FC2ブログ
topimage

2019-11

「DOA/デッド・オア・アライブ」 - 2007.03.18 Sun

美女いっぱい!
(c) 2006 Universal Studios. All rights reserved.

面白かった~! 美女がいっぱい! 彼女たちが格闘技で戦う! ただただ、画面に見入って、楽しめばよし。
B級だって? どうやったら、これがA級になるの? B級大いに結構じゃないですか。
「チャーリーズ・エンジェル」大好きですよ。あれだって、スターが揃っていながら、おばか映画でしょ。

これ、3D格闘ゲームの映画化なのだそうだ。そんなこと何も知らずに観た。
のんびりしてたら、上映を終了してしまう映画館が出てきた。終わるの早いよ、そんなに不人気なのか? 前売券を持っているのに、やばいじゃないかと、映画館検索。シネマート新宿で夜1回のみ上映があった。
行ったのは月曜。平日のうえ、この日は夜に強い雨が降った。そのせいか、お客は5人!
きれいな劇場で、貸し切りみたいな状況も、ぜいたくでいいな。商売にならない映画館には同情するけど。

映画は、いきなり日本が舞台! プリンセスかすみ(デヴォン青木)が、去年のDOA格闘技大会で死んだとされて行方不明の兄ハヤテを探しに行こうとする。出ていったら抜け忍として殺される、と彼女を止めるハヤブサ(ケイン・コスギ)。
だが、かすみは、あやね(ナターシャ・マルテ)などと戦った末に、館を飛び出す。そこへDOAの招待状が、どこからともなく彼女のもとへ飛来するのだ! どっから飛んで来るねん!(笑) 素晴らしい展開! もう楽しいったらない!

お次は、海の上、クルーザーで呑気にしていたティナ(ジェイミー・プレスリー)。女子プロレスラーの彼女は、盗賊たちをバッタバッタと投げ飛ばす。彼女にもDOAの招待が。
香港のホテルでは女盗賊で殺し屋のクリスティ(ホリー・ヴァランス)。警察に、しょっぴかれそうになったところを逆に、やっつけてしまう。

ブラを着けながら、拳銃を手に!(女盗賊役のホリー・ヴァランス)
(c) 2006 Universal Studios. All rights reserved.

同時に空中に舞ったブラと拳銃。落ちてきたブラをそのまま腕に通し、身にまとい、続いて拳銃をキャッチして警官に突き付ける! すごすぎる! かっこいいぞ! 魅せてくれるじゃないですか! たとえ編集の技があったとしても、こういうふうに楽しませてくれるのは素晴らしい。で、そんな彼女にも、もちろんDOAの招待状。

以上の3人と、舞台を会場に移してから登場する、DOA創始者の娘エレナ(サラ・カーター)、さらに、かすみを追う刺客あやねが、主な女性陣だ。
かすみ、ティナ、クリスティは最初から協力して会場入りしたりして、女の子どうし、仲がいいところも楽しい

単なる格闘ゲームだけではなくて、ここに主催者の、ある思惑が絡んでくる。なるほどねー、そんなことを。

ゲームをしている人にとっては、キャラの見かけに違いがあるようなので、気になるどころか、もしや怒るんじゃないかと思うけど、私は大満足!
頭を使わず、痛快なアクションを楽しむ。これです!
それなりにアクションは素晴らしいと思います。がんばってます。武器を使わず、肉体で勝負をつけるのがいいよね。

格闘技戦の合間に、のんびりとビーチバレーをやってるのも楽しい&美女の水着が嬉しいわけですが、ゲームのほうでもビーチバレーがあるのだとか。じゃあ、ムダなシーンなどではないじゃないですか! わーい。

製作には、ポール・W・S・アンダーソンが名を連ねている。「モータル・コンバット」(1995年)、「バイオハザード」(2001年)などの監督で、ゲームの映画化が得意。今回は製作だけですか。
監督のコーリー・ユンは「ロミオ・マスト・ダイ」(2000年)のアクション指導や「キス・オブ・ザ・ドラゴン」(2001年)のアクション監督、「トランスポーター」「クローサー」(ともに2002年)の監督。これだけ楽しく、爽快、おばかな映画を作ってくれたら文句なし!

音楽はジャンキーXL。ちっとも知らなかったけど、調べてみたら「キャットウーマン」(2004年)で音楽プロデューサーや追加音楽を担当したり、その他の映画でも楽曲を提供している。本作でも快調。

それにしても、前売券を使えてよかった…帰り際に映画館の方に、お礼を言っちゃいましたよ。まだ上映していてくれてありがとう! 面白かったです!!
DVD欲しい。

女子プロレスラー、ティナ(ジェイミー・プレスリー)
(c) 2006 Universal Studios. All rights reserved.

(3月5日)

DOA : DEAD OR ALIVE
2006年 アメリカ・ドイツ・イギリス作品
監督 コーリー・ユン
出演 デヴォン青木、ジェイミー・プレスリー、ホリー・ヴァランス、サラ・カーター、ナターシャ・マルテ、ケイン・コスギ

関連記事:
「DOAを観た!」

トラックバック:
DOA/デッド・オア・アライブ@映画生活様シネマトゥデイ様エキサイト:シネマ様goo映画様、映像全般を楽しもう(ブログペットのグループ)

追加トラックバック:
(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)様ロック&ムーヴィーフリーク別館様ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!様試写会帰りに様デコ親父はいつも減量中様

評価☆☆☆☆(4点。真面目な映画が好きな方には0点かも? 満点は5点)

● COMMENT ●

良いですねえ♪

BJさん、こんにちは!
わー、満喫なさったのですねえ。
美女が強いのって当たり前ですよねー♪
わたしは美女三人が嫣然と刀を構えるポスターを見て以来気になって気になって。わたしは映画館ではきびしそうかもしれないですけど、ぜひDVDになったらみてみたいです。
貸切も、名画や力作だと寂しい気がしますけど、こんな映画の貸切はスカっとして良いかも。

>とーふさん

ありがとうございますー。
美女の格闘技戦の映画、と知って、単純に、面白そう!と思いました。
映画館では…きっと、もうやってないでしょうね、少なくとも東京あたりでは。
DVDだと迫力が減るのが、少し心配なんですよね。面白さが減るかな?
貸し切り状態、心地よかったです! VIP待遇みたい。

な~るほど~♪

ボーさんのツボ直撃な映画だったのですね。 >美女いっぱい
私、このゲームやったことありますよ。アクションゲームは苦手なもので即挫折しちゃいましたけど。(^^;

デヴォン青木、最近人気ですよね。やっぱり『シン・シティ』効果でしょうか。
そういやこの前、WOWOWを観てたら『恋のミニスカウェポン』に彼女が出てました。もう、タイトルからしていかにもそれ系まっしぐらって感じだけど、美女いっぱい系大好きなボーさんにとっては、ウハウハものかも。
っていうか、もう観てましたっけ?

>小夏さん

言われてみれば(言われなくとも、ですと?)、ツボ直撃! 気持ちよかです。トンデモ映画と言われたっていいんです。楽しいんだから。
ゲームとしては有名だったんですね。聞いた話では、萌え方向にも向かっているゲームだとか?

デヴォンさんが、ググンと出てきたのは、やっぱり「シン・シティ」ですよね。それまで私は彼女を知りませんでしたし。
「恋のミニスカウェポン」? そ、それはっ! …チェックしとこっ!! 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/826-6aff0083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「DOA/デッド・オア・アライブ」

2007年16本目の劇場鑑賞です。映画の日に観ました。「トランスポーター」のコリー・ユン監督作品。世界的大ヒットゲームを映画化した痛快セクシー・アクション。世界最強ファイターの座を懸け孤島を舞台に繰り広げられる格闘トーナメントに参加した美しき女戦士たちの壮絶..

【2007-28】DOA/デッド・オア・アライブ(DOA/DEAD OR ALIVE)

狙った獲物は─逃がさない女男はいつも─殺到するセクシーでデンジャラス、彼女たちは全ての挑戦者たちをそのルックスで─殺す『チャーリーズ・エンジェル』よりセクシーで、『HERO』より過酷な戦い!

★「DOA/デッド・オア・アライブ」

今週の平日休みもシネコン2軒はしご。2本目は「109シネマズ川崎」で、ケイン・コスギのハリウッド進出作。でも主役は4人のオネエチャンたち。

DOA  なにも考えずに楽しめる、美女格闘もの

タイトル:DOA(デッド・オア・アライブ)ジャンル:美女格闘物・2006年アメリカ製作場所:京都・TOHO二条シネマズ(約席)日時:2007年3月8日(木) 20:00頃~ (約10人) 帰国後1作目満足度:65%おすすめ度:B級・とんでも日本・美女・格闘 このなかで3つ以上に反応

「DOA/デッド・オア・アライブ」

美しいなぁ~戦う女たちって。これでもか!ってなくらいワイヤーでボヨヨン♪ボヨヨン♪と飛び交ってますけど、それなりに面白いもんがありました。黒い下着がお似合いのクリスティ役が、ホリー・ヴァランスだったなんて・・・。彼女のアルバムは車中でよく聴いていたの....

D.O.A デッドオアアライブ

やっと観れた!「D.O.A」です! 全世界で700万本以上を売り上げた人気格闘アクションゲーム「DEAD OR ALI

DOA/デッド・オア・アライブ

 難しい話ばかり観ていると、頭が痛くなるのでこんなのも。格闘技系ゲームってコン

「DOA デッド・オア・アライブ」 中身はないが美女のアクションは満載

先日、あの話題のブートキャンプをいただきました(会社で異動したので送別会で)。

映画『DOA/デッド・オア・アライブ』

原題:DOA: Dead or Alive 生死に関わらず賞金1,000万ドル?大物なお尋ね者相手の賞金稼ぎみたいだが、これは孤島で繰り広げられる格闘技トーナメント、セクシー美女が大活躍・・ 中心となる美女は4人、女子プロレスチャンピオンのティナ(ジェイミー・プレス

DOA/デッド・オア・アライブ&貧乏男&BLEACH

DOA/デッド・オア・アライブはゲーム実写版で俺はゲーム持ってないけども 映像などはネットなどで見た事ありデッド・オア・アライブの事は知ってたが ゲーム実写としては似てないが純粋にアクション系としては満足だね 死んだとされる兄を捜すため忍者村を去ったカス...

かもめに女優が投票した(BlogPet) «  | BLOG TOP |  » 「パフューム ある人殺しの物語」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード