fc2ブログ
topimage

2024-02

戸田奈津子さんと「荒馬と女」 - 2006.10.24 Tue

さきほどNHKテレビをなんとなく見ていたら、「クイズ日本の顔」という番組のゲストが映画字幕翻訳家の戸田奈津子さんだった。

彼女のデビューは、フランシス・フォード・コッポラ監督の「地獄の黙示録」(1979年)。
でも、字幕翻訳家の大御所、清水俊二さんに弟子入りした戸田さんが、はじめて字幕翻訳を少しだけ手伝ったのが、なんと、マリリン・モンローさん主演の「荒馬と女」だったというのだ!

それで清水さんから、ほめられて、その後の戸田さんがある、ということなのかな。

これは知りませんでした。戸田さんの字幕翻訳のキャリアに、なんとマリリンの映画が関わっていたとは!
嬉しい驚き。
ノーマ・ジーン、失礼だよ?
ノーマ・ジーンのセリフ追加。→
意味が分からないけど、なんか失礼だよ、呼び捨てだし!?

戸田さんの字幕翻訳といえば、最近は、おかしい訳があるというバッシングもあるけれど、彼女の仕事のおかげで私たちは映画を楽しめているところもあるわけです。
今後も、一所懸命に、いい字幕を作ってくださいよ!

● COMMENT ●

きのう、ここにゲ

きのう、ここにゲスト翻訳したいです。
ここにフォードはバッシングした。
ここにフォードの映画を翻訳しなかったよ。

ここにゲ???

こんばんは。

コメントのタイトルに強い強い興味を惹かれてしまいました。
なぜかというと、最近強烈なる風邪でゲ○(すみません・・)の悪夢を味わったばかりだからです。

ノーマ・ジーンは昨日ここにゲ○したのか?
本気で心配しています。
だいじょ~~~ぶ~~~~?

ボーさんもお気をつけてね。
(ん、何に気をつけるのかな?ゲ○にってこと?←しつこいっ)

>ノーマ・ジーン、こころさん

ノーマ・ジーン、映画、翻訳と、ちゃんと記事に合ったコメントしてるね!
ジョン・フォード? 知ってるの? すごいねー!

こころさん、すいません、最近ノーマ・ジーンはタイトルを途中で止めるんですよ。「ここにゲゲゲの鬼太郎」ですかねえ?
またヘンなこと言ってたので、画像を追加しておきました。
風邪、流行ってます。お大事にしてくださいね。ノーマ・ジーンは見たところ、だいじょうぶのようです。おしゃべりも相変わらずですし。
私は多少、風邪引きそうですが葛根湯で対処してます。ゲ○は、だいじょうぶ!

戸田さんの原点がマリリン絡みとは!

私も知りませんでした。マリリンの映画でも難解な作品から入ったんですね。マリリンの声優の向井真理子さんも最初のマリリン映画が「荒馬と女」だったそうです。
以前戸田さんがラジオ番組のゲストで出ていた時、本人のリクエスト曲として「ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番」がかかった事があったんですよ。マリリンファンとしてはあの映画!と思ったのですが、残念。「此処より永遠に」のほうでした。
戸田さんのお気に入りの映画は「第3の男」で、印象に残った仕事では「ゴッドファーザー」をあげていました。マリリンの話を期待していたのですが、その時は出ませんでしたねえ。
翻訳の誤訳が指摘される事が多いようですが、日本語での表現の難しい内容が多くて大変だという話もしていました。その国の文化や歴史が分からないと理解出来ないジョークがよくあるそうで、それをいかに日本語で、限られた字数で表現するかが難しい、けどパズルみたいで楽しいと話してました。時には内容そのものを変える場合もあるそうで(前後の話題からやむを得ずだそうですが)そういうのが誤訳扱いされているみたいですね。

ノーマちゃん、マリリンの話題になるとなんだかコメントするような気がしますが…分かってるのかなあ…

>たけしさん

戸田さんがゲストなので、番組をちゃんと見てました。
「荒馬と女」については、映画のスチール写真も映ったので、幻聴ではないと思われます(笑)。
「荒馬と女」の字幕自体は、清水俊二さん訳になっていますから、ほんとに、ちょっとだけ手伝ってみたようなものなんでしょう。
字幕は1秒4文字の短さにしなければならないし、日本にないジョークの場合も大変ですよね。
「ロード・オブ・ザ・リング」のときに原作ファンから、訳について厳しく言われたこともあったようで…。

ノーマ・ジーン、どうでしょう。分かってますかねえ。ネコだし…。

そういえば最近、

戸田奈津子さん以外の字幕映画を観る機会が増えたような・・・?

「ロード・オブ・ザ・リング」のときのバッシング原因は、サムですよ、サム。(笑)
ややフロドの使用人的立場のサムが、当初の字幕ではほとんど同等っぽく訳されていたみたいで、
「そんなのサムじゃなーーーーいっ!」という大ブーイングが。(^^;
さすがにあの時は、戸田さんが少々可哀相になりましたです。

昔は

映画館で「字幕:戸田奈津子」の字を見るだけでなんとなく嬉しくなったものですが、最近は別の方も増えましたね。
戸田さんの字幕といえば、「フルメタル・ジャケット」でキューブリックからダメ出しが出て、別の方が翻訳しなおした件が有名でしたっけ?
あと「オペラ座の怪人」でpassion play=受難劇を、「情熱のプレイ」って訳しちゃったんですよね。キリスト教徒じゃないから私も受難劇なんて知らない~。「情熱のプレイ」、色っぽくていいじゃないですか。(^^)

>小夏さん、紅玉さん

小夏さん、字幕翻訳家の人数自体が増えているのでしょうか。それとも戸田さんが、やっと譲ってくれるようになったのか。(笑)
ああ、サム! アイ・アム・サム。違うって! フロド様~。
作品が大きければ、それだけ字幕翻訳も大変ということですね。

紅玉さん、ああ、「フルメタル・ジャケット」もそうでした? あれは映画の訳は難しかったでしょうし、監督が、こだわり屋だしねえ。
「オペラ座」でも、そんなことが!? 知らなければ間違いますよね。難しい仕事です。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/670-469e14b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最もセクシーな世界の美女100人 «  | BLOG TOP |  » 「ブラック・ダリア」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード