FC2ブログ
topimage

2020-02

「θは遊んでくれたよ」 森博嗣 - 2006.07.30 Sun

「θは遊んでくれたよ」カバー
さっそく読んじゃったシリーズ2作目。
今度は、飛び降りが相次ぐ。飛び降りて死んだ人のどこかには、θ(シータ)の印が残されていた。
インターネットの、新興宗教めいたサイトに関わる自殺なのか?

西之園萌絵の親友、反町愛(そりまち あい)が再登場! 西之園さんは、彼女を「ラヴちゃん」と呼ぶ。かわゆいねえ。
このラヴちゃん、言葉使いが、ちょっと面白い。男っぽい。「僕」って言うし、ときどき「~だわさ」とか「~だがね」「~だがや」とか。

研修医のラヴちゃんが、事件に関係する口紅の分析を頼まれている、という状況なので、親友の西之園さんが深く関わってきて、彼女の活躍度が上がっている。
(ちなみに今シリーズでの森さんの文章は、彼女のことを「西之園」と書いている。「萌絵」ではない。そのあたりも、シリーズによる違いだ。)

今回の解決案も見事。
こう考えれば、何もかも辻褄(つじつま)が合う。与えられた情報に対して、「もしも、こうならば、すっきりと解決できる」と考えることが可能な頭脳が素晴らしい。
しかも、それは、ちょっと見方を変えるだけで得られる結果なのだ。ただ、そこに気づくのが難しい。

印象に残った文章を挙げておく。
「…事実とはこうしてあとから形成されるものだ。しかし、人の心の中の、そのときどきの葛藤は、二度と正確に再現されることはない。たとえ、本人の口が語ったとしても、その言葉は明らかに虚構である。理由も動機もすべて、光が当てられたときに現れる影に過ぎない。…(中略)…ただ、それがあった、存在していた、ということを仄めかしているにすぎない。人が事実として認識している概念は、その程度のものだ。あるいは、ないに等しい、といっても良いだろう。…」

犯罪に至る瞬間に犯人の頭の中にあったことは、その瞬間だけのものであって、あとから本人が説明しようとしてさえも正確ではなく、いわんや、第三者には、決して正しくは伝わらない、ということか。
だから、推理した、そのあとは書いていないのでしょうか、森さん?

英語タイトルは「Another Playmate θ」。もうひとりの遊び友達θ、って感じ?

(7月25日読了)

● COMMENT ●

森さんの作品は

わが連れ合いがとても好きで、何冊も何冊も読んでいます。
読み終わった後、私にまわしてくれるのですが、私はどーも・・・読みきれません。

頭が数学的じゃないみたいです。私にはとても難しく感じられてしまいます。
渡されても読まないことが続き、結局ブッ○オフへ・・・とほほ。

今回、作品紹介を読ませてもらって、今度は頑張って読んでみようかなあという気分になってきました。

>こころさん

ありがとうございます。
森さんは、工学部の教授を務める頭脳をお持ちですからね!
ただ、このGシリーズは、読んだ2作の限りでは、それほど難しくないのではと思います。シンプルですよ。
出てくるのは大学生が多いので、会話もすいすいと読めました。
私だって、文科系で数学はめちゃくちゃ不得意です。
登場人物が好きだと、読みたい気持ちも大きくなるのでしょうけどね。
レッツ・チャレンジ!?

うううむ・・・、

>ただ、それがあった、存在していた、ということを仄めかしているにすぎない。
>人が事実として認識している概念は、その程度のものだ。あるいは、ないに等しい、といっても良いだろう。…」
相変わらず、禅問答のような難解なセリフですが、これがまた妙に心地良かったりするものなんですよね。
ちなみに、「θ~」は未読です。っていうか、「φ~」以降読んでない罠。(^^;
でも、ボーさんのレビューを読んでいたら、「φ~」も含めて改めて読み直してみようかな?という気になってきました。私も図書館で予約しようかな。(って、やっぱり買わないのかいっ!)

>小夏さん

むううう…。
引用した文は、ちょっと難しいですが、ここだけといっていいくらいです、難しげなのは!
「四季」シリーズなどとは比べ物にならないシンプルさです。
すいすい読めるけどなあ…?
わたくしめ、もうすぐ3作目を借りてきますよ。
私の書いたのを読んで、ご自分でも読む気になっちゃったら、すごいことで嬉しいですよ!

読みました。

ああああっ!そこで「今さらかいっ!」とは言わないでーー!(笑)

「φ」読了後、このシリーズは暫らくいいかな、ってちょっとだけ思っていたのでした。
でも今回、何かの気まぐれで手にとって(もちろん図書館でw)読んでみたら、
あれ?なんか面白いかもしれないぞ、と。
四季さんとか保呂草さんとか、懐かしげなキーワードが登場しますが、
シリーズ全体の記憶が頭からすっぽり抜け落ちつつあるので、
とりあえず、Vシリーズもさらっと読み直さないとダメっぽいです。
一昨日、Gシリーズ3作目借りてきました。

>小夏さん

ふふふ…
言いませんとも。いまさらかい!なんて言いませんとも!
…あ、言ってる…。

シリーズが、どこまで進んでて、何を読んで何を読んでいないのか、よくわからない状態で、ごちゃごちゃですけど。
読み直すと面白いかもですね~。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/592-8cc34961
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

θは遊んでくれたよ<森博嗣>-(本:2007年23冊目)-

講談社 (2005/5/10)ISBN-10: 4061824317評価:76点(ネタバレあります)よかった、オチがあって。なかなか推理が進まず、このままではφの再現ではないかとドキドキし、最後のほうは残りのページ数ばかり気になってしまったが、ちゃんとオチがあって本当によ...

「ムーラン・ルージュ」(12回目) «  | BLOG TOP |  » 「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード