FC2ブログ
topimage

2019-09

「アダプテーション」 - 2005.03.14 Mon

ADAPTATION.
2002年 アメリカ作品
監督 スパイク・ジョーンズ
出演 ニコラス・ケイジ、メリル・ストリープ、クリス・クーパー

脚本家チャーリー・カウフマンを、ニコラス・ケイジが演じる。しかも双子の弟の脚本家までいて、ケイジの2役。
チャーリーは実在、弟のほうは創作だから、早くも、虚実がごちゃまぜ状態。どの役、どの話が、本物なのか嘘なのかを調べると面白いと思う。(え、○○○の役って実在なんだ!と私は、びっくり。)

脚本家が書き出しに悩んだり、妄想に陥ったり不眠になったりで笑える。さらには脚本家講座に出席したり。ダーウィンまで出てくるし。(笑)
チャーリーが自信がなくて情けないのに対して、弟は楽天的でモテる。この2人(2役)が一緒の画面に映る場面が多くて、絵的にも面白いし、私などはどうやって撮るのか、あまり知らないから、すげー技術だなと驚いてしまう。

蘭の収集家を取材した本を脚色しようとする話で、原題は「脚色」と植物の「適応」、そして本の作者の「適応」までも意味しているか?
脚本家の情けない苦労話でおかしいだけかと思ったら、ラストは急展開で、ちょっと違う味に。
ニコラス・ケイジの2役、面白い!

カウフマンは、もうすぐ公開の「エターナル・サンシャイン」の脚本家でもある。新作も期待できるかな?(3月13日)

評価☆☆☆★(3.5点。満点は5点)

● COMMENT ●

カウフマン

アダプテーション、はまりましたよ~。僕は大好きでした!
カウフマンの奇抜なアイデアや展開、彼独自の世界観にはいつも驚かされます。
いい意味で、どういう頭の作りしてるんだろー!?と思います。
そんな訳で間もなく公開の「エターナルサンシャイン」も今から楽しみでたまりませんし、予告を見る限り相変わらず奇想天外なカウフマンワールド炸裂してそうですよね。ジムキャリーもうまくはまりそうな気がしています。
(^^)

>mobeerさん

コメントありがとうございます。
チャーリー・カウフマン、ユニークな脚本家ですよねえ。
「アダプテーション」、観ているときは、弟も本当にいるのかと思っていました。なにしろ、スタッフに名前が書いてあるし…。「マルコビッチの穴」の撮影シーンを(たぶん)わざわざ再現してたり、凝ってます。

「エターナル・サンシャイン」のジム・キャリー&ケイト・ウィンスレットのコンビは楽しみです。

あれ、かなり昔の記事ですね~、私もやっと観ました☆
で、結論から言うと「なにがなんだかサッパリ」だったんです。
兄と弟の見分けもつかないし、んもうゴチャゴチャ。
「マルコヴィッチの穴」の撮影現場を再現してるシーンは楽しかったですが・・・
あれって後から再現したんですよね?
もしかして「マルコ~」と平行して撮ったの?と思うくらいそのままでした♪

そんなトンチンカンな自分のブログにTBというのもどうかと思ったんですが
とりあえずいっちゃえ~

>わさぴょんさん

もう、あまり覚えてないのですが、一応、解ったつもりでいたような気がします…。
「マルコヴィッチの穴」は再現なんでしょうね。
実在の脚本家が、自分をネタにした脚本を書いたということでしたかねえ。
終盤は、なにか対決してたような覚えが…。
星3.5つけてるから、面白かったはずですね!(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/73-cf61c3a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アダプテイション

カウフマン&スパイクジョーンズというマルコビッチの穴コンビの奇作です。マルコビッチの穴をある意味越えてる奇想天外さ、正直最初の方は「訳分からん!?」って感じもありますが、それでもガンガン引き込んでいって好奇心をそそって離しません。脚本の執筆に悩むチャーリ

「アダプテーション」・・・45点

アダプテーション【廉価版2500円】販売元:アスミック発売日:2006/01/

アダプテーション

 『「マルコヴィッチの穴」の驚きを凌ぐ はずが…… 困った、書けない。』  コチラの「アダプテーション」は、「マルコヴィッチの穴」の監督スパイク・ジョーンズと脚本のチャーリー・カウフマンが、女性作家スーザン・オーリアンの蘭泥棒を巡る類なき事件を描いた狂...

クンシランのつぼみ «  | BLOG TOP |  » 「ぼくの美しい人だから」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード