FC2ブログ
topimage

2019-10

今年初グチ - 2007.01.13 Sat

終電のひとつ前の電車の中で。
今週2度目だ。
込んでて腹がたつ。どっと降りたと思ったら、降り口の階段に近い車両だった。
込むのに、わざわざ出口に近い車両に乗るなんて、理解できん!!バッカじゃないのか。込むの平気なんて信じられなーい!
込んでるなか、口の臭いヤツは(必ず)いるし!
いくら朝十時半から仕事だとはいえ、今週は23時30分、20時30分、20時30分、23時30分に終業。
弱者に、もっと給料よこせ!
たとえば、私腹を肥やしてのうのうとしながら国民の税金上げてる政治家連中なんかに高給をやるな! そのぶんよこしやがれ、あほう!

● COMMENT ●

同感……。

 ほんっと、同感……。

 収入あがる見込みがあるわけでもないのにやらなきゃいけない仕事は増える一方で、税金や控除の負担率もあがる一方で、お国のせいで手取りは減る一方。貯金もろくにできない収入の独り身だと、国にほったらかしにされる老後はどうしたもんかと真剣に悩むけれど、だからってたとえば北欧に移住するような気概や勇気や先立つものがあるわけでもなく。

 とにかくむかつくし、恐いもんです。この薄情な国政の下で、ぎりぎりの収入で生きるってのは、本当に。

>香ん乃さんっ!

ありがとうございますー。
朝起きて少しは落ちつき(?)、書いたのを削除しようかなとも思いましたが、コメントいただいてるとなると、生かしときましょう!

満員電車って、ものすごーーーーーーく嫌いなんです。
それに、歩く距離を短くするため(乗り換えとかあるのかもしれませんが)に、込む車両でも乗る、という行為が、途方もなく、とんでもなく、驚きなんですよ。私には理解できない。歩くのが好きですしね。

老後はどうなるか不安ですよねえ。もっと金が稼げるように努力すればいいというかもしれませんが、簡単にできたら世話ないですよね。
そんななかの、ささやかな娯楽が映画であったり○○(好みの文字を入れてください)であったり。

政治家なんてのは、安月給にして、国民のために働きたい人だけにやらせるべき。
それじゃ、なり手がいないですか…?

私も同感~~~

おはようございます~~。

私も先週はへろへろの一週間でしたぁ。
やっと金曜日の夜になってわーーーい・・・と思っていたのに、もう日曜日。明日は月曜日(当たり前)。
う~~、休日の時間の流れが早すぎる~~。

>私腹を肥やしてのうのうとしながら国民の税金上げてる政治家連中なんかに高給をやるな! そのぶんよこしやがれ、あほう!

これこれ、大賛成です。
こちとら税金だってヒーヒー言いながら払っているのに、何であのようなゴージャスな生活している政治家が大多数なのでしょう?
今話題になっている事務所経費問題だって、領収書ナシでいいというご都合主義な規則を自分たちで作れるんだからいいよねー。議員年金だってそうだしさー。
自分たちに都合よくきまり作るなら私たちにも自分たちで税金の額やらナンやら全て決めさせてもらいたいよねっ。
赤坂のど真ん中に安い家賃で私たちも住まわせてくれよぉっ・・抽選でもいいからさぁ・・・って感じ。

はっっっv-405ボーさんのお言葉に乗っかって私が愚痴大会やっちゃいました。
ごめんなさいぃぃぃ~~~。

・・・追伸・・・・
コミコミ電車、私も嫌いですぅぅ。

>こころさん

キレ記事にコメントいただいて恐縮です…。
休日って、早く過ぎますよね~。ずっと休日でいたいなあ~。

自分たちで税金額を決める、これ、いいですね! でも、そしたら月100円とかにしそう!(笑)
政治家というのは権力を得ると、弱者のことを考えなくなるヤツが多いのが困ったもの。もともと考えてないヤツ多数ですけどね。

賛同ありがとうございます! 絵文字も、ぴったりですね! 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/754-870689c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「影を踏まれた女」 岡本綺堂 «  | BLOG TOP |  » 「日本映画はアメリカでどう観られてきたか」 北野圭介

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード