FC2ブログ
topimage

2019-11

「影を踏まれた女」 岡本綺堂 - 2007.01.13 Sat

「影を踏まれた女」カバー
岡本綺堂といえば「半七捕物帳」。宮部みゆきさんも大好きで、何度も読んでいるという。
私もHPで、綺堂さんの「玉藻の前」を好きな本に挙げているのであった。
端正というのか、すらりと、きれいで読みやすい文章。読んでいて、引っ掛からない。こういう文章が書けたらいいなと思うような作家ですね。

この「影を踏まれた女」は新装版の文庫で、【怪談コレクション】という副題がついている。
いまどき怪談というと、お化けが出てきて怖い~、と思うけれども、綺堂の怪談は、そういうものではない。
なにかの怪異がある話、ちょっと不思議な話、なのだ。

怪談話を100個語り終えると本当に怪奇なことが出現する、という「百物語」のような趣きで、会に出席した人々が順番に怖い話を語っていく形をとり、15編を収めている。

利根の渡しで何かをじっと待っている盲人の話や、自分の影を踏まれるのを恐れて外出もできなくなった女の話。
行方不明になる女の子が、ふいに、友達のみんなの前に現れたりする不思議。

直截的な怖さでいったら「猿の眼」だろうか。木彫りの猿の仮面の怪。
夜、寝ていると、柱にかけてある面が…。これは、イメージ的にも怖いでしょ。
ノーマ・ジーンのひみつ日記
よく分からない、という「あいまいさ」で終わらせると余韻が残る。
お化けがオソロシヤ~、じゃない、こういう怪談も、いいよね。

(12月31日読了)

トラックバック:
トロ風呂様、本が好きな人(ブログペットのグループ)

● COMMENT ●

怪談・・・

洋版恐怖モノは好きなくせに、和製モノ(怪談)ってマジメにダメなタイプなのですよ・・・。京極堂でさえ、家族が寝静まった夜中に読むことに抵抗があるくらいですから。(^^;
とりあえずは「ちょっと不思議な話」ということなので、ドロドロのホラーじゃないみたいですけど、それでも背後が気になって仕方なくなりそうな雰囲気の話であることは確かだな。(;_;)

>小夏さん

ぜんぜん怖くないですよ、綺堂さんの怪談は。
「怪談」というから怖そうなので、ほんとに、「不思議な話」といったもので、なんともありません。

後ろが気になることは、一度たりともなかったと伝えられている。
(なんのこっちゃ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/755-7c9df7eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第2回(2006年)シネマ停留所映画賞(1) «  | BLOG TOP |  » 今年初グチ

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード