FC2ブログ
topimage

2020-09

「ボーン・アイデンティティー」 - 2005.03.20 Sun

THE BOURNE IDENTITY
2002年 アメリカ作品
監督 ダグ・リーマン
出演 マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、クリス・クーパー

記憶をなくした男が、組織の追手と戦いながら、自分の過去を探っていく。
マット・デイモンに、こういうタフな役は合わないんじゃないかと思ったが、やってみると、そうでもないんだね。

原作は、名の知れた作家であるロバート・ラドラムで、なんと映画の製作総指揮までやっている。力、入ってる!

お話は単純。けっこう地味めだが、実際には、そういうほうがリアルなのかも。カーチェイスなどはあったけど、すごいというほどではなかったし。
地味でリアルなのを、面白いと思うかどうか、ですね。私の鑑賞時の気分では、インパクトに欠けて、あまり面白くはなかった。

しかし、クリス・クーパー。特徴があって印象に残る顔だなあ。(3月20日)

評価☆☆★(2.5点。満点は5点)

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/79-fabb2286
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ボーン・アイデンティティー

 コチラの「ボーン・アイデンティティー」は、ロバート・ラドラム原作の3部作からなるポリティカル・サスペンスの1作目を映画化したサスペンス・アクションです。  実を言うと、以前TV放送されたのを観た事があったのですが、どうも合わないと言うか、今ひとつ乗り切れ...

ボーン・アイデンティティー

男は、彼らの「武器」となる為に訓練された筈だった 【関連記事】 「ボーン・アルティメイタム」 「ボーン・スプレマシー」 ボーン・ア...

映画 『ボーン・アイデンティティー』

          JUGEMテーマ:洋画         ボーン シリーズ       ...

ボーン・アイデンティティー

自身の身元も経歴もわからない記憶喪失の男ジェイソン・ボーン。 しかし、彼は語学に堪能、そして強靭な肉体に恐るべき戦闘能力を身につけていた! 一方CIA本部のテッド・コンクリンはプロの殺し屋にジェイソンの暗殺指令を発信する…。 スパイアクション。

「殺人の追憶」 «  | BLOG TOP |  » 「エターナル・サンシャイン」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード