FC2ブログ
topimage

2020-01

「ヴァン・ヘルシング」 - 2006.06.04 Sun

ポスター
いきなり、なつかしの白黒画面でフランケンシュタインの話だ!と思ったら、ドラキュラが参加?
一方、ヒュー・ジャックマン演じるヘルシングが、ジキル&ハイド氏と戦う。怪物オンパレードだね。
でも、ハイドとの戦いの場面、画面が暗すぎ。DVDの具合のせいなのか知らないが、いつまで経っても暗くて見にくいので、テレビ画面を調節して、明るさを上げてしまったよ。

ヒロインは、ケイト・ベッキンセール。「X-メン」(ジャックマン)と「アンダーワールド」(ベッキンセール)、別の映画でもSFキャラを熱演している俳優同士の合体か!?

ヘルシングが武器をもらうところは、007のパロディ。新しい武器を試したりするのも同じだ。
吸血鬼退治のヘルシング教授が、本作では怪物退治のプロになっている。

特撮部分が、いかにもCGなのが見え見えな動きなので、興が醒める。
話が幼稚、都合良すぎ。
いろんな映画のパロディかオマージュのようにも見えるが、上っ面だけ、そういうものをなぞっていても、中身のなさは隠せない。
ギャグかユーモアのつもりの場面でも、面白くない。脚本家(監督のスティーブン・ソマーズが書いている)、頭悪いんじゃないのか?
大きなスクリーンで観たら、どうなのか、と、ふと思う。大画面で観たら、迫力だけは、あるかもしれない。その場合、大画面の迫力に、だまされているわけだ。

ドラキュラ、どこかで見たような…と思っていたのだが、なんと私の大好きな映画「ムーラン・ルージュ」の公爵じゃないか! 顔がビミョーに違うけど。なんか、このドラキュラ、へんな雰囲気なんだよねえ。
しかもヘルシングのお供をやっているのが、デヴィッド・ウェンハム。彼も「ムーラン・ルージュ」出身(?)だ。
それは、ともかく。

ドラキュラの子が「エイリアン」のごとく、繭(まゆ)で、たくさんあったり。
さらわれたプリンセスが、さらった張本人のドラキュラと踊ってるなんて、ばかばかしくて笑えもしない。あんまり無理やり踊らされているようにも見えないし。
ギャグのやり方が無茶すぎる。めちゃくちゃ。

ヒロインはケイト・ベッキンセール
(c) 2004 Universal Studios. All rights reserved.


だいたい、ヒロイン弱すぎ。ヒーローも、たいして強くない。矢を射るだけという印象。
吸血鬼3人娘の飛翔には多少のインパクトがあるが、飛んできては人間を引っつかんでばかりで、吸血鬼というより「怪鳥」
一応ストーリーのある話なのに、そのストーリーをいいかげんにしかできずに、CGだけで見せよう、なんて、甘すぎる。

そして、個人的に、大ひんしゅくのラスト
あのキャラを殺す必要が、いったい、どこにある!?
どこにもない。
不愉快、極まりない。
脚本を書いたスティーヴン・ソマーズ、何を考えているのか。
許せない。
そういえば過去の彼の脚本・監督作品「ハムナプトラ2/黄金のピラミッド」でも、気にいらないところがあったのを思い出す。ネタばれページなので未見の方は注意してほしいが、HPで書いた文章は、こちら
もしかしてソマーズというお方、女性が嫌いなのではないだろうか。
それにしても、まったく理由がない、あのシーンには唖然とするしかない。
スティーヴン・ソマーズの書いた映画は、基本的には、もう観たくない。

よかったのは、アラン・シルヴェストリの音楽だけだな。

(5月27日)

VAN HELSING
2004年 アメリカ作品
脚本・監督 スティーヴン・ソマーズ
出演 ヒュー・ジャックマン、ケイト・ベッキンセール、リチャード・ロクスバーグ、デヴィッド・ウェンハム、シュラー・ヘンズリー

トラックバックは、ヴァン・ヘルシング@映画生活様FLIXムービーサイト様、映像全般を楽しもう(ブログペットのグループ)に。

この記事の分類「映画感想(私にとっての最低映画)」についての説明は、こちら

評価★(0.5点。満点は5点)

● COMMENT ●

こんなに、けなされて可哀想に。
どこかに擁護する人いらっしゃいませんか?
(または、けなす人でもいいですけど。)

※このコメントはBlogPetのノーマ・ジーンの飼い主のボーが書きました。

ん?

いや、ノーマちんにしてはずいぶん・・・と思ったら飼い主さんだったんですね。(^^;

「ヴァン・ヘルシング」系のノリって決して嫌いじゃないですよ。
「んな、アホな!」とツッコミ入れながら、楽しみました。だって、ありえんでしょ。橋のシーンやら、繭のシーンやら(汗)。
まあ、それでもヒロインが辿る結末には、何の説得力も必然性もないですから、私もアレはちょっと・・・と思いましたけど。
とりあえず、この映画はヒュー様を堪能する映画として割り切っております。(ハート♪)
それに、彼が「ガブリエル」と呼ばれてた謎が残ったままですから、続編もあるのでは?
うがーー!!(←謎の叫び)

>小夏さん

飼い主です。
あ、擁護派登場!?
ま、途中の、いろいろもバカバカしいのですが、許せるといえば許せますね。
でも、最後ですよ。あの最後で私は憤然と立ちあがり、怒りに震えるのでした。あの最後において、わが最低映画のレッテルは、剥がせないくらいしっかりと貼られたのであった。

…ガブリエル? ちっとも覚えてないです。(それどころじゃない?)
天使ですかねー?

ボーさんがここまで否定的なのは

珍しいですね~。やはりヒロインが意味もなく…な顛末は、女優たちを愛するボーさんには許せませんよね。私もちょっと意味わかんないなーと思ってました。

>吸血鬼というより「怪鳥」

この監督さんが女性嫌いというのもあながち間違えではないかも。あんなに醜い怪鳥姿を晒して恥ずかしくない女なんているの?

>宵乃さん

見たとき、よっぽどダメだったんでしょうね。
そして、腹たったんでしょうねー。
ほぼ覚えていませんが。
ソマーズ監督、最近はプロデューサーやってたらしいのですが、「地球最後の日」というSF映画のリメイクを監督するようで。
観たくはないけど…。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/537-cabf3b42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ヴァン・ヘルシング】

こーゆう化け物系にしては結構 面白かったです。 評価 : 5/10

ヴァン・ヘルシング

【VAN HELSING】 2004/09/04公開 アメリカ 133分監督:スティーヴン・ソマーズ出演:ヒュー・ジャックマン、ケイト・ベッキンセイル、リチャード・ロクスバーグ、デヴィッド・ウェンハム、シ...

映画 『ヴァン・ヘルシング』

                            ...

ヴァン・ヘルシング

19世紀。 怪物伝説の地、トランシルバニアへ向かったモンスター・ハンター、ヴァン・ヘルシングは、代々ドラキュラを倒すために戦ってきた一族の末裔アナ王女と出会う。 一方、ドラキュラ伯爵は世界を征服しようとある計画を進めていた…。 冒険アクションホラー。

記事の分類を追加 «  | BLOG TOP |  » 「ブーべの恋人」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード