topimage

2017-04

「エターナル・サンシャイン」 - 2005.03.20 Sun

photo_18s.jpg

(c)2004 Focus Features. All rights reserved.

ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND
2004年 アメリカ作品
監督 ミシェル・ゴンドリー
出演 ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルスティン・ダンスト

主演2人の姿や言動の面影が、なにやら、ほんわかとしたイメージで心に残っている。
恋人たちの、いろんな時間や風景が、鮮やかな絵のように残る。
ジム・キャリーもケイト・ウィンスレットも、いいです。

ジム・キャリーを、私は「マスク」で知った。「バットマン フォーエヴァー」などの映画を観ても、同じようにエキセントリックなコメディアン系統だなあと思っていたら、そのうちに「トゥルーマン・ショー」や「マン・オン・ザ・ムーン」などといったシリアスな映画で好演を見せてきた。
今回も、普通の人(?)だ。そして、何かとても好感が持てるのだ。

ケイト・ウィンスレットについては、はじめから好きなのでノー・プロブレムなのだが、それを差し引いても、いい。「ネバーランド」のときの役よりも、数段好きだな。どこがどう好きかって、聞かないでください。そういうのは説明不要の、感覚の問題。私にとっては。というか、考えるのが面倒。というか、考える前に好きならそれでいいじゃない、と思う。

脚本を仕上げたのは、先日観た「アダプテーション」でも脚本を書いていたチャーリー・カウフマン。今度もまた、かなりブッ飛んだ話を作った。
人間の記憶をどうのこうのする、というのは、観ていてちょっと「マルコヴィッチの穴」を思わせた。あれもカウフマンの脚本で、脳みそ関係の話。

頭の中に舞台を持っていくと、記憶の引き出しを自由自在に開けて取り出して、自由自在に映像にして見せることができる。それが面白い。
奇妙な設定での、自由自在の、逃げる、追いかける、これが脚本の妙。

恋人同士が、お互いに対して小さな不満もたくさん持っている、というのがリアルでうまい。それでも、やっぱり好きなものは好きなんだ。
その愛の力の前には、科学の力だって及ばずに、ひれ伏す。

たとえ、つらい記憶だって、持っていたほうがいい。それはもしかしたら、忘れたくない思い出になるかもしれないのだから。
それに、だいたい、記憶を操作しようなんてことはしないほうがいい。私は、それは人間に対する冒涜(ぼうとく)、科学の傲慢だと思う。
記憶除去チームの若いヤツらは仕事に対する態度が、いい加減。他人の家で大騒ぎして、いかにも軽薄。人間の記憶をいじろうとすることに対しての皮肉のようにも見えた。

素晴らしい主演2人を周りで支えるのは、キルスティン・ダンスト(「スパイダーマン」シリーズ)、マーク・ラファロ(「イン・ザ・カット」)、イライジャ・ウッド(ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ)、トム・ウィルキンソン(「イン・ザ・ベッドルーム」)という面々。

キルスティン・ダンストが関わるサイドストーリーの、メインストーリーへの絡み方も、巧い。

原題は、劇中でキルスティンが語っているが、詩人アレクサンダー・ポープの「エロイーザからアベラールへ」(1717年)からの引用。
その一部は、

How happy is the blameless vestal's lot!
The world forgetting, by the world forgot.
Eternal sunshine of the spotless mind!
Each pray'r accepted, and each wish reign'd.

となっている。訳は難しいのでしません(苦笑)。どなたか、名訳をつけてくれると嬉しいです。
原題の部分だけなら、「無垢な心の永遠の日の光」という感じですよね。
(3月19日)


photo_25s.jpg

(c)2004 Focus Features. All rights reserved.

トラックバックは、「Cat Tail * cinema」様「エンタメ!ブレイク?」様「人生はお伽話もしくは映画のよう」様に。

評価☆☆☆☆(4点。満点は5点)

● COMMENT ●

よかった~

期待を裏切らない結果になりました。
いや、良い意味で期待を裏切ったかも。予想していたより感動しました(^^ゞ
監督も脚本もキャスティングもバッチリ噛み合っていて全体としてとっても素敵な映画に仕上がっていると感じました。
彼の奇抜な発想は相変わらず脱帽っす

>mobeerさん

おおっ、mobeerさんもご覧になったのですね!
観たあとも、何かいい気分の残像が残っている、面白くて素敵な映画です。やっぱりラストが、いいのでしょうかねえ~。

私も見てきました。

ケイト・ウィンスレット演じるクレメンタイン、とてもかわいかったですよね。彼女じゃなかったら、この映画、こんなに楽しめたかどうか。

>とーふさん

クレメンタインといえば、ジョン・フォード監督の名作「荒野の決闘」(原題は MY DARLING CLEMENTINE わが愛しのクレメンタイン)を思い出す私。
いい名前です。天衣無縫でちょっぴりわがままヒロインに、ケイト・ウィンスレットは、ぴったりでした。

「エターナル・サンシャイン・オブ・ザ・スポットレス・マインド」という言葉の響きも大好きなんですよ。(もともとが詩なので、耳に心地よいのかも)

はじめまして。

TBありがとうございました。
意外な配役といい、心にジワリと残るよい作品だったかと思いました。

「トータルリコール」を思い出す…についてですが、きっと
記憶を他者(他社)に操作されるという点を思い起こされるから
だと思いますよ(^^;)
今後公開予定では「フォーガトン」(ジュリアン・ムーア主演)も
そんな感じですかね?

また遊びに寄らせて頂きます。
これからも宜しくお願いいたします。

>lavenderさん

こんばんは。いらっしゃいませ。
ふつうなジム・キャリーも、いいですよね。

記憶を操作される…そうか、分かりました。(^O^)
ジュリアン・ムーアの映画でも、そういうのが来るのですか。初耳でした。

どうぞまた遊んでくださいねっ!

こんにちは!
ミチミチのzattchiです
TB、コメントありがとうございます
本当にイイ映画ですよねぇ
見れば見るだけはまります
脚本がいいんでしょうね
はやくDVDがほしいですね

>zattchiさん

こんにちは、コメントありがとうございます。
この脚本家はホントに独特な味がありますね。
私は1回しか観ていませんが、また観てみたい映画です!

今更ですが

この作品の記事をアップしましたー。TBさせてくださいねー。
私はこういうお話大好きなので、素直にお気に入り映画になっちゃいました。
ある程度年を重ねて、苦味も痛みも知った大人ならではの、せつないつまずきだらけの恋愛を、淡々とユーモラスに描いていて、楽しめました。ケイトはこっちが地じゃないかしらん。

>紅玉さん

ありがとうございます。
お気に入り映画に出遭って、よかったですね!
ヒネリがありながら、あったかい感じが根本にある恋愛もので、いい映画ですね。
ケイト・ウィンスレットもジム・キャリーも好演でした。
ケイトの性格、こういうのでもOKです!(何がだ?)

今更ですみません。

 やっと観たのでトラバさせていただきましたm(_ _)m

 キャストがみんなよかったですね。キルスティンが可愛かったのが印象的でした。

>香ん乃さん

ありがとうございます~。
感想、拝見しました。キルスティン・ダンスト、思い起こせば「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」の魅力的な子役で印象に残った女優さん。
最近の活躍ぶりも嬉しい限りですねえ!

ボーさん、こんばんは。

コメント&トラックバック、ありがとうございました。
この映画は、最近テレビ放映を観たばかりです。風変わりさに吃驚しました。チャーリー・カウフマンって、奇才なシナリオ・ライターですね。
ボーさんも触れておられますが、あの“記憶の操作”はどうかと思います。これが「マルコヴィッチの穴」よりは劣る要素になるのではないかと、、。

>アスカパパさん

こんばんは!
変わった脚本を書くカウフマンですが、最近はどうしたのか…私が知らないだけかもしれませんが。

やはり、記憶操作というのは、引っ掛かる点だろうと思えますね。絶対に忘れたい記憶もあるかもしれないですが…。

ジム・キャリーって昔、苦手だったんですが、エターナルサンシャインを見て、すっかり好きになってしまいました。あの物哀しげな感じがいいですね。

>あざらしさん

こんばんは!
いらっしゃいませ!
ジム・キャリーをはじめて知った「マスク」を観た印象は、テンション高いなーでした。(笑)
「エターナル・サンシャイン」は違った魅力ですね。
シナリオの勉強には、映画をたくさん見るといいのでしょうね。がんばってください!
また遊びにきてくださいねー。

こんにちは。

ちょっと仕事が立て込んでいてお返事が遅くなり、申し訳ありませんでした。

観る前にジム・キャリーが出ていると知識があったにも関わらず、しばらく分からないほど、今までとの印象が違った彼でした。(@@)
記憶の削除の過程は面白かったけど、やっぱり嫌な思い出も、それがあっての大事な思い出となっているところはよかったですね。これって「インサイド・ヘッド」もそうでしたけど、いろいろな要素がからんでこそ…ですね。

ただあの社員たちは本当に困ったものですねぇ。(^^;

トラックバックありがとうございました。
こちらからもさせて頂きました。

>白くじらさん

こんばんは。
遅いときは、忙しいか、パソコンが壊れたか、寝てるか、と思っていますので、だいじょうぶです。
お笑いの人は、リアルな芝居もできる、といいますよね。ジムくんも同じでした。
ぐ…「インサイド・ヘッド」は観ようか観ようかと考えているうちに上映が終わりました…。

困った社員の記憶も、ほぼありません。ですので、困っていません。なんのこっちゃ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/78-f9a846eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『エターナル・サンシャイン』

 “さよなら”の代わりに記憶を消した 失恋の記憶を消したいと思ったことはありませんか? 恋が終わった後の、あの胸の痛み。 悲しみと孤独を抱えながら傷が癒えるのをじっと待つよりも、 いっそのこと相手と過ごした日々の記憶を全部消してしまえたら…。 でも、それ

エターナル・サンシャイン

奥の深い映画でした。私は時空が行ったりきたりするものはちょっと苦手です。真剣に頭の中で整理しながら観ないとストーリーがチンプンカンプンになってしまい、結局、また観直す事になるので、どちらかというと単純なストーリー展開のもののほうが好みなのですが、これはか

映画2 エターナル・サンシャイン(2)

遂にコレクターズ・エディション(DVD2枚組)を買ってしまった。以前、一口レビューを書いた際に「Scientia est potentia? Pravda?」のころりさんに薦められて以来、気になっていたのだが、本当に好きな映画は手元に持っていたい病が出て購入。 まだ少ししか観てない

映画2 Eternal Sunshine of the Spotless Mind エターナル サンシャイン (A)

好みは分かれるのかもしれないけど、僕はすごく好きです。絶賛に近いかも(珍しい・・・)。ファンタジーのような(もしかしたら近い未来で現実になるのか?)デバイスを使った、心情描写の上手い映画。ジムキャリーは過去最高の出来だと思うし、ケイト・ウィンスレットも今

エターナル・サンシャイン

脚本:チャーリー・カウフマン監督:ミシェル・ゴンドリー出演:ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルスティン・ダンストマール・ラファロ、イライジャ・ウッド、トム・ウィルキンソン 他公式HP2004年*アメリカ*107分レビューバレンタインデー目前のある日、ジェ

エターナル・サンシャイン

誰かを愛し、たとえ傷ついても、 その瞬間を生きた証が、「記憶」という人生なのだろ

エターナル・サンシャイン

超はまった映画「ヒューマンネイチャー」のミシェルゴンドリー☆チャーリーカウフマンのコンビに見る前から期待が膨らんでいた。何しろ僕にとってカウフマン作品「マルコビッチの穴」も「アダプテイション」も最高につぼにはまった作品で、今回も絶対に外さないだろう、と予

エターナル・サンシャイン

実はこの作品のレビューに関して、自分の思っていることを全部書き記す為には、残念ながら現在の私では、英語力、映画知識力、撮影・編集技術解説力と、更には文章表現力が大いに欠如しているので無理である。だから、思ったことだけを羅列することにする。解釈の間違い等は

試写会「エターナル★サンシャイン」

試写会「エターナル★サンシャイン」開映18:30@よみうりホール「エターナル★サンシャイン」2004年 アメリカ配給=ギャガ・ヒューマックス脚本=チャーリー・カウフマン、監督=ミシェル・ゴンドリー出演=ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルスティン

エターナル・サンシャイン

いやあ、とても愛おしい!という表現がぴったりの映画でした。個人的には大満足。冒頭の仕事をブッチしてフラリと海へ出かけるシーンからセンス抜群!って感じで、「あ、これは絶対気に入る映画だな」と思った通りの自分好みの作品でした。映画を観ていて誰...

エターナル・サンシャイン

先週末公開の「エターナル・サンシャイン」を彼と見ました。ストーリーは奥手な彼と、衝動的な彼女の話。衝動的な彼女は、彼と喧嘩をしてしまい衝動的に「特定の記憶を消す」という会社に行き彼の記憶を消す。ソレを知った彼も彼女の記憶を消そうとするのですが・・・・途中

■ エターナル・サンシャイン

3月15日に公開された『エターナル・サンシャイン』“さよなら”の代わりに記憶を消した

映画感想:『エターナル・サンシャイン』

『ヒューマンネイチュア』のチャーリー・カウフマンによるユニークな脚本を映画化。ジョエルは元恋人クレメンタインが、ある医院で特定の記憶だけを消去する施術を受けジョエルの記憶を消したことを知り、自分も彼女の記憶を消そうと同じ施術を受ける。だが、クレメンタイン

「エターナル・サンシャイン」試写会

>「エターナル・サンシャイン」脚本 チャリー・カウフマン(マルコヴィッチの穴)監督 ミシェル・ゴンドリー(ヒューマンネイチュア)CAST ジム・キャリー/ケイト・ウィンスレットエターナル・サンシャイン試写会行ってきました。さすがアカデミー賞脚本

エターナル・サンシャイン

脚本賞受賞作だけあってアカデミー賞絡みでは最も期待していた「エターナル・サンシャイン」を観て来ました。(観たのは半月前ですが)★★★★ラブストーリーですが、縁とか運命といった事がテーマなので実は恋人同士軽い気持ちで観に行くと痛い目に合いそうな内容です(謎

エターナル・サンシャイン

★本日の金言豆★日本銀行券(お札)に使われている色の数は、二千円札で15色、1万円と5千円が14色、千円が13色。 ”ハリウッドの個性派強面ハゲキャラスター”の中に入れる”穴”があったら何が起こる!?という超異色映画を世に送り出し、世の映画ファンを賞賛と混乱と不

エターナル・サンシャイン

まだ、2005年は始まったばかりかもしれませんが、私の中で2005年BestMovieが決まった気がします。エターナル・サンシャイン。すばらしかったです。チャーリー・カウフマンの脚本のすばらしさはいうまでもなく・・・。最高の恋愛ドラマだと私は思います。おとぎ話でめで...

エターナル・サンシャイン 評価額・700円

●エターナル・サンシャインを鑑賞。 バレンタインデーを目前にしたある日、ジョエル

この映画が好きだ!vol.12

「エターナル・サンシャイン  Eternal Sunshine of the Spotless Mind」 2004年の作品。人間を人間たらしめているもの、それは「記憶」だと思う。私は時々、何かすごく楽しいことをしているときや、仕事でも遊びでも仲間たちと何かを一生懸命やりとげようとしている

『エターナル・サンシャイン』を観たよ。

シェアブログに1571に投稿※↑は〔ブログルポ〕へ投稿するために必要な表記です。 なになに? 全然ぴんとこないんだけど。『エターナル・サンシャイン』原題:"ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND"20

エターナル・サンシャイン

 20世紀末に風変わりな映画を観た。「マルコヴィッチの穴」だ。当時の感想は「風変わりで難解な映画を観た。不死がテーマは判るけど」とのみ書いてあった。「マルコ・・」と同じチャーリー・カウフマンの手(脚本)になるこの映画も共通する癖を持っている。判る方には判る...

エターナル・サンシャイン

 コチラの「エターナル・サンシャイン」は、「恋愛睡眠のすすめ」、「僕らのミライへ逆回転」のミシェル・ゴンドリー監督による切ないSFラブ・ストーリーです。  主演は、ジム・キャリー。「ナンバー23」は渋いジムさんでしたけど、コチラのジムさんはと~ってもかわい...

エターナル・サンシャイン

忘却はよりよき前進を生むのだろうか。 2004年(ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND)製作国:アメリカ監督:ミシェル・ゴンドリー原案:チャーリー・カウフマン、ミシェル・ゴンドリー、ピエール・ビスマス製作:スティーヴ・ゴリン、アンソニー・ブレグマン製作総指揮…

「ボーン・アイデンティティー」 «  | BLOG TOP |  » 「ハウル」にジーン・シモンズ、ローレン・バコール

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード