが、読んでも怒らないでね。えへ。☆「ダ・ヴィンチ・コード」を見

ダヴィンチ・コードを観てきた

アキヴァ・ゴールズマン, 越前 敏弥, 青木 創 映画ダ・ヴィンチ・コード オフィシャル・ムービー・ブック 映画『ダヴィンチ・コード』を観てきました。感想は………………………世界中で……話題になってるほど……良い映画………………か?確かに知的好奇心を刺激する映画

ダ・ヴィンチ・コード(映画館)

ダ・ヴィンチは、その微笑みに、何を仕組んだのか。CAST:トム・ハンクス/オドレイ・トトゥ/イアン・マッケラン/アルフレッド・モリナ/ジャン・レノ 他■アメリカ産 150分館長さん、みずからあの姿で死んじゃったのね・・・。そんな時間があったのなら助かってたんじゃ

ダ・ヴィンチ・コード

S氏より「ダ・ヴィンチ・コード」を借りた。カンヌ映画祭では良い評価ではなかったものの、公開してから客足はそこそこらしい。見終わっての評価は、5段階評価のうちの3.2といったところでしょうか。のっけから急展開のスピードで進むが、ワクワク・ドキドキ感は、むしろ原

『神々の指紋』の焼き直し●ダ・ヴィンチ コード

先入観と思い込みが人を惑わす。幽霊の 正体見たり 枯れ尾花。ルーブル美術館で、美術館長が殺される殺人事件が発生。美術館長は、ダ・ヴィンチのウィトルウィウス的人体図を模

ダ・ヴィンチ・コード

 今、話題沸騰の映画「ダ・ヴィンチ・コード」。皆さんはもうご覧になられましたでしょうか。私は残念ながら映画は、まだ観に行けてません。原作は既に読んでいるのですが、あの物語が、どのように映像化されたのか、観にいくのがとても楽しみです。(以下ネタバレを含みま

ダヴィンチ・コードぉ~

巷で話題になりまくってるダヴィンチコードを観てきました。この映画、結構複雑そうなので、原作読んでから行く事に。一週間前に、上中下巻揃えて、通勤時間に読んでたんだけどね、はい、読み切れませんでしたね。中巻の真ん中過ぎ辺りでございました。  ダ・ヴィンチ・コ

ダヴィンチ・コード

THE DAVINCI CODE世界中で大論争を巻き起こしていると噂のダヴィンチ・コード。原作本にもキリストにも興味はないが、映画は楽しみだったので観てきました。サスペンス作品としては面白いしフツーに楽しめました。却って何も知らない白紙状態の方が楽しめるのかもしれません

「ダ・ヴィンチ・コード」を観る

世界各国で話題騒然の「ダ・ヴィンチ・コード」を遅まきながら、世界で一番‘静か’に鑑賞できる我が国で観て参りました。流石に超話題(問題?)作、まだまだ満員御礼の札止め状態でした。奇しくも本日、報道で「ダ・ヴィンチ風」作品といわれていたスケッチ画が正真正銘の

ダ・ヴィンチ・コード/ダン・ブラウン

「ダ・ヴィンチ・コード」は、映画では描ききれないであろう豊富な知識と、綿密なプロットに支えられたエンターテイメント小説です。当初は映画を観るつもりでしたが、小説を読んで正解だったと思います。キリスト教の聖杯伝説に関する記述は、ストーリー展開以上に面白く、

映画「ダ・ヴィンチ・コード」

原題:The Da Vinci Codeイエス・キリストは、人間なのか神なのか、という宗教的な論争には興味もないが、この地球上で最も布教が進み最も多くの信者がいるのも事実だ。 物語は、「モナ・リザ」「岩窟の聖母」「最後の晩餐」の名画と共に、パリはルーヴル美術館での殺人

アナタ、カミヲシンジマスカ?~「ダ・ヴィンチ・コード」~

カンヌで不評?バチカンでスクリーン撤去? とにかく本来ならバッシングの嵐が 日本じゃ「ふ~んそんなに話題になってるんだったら行こか」 ・・実はとんでもない観客動員をたたき出しそう。 ・・・ネタバレしすぎのCMも実は自信の裏返し?? アレだけ売れた本だから逆に

ダ・ヴィンチ・コード

神の子を 信じる者こそ 使われる  平塚雷鳥は、こう言ったとさ、「原始女性は太陽であった。今、女性は月である。 他によって生き、他の光によって輝き、病人のような蒼白い顔の月である」と。この太陽は、日本神話の主神の太陽、天照大神(アマテラスオオミカミ)を言い

ダ・ヴィンチ・コード

ルーヴル美術館の館長の死ダイイングメッセージなのか不思議な格好の死体と謎の文字列ハーバード大教授のラングドンは死体の周りに残された暗号の中に名前があったことから容疑者に

ダ・ヴィンチ・コード

やっと観に行くことが出来ました。感想は・・・ダ・ヴィンチが名画に隠した暗号とは?歴史の真実を託された2人は、謎の扉を開けることができるのか── パリのルーヴル美術館で発見された、館長のジャック・ソニエールの他殺体は、レオナルド・ダ・ヴィンチの「ウィ...

「ダ・ヴィンチ・コード」観てきました。★★★★☆

160分の上映時間でしたが、飽きもせず最期まで興味深く観れました。サスペンス物としては、よく出来た作品だと思います。物語の展開も非常に観客の心理をよく読んで作成されているように感じました。 ただ、・・・・・・。映画のキーワードである”イエスは人間か神(ゴッ

ダ・ヴィンチ・コード

この作品もいつ観たんだー?って感じで、今更ながらに感想UPです…。記録では5月31日に観たそうです(;・∀・)(ホントに感想上げるの遅いよ…wDVDが出ちゃうよw)上半期の米映画ではかなり期待していた作品だったので嬉々として劇場へー!「ダ・ヴ...

【洋画】ダ・ヴィンチ・コード

A+  面白いA     ↑A-B+B    普通B-C+C     ↓C-  つまらない『評価』 A(演技4/演出5/脚本5/撮影4/音響3/音楽3/美術4/衣装4/配役4/魅力4/テンポ4/合計44)『評論』以前も

『ダ・ヴィンチ・コード』’06・米

あらすじルーヴル美術館の館長の死体が発見され周りには不可解な暗号が残されていた。暗号の中には館長がその日、会うことになっていたハーヴァード大学のラングドン(トム・ハンクス)の名前が含まれ、ラングドンは現場に呼び出され・・・。感想ダン・ブラウンの世界的ベ..

ダ・ヴィンチ・コード

 『ダ・ヴィンチは、 その微笑みに、何を仕組んだのか。』  コチラの「ダ・ヴィンチ・コード」は、既にご覧になられた方も多いと思うのですが、原作を読み終えたので、や~っと観て来ましたぁ~♪ビミョーにカットされてたり、変えてある部分もありますが、基本的には...

『ダ・ヴィンチ・コード』

DVD ダ・ヴィンチ・コードデラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)【ベストコレクションLIMITED\\1980第3弾】あんなに話題になった原作なのに、活字離れしてる自分は原作読んでない状態。余計にどんな話なんだろうと思ってワクワクしながら映画観ました。ちょっ...

ダ・ヴィンチ・コード

「天使と悪魔」公開に合わせてテレビ放映していたので 観直してみました。 これは以前に原作本を読んで、すごく面白かったので 劇場鑑賞し...

『ダ・ヴィンチ・コード』 映画レビュー

『 ダ・ヴィンチ・コード 』 (2006)  監  督 :ロン・ハワードキャスト :トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、ジャン・レノ、アルフレッド・モリーナ、ポール・ベタニー、ユル...

第10回メトロ沿線ウォーキング «  | BLOG TOP |  » 謎の花輪くん

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード