topimage

2017-08

「マルホランド・ドライブ」(10回目) - 2006.08.04 Fri

2つ前の記事で、「私の、この数年間のベスト1か2」の映画である、と書いたのは「ムーラン・ルージュ」だが、では、もうひとつの「べスト1か2」は何かといえば、この「マルホランド・ドライブ」だ
ダイアン・セルウィン(ナオミ・ワッツ)が物語の主役!
観ようと思った、きっかけは何だったか、はっきりとは覚えていない。当時、主演のナオミ・ワッツさんは、まだ有名ではなかった。デヴィッド・リンチ監督の名前に引かれたのだったか。たくさんのスクリーンがあるシネコンの、ワーナー・マイカル・シネマズ板橋。小さめのスクリーンで、客の少ない中で観た。

1回目の鑑賞では、終盤、まるで違う話になってしまうことで、狐につままれたような感覚のままに観終った。
ただ、ものすごく濃密な雰囲気があり、女優が魅力的で、分からないなりに、とてつもなく興味を感じた。なんともいえない魅力なのだ。麻薬的な魅力といえようか。

まるで違うように思える2つの話が、どういう関係なのかが分かれば、この映画は理解できる。
帰ってからネットで、いろんな評を見ているうちに、この映画の仕組みが分かった。簡単なことだった。考えていたこととは少し違ったのが、ちょっと惜しかったけれど、その仕組みを基本に据えて考えてみると、いろいろなことが納得できてくる。
なぜ、リタとベティが出会うのか、なぜ、リタとの関係でベティが主導権を握っているのか、なぜ、映画監督が酷い目に遭うのか、なぜ、秘密のリストを奪う男の話が出てくるのか、…そういうことが、すっかり説明可能になる。
ちっとも難解ではない。
クラブ・シレンシオでの司会者の言葉は、すごくヒントになっていたりする。

めっちゃくちゃ面白いじゃん!
このユーモア、皮肉、色っぽさ、悲しさ、ミステリアスさ! ナツメロもあるよ!

この映画を観て、意味が分からないという方は、ネットなり何なりで調べてしまってもいいと思う。分からないままにしておくよりも、そのほうが、面白く観られるのではないか。
私自身、自分で考えた、物語の仕組みをホームページに書いてみようかと思ったりするのだが、少々めんどくさい、という気分のまま、手をつけていないのであった…。

ベティ(ナオミ・ワッツ)とリタ(ローラ・エレナ・ハリング)
主役は誰か? ダイアン・セルウィンである。彼女が全編を通して、物語を支配しているのだ。
終盤の彼女は悲しい。パーティ会場で嫉妬し涙するナオミ・ワッツさんの演技は絶品。ここは、映画の、ひとつのハイライト場面だと思う。

リタとカミーラの2役を演じたローラ・エレナ・ハリング嬢のゴージャスさも素晴らしいが、ひとつめの物語ではベティ、2番目の物語ではダイアン、まるで違うキャラクターを演じたナオミ・ワッツさんの演技力は、すごい

HPで、ちゃんと書いた(といっても、ミステリアスなままにしておいたが)感想はこちら
観るたびに書いた短評はこっち
映画館では6回、DVDで3回鑑賞、今回が10回目だった。
「ムーラン・ルージュ」と「マルホランド・ドライブ」が、共に映画館で公開されていた時期、この2本をハシゴして観た。至福のときだったな~。
こんなに繰り返して観た映画は、マリリンの映画以外では、この2本くらいで、しかも、時期が、かぶっていたのだ。いい思い出です。

(7月30日)

MULHOLLAND DRIVE
2001年 アメリカ作品
監督 デヴィッド・リンチ
出演 ナオミ・ワッツ、ローラ・エレナ・ハリング、ジャスティン・セロー、アン・ミラー

トラックバック:
マルホランド・ドライブ@映画生活様goo映画様、映像全般を楽しもう(ブログペットのグループ)

追加トラックバック:
ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション様Rocking Chair Blog様

この記事の分類「映画感想(私にとっての永遠の名作)」についての説明は、こちら

関連記事:「マルホランド・ドライブ」(11回目)

評価☆☆☆☆☆(5点。満点は5点)

● COMMENT ●

「マルホランド・ドライブ」

この作品はレンタルでしたが
非常に出来が良く。
サスペンスも上々。
謎掛けも上々。

最後まで楽しめた昨今では珍しい種類の
映画だと思います。

>renさん

ありがとうございます! 
大好きな映画にコメントいただくと、最高に嬉しいですねー。(って「ムーラン・ルージュ」でも言ってましたっけ。)
ねー、面白いですよね!!
2時間半ありますが、あっという間です。
これも1年に1回は観ないと…!

リンチは現在No.1

私もこの映画、ここ5年ぐらいのベスト1か2(もう一つは「エレファント」ですが)ですね、ダントツで。

何といっても、私は「イレイザー・ヘッド」からのリンチ信奉者ですが、この映画はその決定版!といっても良いでしょう。これこそリンチ・ワールドです。

今年のアカデミーの受賞作をクソミソに言ってしまいましたが、ホントに爪の垢を煎じて飲ませてやりたいぐらい。
これが映画ですよ、これが。

キング・コングは置いといて・・・というのは、ナオミ・ワッツに敬意を表しております。
だれが「マルホ・・」と「キング・コング」のヒロインを同時に演じられるでしょうか?まるで、ローレン・バコールとドリス・デイが合体したようではありませんか!(古い・・・)
こんな女優さん、今いませんよ、何が飛び出すか楽しみな人ですね。

>lalakiさん

おお! lalakiさんもベスト1か2なんでしたっけ!
嬉しいですねー! ありがとうございます!

私も、いくつかリンチ監督の映画は観ていますが、「マルホ」が断然素晴らしいですよね。スタッフ、キャストが奇跡的に、ばっちりと合って、できた映画。映画は面白いものだというのなら、まさに、これぞ映画です。

ナオミさん、この映画に出会えてラッキーでした。彼女のメジャーなキャリアは、ここから始まったといってもいいですからね。

ふっふっふ

これもDVD所持してますよん。(一応自慢しちゃお♪)
私も、当時は何回も何回も繰り返して観ましたよ。ピンポイントでシーンを絞って観たものも含めれば、もう数え切れないほど・・・。
私の謎解明の決め手は「小人」の登場でした。『ツイン・ピークス』からの流れもあるのですが、「小人は○の象徴」(○は想像してちょ)と言われてることから、漠然とあぁ~そうだったのか・・・と。

この映画で私も初めてナオミさんを知りましたけど、残念ながら、この作品以上の彼女にはいまだ巡り合っておりません。そのくらい『マルホランド~』のナオミさんは最高だったんですよ。そういう意味でも、彼女はもっともっと飛躍できる、いや、するべき女優さんだと思いますね~。

昔の記事ですが、TBさせて頂きます。

へっへっへ

うべし! 小夏さんちに記事があったのを忘れてTBしてなかったあ!
いま、TBしてきました!

小人って何の象徴なんです? あ、調べるから書かなくていいです。
ガリバーの象徴? 白雪姫? (-_-;) 良心かなあ?

これがナオミさんの最高作というのは同感。はじめに、この映画ありき、で、後がキツイのが可哀想ではありますが。
これだけ魅力的な材料が揃った映画というのも奇跡的なので、「マルホ」越えは、かなり難しいなあと思います。

きのうセの、女優

きのうセの、女優へドライブした。
しかもローラで理解された。
ではここまで理解した。

>ノーマ・ジーン

おー! コメントありがとう!
セの女優って、なんなの。野球のセントラルリーグ?
なんか知らないけどローラが好きだねえ…と思ったら、ローラ出てるね!
ローラで、ここまで理解したとは、えらい、えらい。

恐るべしBlog Pet!

ちょ、ちょっとブルッとしましたよ。
B・Pのノーマ・ジーンですか?・・の投稿。

ローラって、ローラ・パーマーのことではないのですかっ!
あの、史上最も美しいと言われた水死体美人の・・・・

もちろんリンチ作の全米を揺るがしたTVシリーズ:「ツイン・ピークス」の謎の他殺体のことですけど。
ローラも夢半ばで堕落してしまった哀しいヒロイン。
ダイアンを「ローラで理解された・・・」とは、なんと深い!!

これは「セの女優」の謎も解かなくてはいけませんな・・・。
まさにリンチ・ワールド!

>lalakiさん

これ、ノーマ・ジーンが勝手に書くんですよ。動作設定はしてますが、彼女の行動には、いちいち私はタッチしていません。(俳句も、ずいぶん、よく書きますね。)

ああ、ローラ・パーマー! 私は「ツイン・ピークス」を観ていないんですよ。それは気づかなかったなあ。
マルホランド・ドライブから「ドライブ」を取り出したところも偉い!

最後の七日間

「ツイン・ピークス」はねー、一時期凄かったですよね。
私が日本で開いていた美術の教室では、しばらく高校生達はこの話題で持ちきりだったこともあります。
アメリカでは一般視聴者が「リンチ・ワールド」のトリコになったのですから、リンチは正に現代のヒッチコック先生ですね。

しかし、もう「ツイン・ピークス」はレンタルもないでしょうね?
出来ることなら、リンチが放映終了後に監督した、「謎解きのはずが、謎を謎のままにした」=「ローラ・パーマー最後の七日間」がオススメです。
ちょっと、冗談ぽい造りですが、「マルホ・・・」に一番近い作品はこれかも知れません。

デビット・ボウイがゲストでいい味だしてますし、なんとリンチ自身も登場し、「難聴で、しゃべる声の抑制が利かない捜査官」というキャラを演じています。

>lalakiさん

「ツイン・ピークス」、レンタルにはないかもしれないですね。ちょっと古いですし。少し前にWOWOWでやりましたが観てませんでした。長いし…。
「ローラ・パーマー~」は、「ツイン・ピークス」を観てないと分からないかと思って見過ごしています。今度、観てみます。
デビッド・ボウイ…リンチ・ワールドに似合っていそうです!

*拝読しました

★ボーさん、こんばんは。

少々ご無沙汰しておりました。

先ほど、本エントリーと、HPでの『マルホランド・ドライブ』評、しかと拝読させて頂きました。

間もなく、11日間の会期を終えようとしている「ヴェネチア国際映画祭」では、まさしく、長編映画としては『マルホランド・ドライブ』以来5年ぶりとなる新作“Inland Empire”も初御披露目となったようですね!(―本作にチラと触れたエントリーがありますので、後ほどTBさせてください!)

そして、この“Inland Empire”、ウェブ上の解説などを観る限りでは、『マルホランド…』同様、ハリウッドに舞台に置かれた、一人の女優(ローラ・ダーン)が夢と現実の世界を旅するミステリー…と
でも云ったものらしく、もう、おそらくは来年スクリーンで目の当たりに出来るかと思うと、今からわくわくとしてしまうばかりです!

***

僕に取って、『マルホランド・ドライブ』とは、大まかに言えば、「謎」と言うもの自体が映画という形をもって示されている映画に思え、そのパワフルな謎めき方そのものの魅惑は言葉に言い表わしようがなく、だからこそ、この映画の謎めきようそのものの醍醐味が他者に少しでも伝わるようなものをいつかポンと書き示してみたいですねぇ…。

>まるで違うように思える2つの話が、どういう関係なのかが分かれば、
>この映画は理解できる。

>>自分なりの解釈が生まれたら。最高のスリルになる。

まさしくそうですよね。

>HPで、ちゃんと書いた(といっても、ミステリアスなままにしておいたが)

HPでの本作評、まさにここいら辺の言葉そのままに思えじわり痺れました。
この『マルホランド…』に心奪われたボーさんならではのものですね。

それではまた~♪^^

>ダーリン/Oh-Wellさん

リンチ監督の新作情報、はじめて知りました。
それは楽しみです!

「マルホ」感想を読んでいただいて、ありがとうございます。
この映画は、ハマるほどに大好きになる作品ですよね。映画を楽しむ、ひとつの方向の頂点、のような思いがします。

ところで、ダーリンさんのブログにコメントしようと思いましたら、IDかURL設定で拒否、とかなんとか出てしまいました…。

TBありがとうございました

>映画館では6回、DVDで3回鑑賞、今回が10回目だった。

うは~、凄いですねえ!僕はDVDで2回観ただけなんですが、確かに何度も観たくなるタイプの作品ですね。

1回目に観た時は「ん?」という感じだったんですが、2回目で少し意味が分かりました。観る度に新しい発見が有りそうですね。

>タイプ・あ~るさん

コメントありがとうございます。
まさに、ハマってしまいまして。
なんだか、いろんな面で、ひかれてしまったのです。
説明がつかない(存在しない)(らしく見える)ことも、また面白かったりします。
本当に、何回も観たい映画ですね。

今さらですが・・・

さすがボーさん、相当な回数、ご覧になってますね~
HP感想と短評も拝見して、またマルホの世界を楽しみました!

私はレンタルだったので、返却期限の関係で、3回しか観られませんでした。
ほんと、今でも観直して、確かめたい部分があるんですよ。

私は謎の多いストーリー展開も面白いと思いますが、
シュールな映像自体も好きで、ゾクゾクします。
色使いやスモークや光影など、とっても魅惑的ですもんね!

こういう刺激的な作品にもう一度めぐり合いたいものですが、
「インランド・エンパイア」はたいした事がないようで、残念です。

>YANさん

いろいろ読んでいただいて、ありがとうございます。
自分の好きな映画は、人に読んでもらうのも、とくに嬉しいですね。

このDVDは、速攻で買いました。ふだんは、なかなか買わないんですけど。
でも特典が少ない。監督のインタビューがありますけど、たいしたこと言ってないし。

「インランド・エンパイア」、私はつまらなかったですけど、それは、やはり自分で確かめてみないと! 面白いかもですよ?

一度っきり

この映画、一度しか観ていなくて、しかもまるで夢みたいにお話が断片化されているので、うーむ、もう一回観た~いとずっと思いつつ、それが果たせずにいる映画の一本です(^^;
うわっ、ボーさん、11回もご覧になったんですね。
近所にレンタルショップが無くなってから、借りて観るってことがなくなっちゃいましたが、そうか、買うって手がありますね。

>kiyotayokiさん

これは、話の仕組みをネットででも調べて、理解してから見ても面白い、いや、かえって分かっているほうが見ていて面白いと思います。
分からないままでいると、ものすごく、もったいないですよ。

そういえば、本作のテレビ放送って、これまでに、あったんでしたっけ?
私なら、買っても、まるで、もったいなくないですけどね! もちろん。

再見させていただきました♪

おかげさまで再見させていただきました(^_^)v
改めて観てびっくりしたのは、ホントに断片的にしか覚えていなかったこと。
なので、初めて観るかのように楽しませてもらいました。
本気モードで観たので、初めての時よりいくらか理解できましたが、
それでも謎がいっぱいで、これは2度、3度と見ざるを得ない作りになってますね。
お返しするまでにもう1回か2回観たいと思っております。
ありがとうございました♪

>kiyotayokiさん

記事にしていただき、ありがとうございます。
楽しまれたのは、何よりです。
根本的な問題は解決しているようですから、何回か見ていると、多分わかってきますよ。いろんなことが。
基本的に、前半のお話は、すべて「彼女」の気持ちに沿って作られている、ということですよね。そこからスタートして推測していけます。

コメントありがとうございます

ボーさん☆
10回目ですかーっそれはすごい!
私もさっそく2度目を見ましたが、確かにますますというか、どんどん面白くなってきますね。
でも2度目ではまだまだなのですね。
ナオミ・ワッツの演技が本当に素晴らしかったです。
さーて、では3度目を見ようかな・・・

>ノルウェーまだ~むさん

これ、10回目で、いまのところ全部で11回見ているのかな…?
おもしろくなってきました? はまっちゃいそうですね?
マルホ仲間(なんじゃそりゃ)になりましょう!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/595-c02a6b9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マルホランド・ドライブ (2001年、米)

原題: MULHOLLAND DR.監督: デイヴィッド・リンチ出演: ナオミ・ワッツ    ローラ・エレナ・ハリング    アン・ミラー     ジャスティン・セロー 【STORY】濃密な闇に覆われた真夜中の山道を走る一台の車。やがてぼんやりとしたヘッドライトに浮かび上がる

■〔映画雑談Vol.24〕「2006年・第63回ヴェネチア国際映画祭」関連メモ―その2 & mo...

〔?〕ついに、『メトロポリス』(1927/フリッツ・ラング)のDVD発売!!!〔?〕「2006年・第63回ヴェネチア国際映画祭」関連メモ―その2(※授賞式放映予定、デヴィッド・リンチ監督関連、“Exiled”〔ジョニー・トー監督、アンソニー・ウォン他出演〕関連etc.)→その1は

マルホランド・ドライブ

『マルホランド・ドライブ』は不可解極まりない映画である。映画を観終わった後は「?」マークが続出し、数々の謎を解こうと奮闘するが、“答え”は決して出てこない。この映画には「正解」など存在しないのだ。ただ一つだけ言える事は、「ナオミ・ワッツのおっぱいは素晴ら

マルホランド・ドライブ

監督:デヴィッド・リンチ          製作:2001年アメリカ出演:*ナオミ・ワッツ *ローラ・エレナ・ハリング *メリッサ・ジョージわたしのあたまはどう...

【無料映画】マルホランド・ドライブ 「主語を見つける為の動詞だけの断片」

難解と言うのは答えが有るから難解という訳で、この映画は立方体のルービック・キューブでは無く、平面のジグソー・パズル。本体のパズルから、わざわざ数枚のピースを抜いておいて...

マルホランド・ドライブ

★★★★  田舎町のジルバ大会をトリミングした、オープニングシーンが面白い。ちょっと太めの女の子がシャカリキになって踊りまくる。飛んだり跳ねたり、逆さまに飛びついたり、パンツが見えそうで見えない。 このポジティブなダサさが、これから始まるネガティブな本編に

『マルホランド・ドライブ』(2001 米)

ブログで行き来をさせていただいている方と直接お会いする機会って滅多にないのだけれど、 その滅多にないことが先週末、実現した。 お相手は、ママリン・モンローをこよなく愛するボーさん。 ボーさんとお会いしたのは、今度で3回目だけど、お会いする場所は毎回決ま...

デヴィッド・リンチ、『マルホランド・ドライヴ』(2001年)の箱と鍵の正体について語る:David Lynch, Catching the Big Fish: Meditation, Consciousness, and Creativity (Tarcher, 2006)

○デヴィッド・リンチ、『マルホランド・ドライヴ』(2001年)の箱と鍵の正体につ

マルホランド・ドライブ/MULHOLLAND DR.

リンチ大好き あ、デヴィッド・リンチのコトね この映画、5年前の公開作品。 劇場で観た時から気に入って、DVDもサントラも持ってるんだけど、ずーっとここの おすすめコーナーに入れたくてレビュー書こうと思ってたけど どう書いていいやらこれがなかなか難しく...

マリリンに花束を «  | BLOG TOP |  » 『エミリー・ローズ』DVD、7月19日発売!(BlogPet)

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード