FC2ブログ
topimage

2020-03

「007/カジノ・ロワイヤル」 - 2006.12.01 Fri

DVDジャケット
記事のタイトルを見たら、いまの時期、きっと新しい007映画だと思うでしょうね…。
違います! カジノ・ロワイヤルには、れっきとした前作があるのです! オールスター・メンバーによる、パロディの大傑作が!

下記の出演者を見てもらえば分かるように、ものすごいスターが出てますよ。一応、活躍度が大きい順を基本にして、好きな順も加えて、並べてみました。
当時、007の原作は、この「カジノ・ロワイヤル」1本の権利だけが、違うプロデューサーの手に渡っていて、彼は、ものの見事にパロディ映画にしてしまったのでした!
監督が5人! 大物監督のジョン・ヒューストンが出演までしているのが、すごい。彼がどの程度、監督したのかは分からないけどね。(たぶん、ちょっとだけだろう。自分が出ているシーンだけかも?)

音楽が素晴らしい。担当はバート・バカラック。
ダスティ・スプリングフィールドが歌う「恋の面影」(“The Look of Love”)
なんて聴いてごらんなさい、ロマンティックなムードに、とろけちゃいます。知らない人、いないでしょう。絶対、聞いたことありますよ。
メイン・タイトルの曲も、ごきげん、そのもの。メイン・タイトルを繰り返すエンディングも、歌が一部入って、おしゃれ!
私にとっては、映画音楽のオールタイム・ベスト10には入りますね、本作は。

ふざけた演技など、しそうにないデボラ・カーが、真面目に、ふざけた演技をしているなんて、面白いにもほどがあるでしょ。彼女が尼僧になる、というのは「黒水仙」のパロディだし。こういうお遊びには、ニヤリとしちゃいます。

ピーター・セラーズはお得意の変装も見せてくれるし、ウディ・アレンは気弱なキャラクターでおかしな演技をやるし。
ボンドの敵ルシッフルを演じるオーソン・ウェルズは嬉々として、いかさまバカラ&うさんくさい手品をやってたり。
女性陣は、紹介済みの、大人の女デボラ・カーをはじめ、本物の初代ボンドガールのアーシュラ・アンドレス、ボンドとマタ・ハリの娘マタ・ボンド役のジョアンナ・プティット、捕われ娘ちゃんのダリア・ラヴィ、マニーペニー(の娘)バーバラ・ブーシェ、ちょい役だけど印象的な「ミス太もも」ジャクリーン・ビセット、どこに出てたか分からないけどキャロライン・マンローなど、色とりどりで楽しめます。

腕時計の秘密兵器をテストする場面、操作を間違えたところで、「お熱いのがお好き」の名ゼリフ。“Nobody's perfect.”と来たもんだ。「完璧な人間はいない」ということですね。本作では「誰にでも間違いが」という意味で、そういう訳になってたけど。
ベルリンへタクシーで行って、西か東か? 西なら行こう。なんて、ベルリンの壁があった時代のユーモアですね。
ラストは、どたばたの大騒ぎ。インディアンの描写は陳腐すぎて、多少差別を感じて気にいらないが。ここでジョージ・ラフトジャン=ポール・ベルモンドがゲスト出演。

ピーター・オトゥールがピーター・セラーズに向かって「あんた、リチャード・バートン?」と聞くと、ピーセラが「いや、ピーター・オトゥールさ」と言い、オトゥールが「じゃあ、あんた最高だよな!」と返す、なんて場面もあるぞ。

ナンセンスなのも、これくらい豪華に、真面目にやってくれると、敬意を表さずにいられない傑作。

WOWOWが、007新作公開に乗っかって、この「カジノ・ロワイヤル」を放送する。12月2日と13日の朝。まあ、観てください。こんな映画とは思わなかった、と、だまされる人も多いんだろうなあ。(笑)
でも、こういう映画を面白がるのが、いいんです。

(11月23日)

CASINO ROYALE
1967年 イギリス作品
監督 ジョン・ヒューストン、ケン・ヒューズ、ロバート・パリッシュ、ジョセフ・マクグラス、ヴァル・ゲスト
出演 デビッド・ニーブン、ピーター・セラーズ、アーシュラ・アンドレス、デボラ・カー、ジョアンナ・プティット、バーバラ・ブーシェ、ダリア・ラヴィ、オーソン・ウェルズ、ウディ・アレン、ジャクリーン・ビセット、テレンス・クーパー、ウィリアム・ホールデン、ジョン・ヒューストン、ジョージ・ラフト、ジャン=ポール・ベルモンド、シャルル・ボワイエ、キャロライン・マンロー、ピーター・オトゥール

トラックバック:
goo映画様、映像全般を楽しもう(ブログペットのグループ)

この記事の分類「映画感想(私にとっての永遠の名作)」についての説明は、こちら

評価☆☆☆☆(4点。満点は5点)

● COMMENT ●

これはすごいキャストですね。

思いっきり悪乗りしてしまったんでしょうか。

みてみますね。

>bobさん

はい、悪乗りというか、真面目に、おばかをやってます。
バカバカしいだけの駄作と思う人もいるでしょう。あの俳優が出てるなあとか、映画ネタとかを知らないと面白みは減る作品でもあります。
たとえばライオンが出てくると「野生のエルザ」のメロディが一瞬流れたり。

全面全方位的支援!!

此全映画的明星映画即全歴史的大傑作故全映画同好同士必鑑賞!
我不厭全面的支援!!
興奮達頂点我同一!!!

>lalakiさん

いつ中国の人に、ならはったアルカ?
だいたいの意味は分かりますけど!?

マイ父が

強烈な「007」シリーズファンなのです。
昔、まだDVDが出てない頃、お正月かお盆か忘れたけど、親戚が集まった席で映画鑑賞会(?)みたいなものをやったときにコレを見せられました。(^^;
そのときはやたらドタバタしてるという印象しかなかったのだけど、今観たらまた違う感想を抱くものかしらん?あれはあれで決してキライなノリじゃないですが。(笑)

でも、一つ疑問は新旧どちらも原作イアン・フレミングでクレジットされてること。これって全く別モノですよねぇ。(^^;

>小夏さん

007ファンのお父さん、すごい入れこみようですね。
今回の新作も当然チェックでしょうか!

今度のは原作に近いらしいですが、前回のパロディ作品は、ボンドというキャラクターが出るのと、ルシッフルとバカラ勝負をするあたりを原作からもってきたくらいではないでしょうか。原作は読んでないので分かりませんが。
原作というより原案、ヒントくらいではないかと思われ。

あ、これですかー★

どなたかの記事でチラッとだけ聞いたことがあるのですが、ボーさんは絶賛されてるんですね。
記事Upありがとうございました。
雰囲気が伝わりましたよ。

>とらねこさん

ありがとうございます。はい、これです!
力が抜けそうなくらい、ナンセンスな、適当な作品です。
真面目な007の風上にも置けないようなものですので(風下に置いてください)。
少なくとも音楽は、いいですよ~。
でも、この映画に出ている俳優たちを知らない世代には、もはや受けないかもしれませんねえ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/709-3b4dc4d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

番外編『007 カジノ・ロワイヤル』 ~まさかズラが飛び去り、宇宙船が飛んでくるとは~

権利の関係でMGMではなくコロンビアによって制作された旧『カジノ・ロワイヤル』。3人の脚本家と5人の監督(一説ではもっと多くの監督がいたとも言われている)によって作られた本作は――当たり前ながら――混乱を極め、原作とも正規シリーズともかけ離れたドタバタコメ

「007 カジノ・ロワイヤル」ボンドの心に迫る傑作!肉体駆使のア...

「007 カジノ・ロワイヤル」★★★★オススメダニエル・クレイグ 、 エヴァ・グリーン 、 マッツ・ミケルセン 、 ジュディ・デンチ出演マーティン・キャンベル 監督、2006年、アメリカ イギリスプロだって、なりたてのアマちゃんだった時はあるもの、今回のボ...

「日暮らし(上)(下)」 宮部みゆき «  | BLOG TOP |  » 指定型バトン「ミュージカル」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード