FC2ブログ
topimage

2021-01

「殺しのドレス」 - 2006.12.25 Mon

ポスター
1981年の10月に観て以来だから、かれこれ…えーと○○年ぶりの再見。てことは、劇場公開されたときに観たのか。覚えてないけど。
デ・パルマ監督の、この頃の一連の作品には、映像の見せ方やサスペンスの面白さなどで映画的な興奮があって、いまだに興味を引かれる。
それは通俗的といってもいいのだけれど、いかにも映画の面白さなのだ。

映画は、のっけからアンジー・ディキンソンのシャワーシーン。シャワールームの外に見える男の体を見ながら、彼女は自分の体を撫で回し、洗う。エッチである。ここはボディ・ダブル(部分的に代役)なのかも。
「キャリー」(1976年)でも聞かせたリリカルなメロディは、ピノ・ドナジオのスコア。どちらの作品もオープニングがシャワーシーン! いいねえ。

欲求不満の人妻である彼女が、美術館で行きずりの男と出会う場面。男と女の駆け引きが面白い。
自分があからさまに誘っているとは取られたくない彼女。彼女の望みを感じながら、遊んでいるように、じらす男。
無言のゲームを映像の力で見せるテクニック。
嬉しいんだろうけど、タクシーに収まった2人、車の中で、いちゃつきすぎ、エロすぎです。(笑)
不倫帰りのアンジー・ディキンソンとエレベーターに乗り合わせる親子。小さな娘が何度も何度もアンジーさんを振り返って見るのが、じつに思わせぶりで不安感をかもしだす。

ショッキングな殺人を目撃するのがナンシー・アレン。彼女はデ・パルマ監督の「キャリー」に出演したあと、監督と1979年に結婚。そして、この作品と「ミッドナイト・クロス」(1981年)とで連続してデ・パルマ作品に登場する。
彼女が、犯人とチンピラたちとに二重で追われる地下鉄の場面もスリルがある
目撃者として犯人に狙われる彼女は、科学オタクのアンジー・ディキンソンの息子と組んで、犯人を探す。ハリー・ポッターの映画が作られた今だから言える話だが、この息子、ハリー・ポッターに兄がいたら、こんなふう、みたいな風貌。

忘れちゃいけないのが、精神分析医のマイケル・ケイン。
殺人犯が彼の患者の中に…? でも守秘義務があるから、警察には何も言わず。いいのか、それで?
つい先日観た、本作から26年後の「トゥモロー・ワールド」でも元気なケインさん。息が長い名優だ。1956年デビューだから、もう俳優生活50年

ヒッチコックの「サイコ」や「裏窓」などを思わせるシーンも見もの。当然、意識して作ったんでしょうね。

けれん味たっぷりのエンディングのサスペンスも上々。もしかして、あれか? ああいうことか? とも思ったりするが、楽しめる。それが、この頃のブライアン・デ・パルマなのである。

dressed to kill というタイトルは、インパクトのある響きに思える。殺しのために装う、ということか。そういえば、殺人者はサングラスなどもしてましたが…。

アンジー・ディキンソンさんが、SF・ファンタジー・ホラー・アカデミー賞の主演女優賞を受賞。

(12月16日)

DRESSED TO KILL
1980年 アメリカ作品
脚本・監督 ブライアン・デ・パルマ
出演 マイケル・ケイン、ナンシー・アレン、アンジー・ディキンソン、キース・ゴードン、デニス・フランツ

トラックバック:
殺しのドレス@映画生活様goo映画様、映像全般を楽しもう(ブログペットのグループ)

追加トラックバック:
紅玉の甘い戯言様

評価☆☆☆★(3.5点。満点は5点)

● COMMENT ●

これは奇遇ですね。

私もつい最近、「殺しのドレス}DVDが出ておりましたので、買い求めました。
その時一緒に買ったのが「ブラック・ダリア」と「チャイナ・タウン」!
ミステリー週間というわけでもあるまいし、よくこれだけ重なったものです。

「ブラック・ダリア」は「チャイナ・タウン」と同じ。才能ある監督が、一度はハード・ボイルド・ミステリーの定石にのっとて映画を作ってみたいのでしょうか、両方ともその定石映画としては素晴らしい出来ではありますが、どっちもデ・パルマの、ポランスキーの、個性的な完成を持つ独特の映画とはいえないものになってますな。

やっぱりデ・パルマはこうでなくちゃね。
私は、アンジー・ディッキンソンが間男が乗っているTAXIに目をやるカメラ・アイがチラッとだけ、ナゾの金髪女を映し出しているところなど、鳥肌がたちますよ。
「ファム・ファタール」はまだ良かったんですがね。
デ・パルマも年取っちゃったのかな。

メリークリスマス♪

これはデ・パルマ監督が尊敬するヒッチコック監督に捧げたような映画でしたね♪
いやしかし、ナンシー・アレンとデ・パルマ監督が夫婦だったとは知りませんでした。
じゃあナンシーのシャワーシーンは監督の自慢だったんですね。「キミたちにもこれくらいは見せてあげようかね。あとはワシだけのもんだけどね」な~んて(^~^;

>lalakiさん、kiyotayokiさん

lalakiさん、「ブラック・ダリア」は、「殺しのドレス」の頃のデ・パルマとは違ってますからねえ。
下手をするとB級テイストに近寄りながらも、単純に、面白さを持っている魅力のある映画たちが懐かしいです。
謎の金髪女…思い出してみると、あの格好はアヤシすぎます。(笑)

kiyotayokiさん、メリー・クリスマスです!(まだ25日!)
デ・パルマ監督がヒッチコックと関連づけて論じられるようになったのは、この映画の存在も大きいです。
ナンシー・アレンはデ・パルマ監督と数年で離婚しちゃいました…きれいで自慢したくなるのも分かりますが、これは映画監督としての自慢の仕方ですよね!

ようやく観ました。

細部をかなり忘れてたので新鮮でしたね。
もちろん「真犯人が誰」というのは忘れるはずもありませんが、ラストシーンでナンシー・アレンが見る夢についてはほとんど忘れかけてましたからね。
いやー改めて思ったけどあのシーンは秀逸です。「白いシューズ」の使い方もナイスだし、ラストで金髪美女(?)が映し出される鏡の用い方も素晴らしいッス。
久々に面白いサスペンスを堪能したぞ!という気持ちになりましたね。

>小夏さん

おっ、ご覧になったのですね。
私も、ぼんやりとしか記憶になかったので、初めて観るのに近い感じで面白かったです。
「キャリー」などに使っている手を、なんのためらいもなく、また使うところもスゴイというか偉いというか。
ハッタリを利かせた味(けれん)がキレイに決まる監督ですねえ。

Dressed to kill

ご無沙汰しております。

およそ10年前の記事ですか。随分昔にソフトを手に入れましたが、全然見なかったですよ。僕も公開時に映画館で観た作品です。全く陶酔した作品です。でもやたらに高い☆★は進呈しない。それが僕のデ・パルマに対するスタンスでした。
それでもこの頃のデ・パルマは大好きで、「ミッドナイト・クロス」も映画館で観ましたよ。

>dressed to kill
というのは本来「着飾って悩殺する」という意味の慣用句ですが、この作品では洒落て、悩殺ではなく本当に殺してしまうわけです。

>オカピーさん

ごぶさたしております。最近TBばかりですが、ちゃんと読んでいますよ!
改めて10年前と言われると、もうそんなに…と感慨深いものがありますね。
デ・パルマ、好きでした。「アンタッチャブル」でしたっけ、そのときは、なんで、そんな方向に行っちゃうんだ?と思ったものです。

あ、悩殺ですか。なるほど!
そうすると、ひねった題で、いいですねー!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/740-cda9b020
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

念入りに装うのは何のためなのか?

「殺しのドレス」を最後まで見終わった。やっぱり面白いなぁ。“Dressed To Kill”という原題だが、これは英語の慣用句で「念入りに装う」という意味なんだと、当時学んだ。あのころは、映画を見ている間くらいは最低限は英語が聞き取れたのだが、今は、前にも書いたように

殺しのドレス

1980年製作のアメリカ映画。全米興行成績$31,899,000。(1980年年間興行成績21位)美術館で出会った男と行きずりの情事を楽しんだ人妻が殺される。事件を目撃した娼婦と、被害者の息子は犯人捜しに乗り出すが……。デ・パルマの流麗なカメラ・ワークと大仰な演出で見せるサイ

殺しのドレス

夏だし、 ちょっと怖い映画でも見ようかなっと。 話の筋は大体知っているのですが、 観るのは初めて。 剃刀、苦手なもんで。f(^^;) ニューヨーク、マンハッタンに住んでいる主婦のケイトは、 性的問題を抱えており、 精神分析医のエリオットのクリニックに通っ...

殺しのドレス Dressed to Kill

トレーラーがエンベッド出来なかったのでエレベーターのシーンです。生々しいので、血が苦手な方はご注意。 「殺しのドレス」(Dressed to Kill)は、1980年のアメリカ映画。ブライアン・デ・パルマ監督作品。 エロチック・スリラー、というのでしょうか。この頃のアメ…

映画評「殺しのドレス」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1980年アメリカ映画 監督ブライアン・デ・パルマ ネタバレあり

殺しのドレス

【概略】 行きずりの男と情事を楽しんだ人妻が、シャワー室で切り刻まれ惨殺される。事件を目撃した娼婦と被害者の息子が犯人探しに乗り出すが…。 製作年:1980年 製作国:アメリカ 収録時間:105分 ジャンル:サスペンス・スリラー 日本語吹替:あり .0★★★☆☆ マイケル・ケインは分析医役です。ブライアン・デ・パルマ監督作品。 観た事なかったんです。 そういうつもりはなかったんでしょうが、...

きのうはblogしたいです(BlogPet) «  | BLOG TOP |  » 「オリバー・ツイスト(2005年)」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード