FC2ブログ
topimage

2020-02

「日暮らし(上)(下)」 宮部みゆき - 2006.12.02 Sat

「日暮らし(下)」カバー
宮部さんの、江戸・深川を舞台にした時代小説。
単行本で上下巻2冊という量なのだが、文字も大きいし(笑)、それでなくとも、宮部さんのあったかくて、しみじみとする人情時代劇は、どんどん読みたくなる。画像は下巻。

この「日暮らし」、「ぼんくら」という本の続編だというのを、読み始めてから知ったのだが、先を読みたくて、途中で止められるものではなく、読了した。

同心・井筒平四郎、超美形の甥・弓之助、おでこの三太郎、佐吉、お恵、お六、岡っ引・政五郎など、みんな生き生きと息づいている。作者の温かみや、基本的な品の良さ(人の良さか?)が大きく反映しているのだろうか。

連作短編が続いたあと、比較的長い話で締めている構成。
前作「ぼんくら」を読んでいたら、もっと感情移入できたかも。でも、これだけでも上等な作品。

いちばん良かったところを紹介してみる。平四郎は、ぎっくり腰なので、釣り台(板でしょうかね?)に乗せられて運んでもらっている。

『…それにしてもいい気分だ。釣り台の乗るのは癖になる。寝っ転がって、青空を仰いで、どこへでもぶらぶらと運んでいってもらえるのだから。
みんな、毎日をこんなふうに暮らせたらいいのになぁ。
でも、そうはいかねえんだよなぁ。
一日、一日、積み上げるように。
てめえで進んでいかないと。おまんまをいただいてさ。
みんなそうやって日暮らしだ。
積み上げてゆくだけなんだから、それはとても易しいことのはずなのに、ときどき、間違いが起こるのは何故だろう。
自分で積んだものを、自分で崩したくなるのは何故だろう。
崩したものを、元通りにしたくて悪あがきするのは何故だろう。…』(本文より引用)

のんびりとした平四郎の性格が、ほのぼのさせるし、地道な暮らしで生きていって、それでも、うまくいかないことがある、そんな人生に思いを至らせる文章。
「日暮らし」に縁のないような、たとえば、苦労のない金持ちなんかには分からない話かもね。

(11月21日読了)

トラックバック:
本が好きな人(ブログペットのグループ)

● COMMENT ●

ぼんくらの続編

が出ていたのですね。
宮部みゆきさんは好きな作家のひとりです。
舞台の江戸深川情緒がとてもいい雰囲気ですよね。

余談ですが、「ぼんくら」が書店に並んだ時、読むまでのしばらくの間ずっと「ぼくんら」だと思っていました。
青春小説みたいな題だなー・・と思っていましたが、ああカン違いでした(笑)

>こころさん

記事を書いたとたんにコメントありがとうございます!
グ~ッドタイミング!
宮部さんは、読みやすいうえに面白い。人気作家として、最高の資質ではないでしょうか。

「ぼくんら」って、いいですねー。そういう勘違いは、とっても微笑ましいです!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/710-d72b3519
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「残菊物語」 «  | BLOG TOP |  » 「007/カジノ・ロワイヤル」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード