FC2ブログ
topimage

2019-12

「今宵、フィッツジェラルド劇場で」 - 2007.03.25 Sun

ポスター
ロバート・アルトマン監督の遺作となった作品。
私はアルトマン監督の映画には、実は、あまり興味がない。「ゴスフォード・パーク」(2001年)は面白くなかったし、「ナッシュビル」(1975年)、「三人の女」(1977年)などは、もはや、あまり覚えていない。「ザ・プレイヤー」(1992年)、「Dr.Tと女たち」(2000年)は少し面白かったか。
テレビシリーズ「コンバット!」の製作・監督としてのほうが、彼に一目置きそうな私なのである。

それを、なぜ今回観たのかといえば、メリル・ストリープだ
先日「ソフィーの選択」を観て、メリル・ストリープという女優を改めて見直したからだ。彼女の演技を見てみたくなったのだ。

お話は、ラジオ放送の音楽ショーにかかわる人々の人間模様。買収によって放送打ち切りとなる最後の一夜のステージと舞台裏、そして後日談少々を描く。
多数の俳優がカントリーを歌うのは「ナッシュビル」を思わせる。それにしても、歌のうまい俳優さんというのは、たくさんいるものです。
メリル・ストリープとリリー・トムリンが姉妹デュオを演じている。(メリルが妹役。)
メリルさん、演技だけでなくて歌もうまいのである。
最近、アバの曲を使ったミュージカル「マンマ・ミーア」の主演に決まったというニュースを聞いたが、それも納得。

メリルとリリーが女性2人組ならば、男の2人組もいる。ウディ・ハレルソンとジョン・C・ライリー。カウボーイ姿でカントリーを。
そう、ジョンはミュージカル映画「シカゴ」で美声を披露済みである。

そんななかで、ひとりハードボイルドな探偵風を気取っているのが、ケヴィン・クライン。劇場の用心棒的な役割なのだろうけど。ムードに浸りきったナレーションが面白い。役名からしてガイ・ノワールだもん、ノワールなヤツなのさ。
私はメリル・ストリープとケヴィン・クラインが共演した「ソフィーの選択」を観たばかりであり、こちらの「今宵、…」にクライン氏が出ていることは知らなかったので、この共演再現は予想外で思わず喜びました。一緒に演技する場面は、それほど多くなかったが。

メリル・ストリープとリンジー・ローハンが親娘!
(c) 2006 Powdermilk Pictures, LLC. All Rights Reserved.

さらにメリルの娘役でリンジー・ローハンが。歌手で映画経験もあるけれど、アイドルのイメージが大きい彼女をアルトマン監督が使うのは、ちょっと意外な気もする。

謎の女にヴァージニア・マドセン。劇場に、ふと、やって来る。その目的が何なのか、はじめは分からない。途中でそれが分かってからは映画に不思議な感覚が出てくる。なにしろ彼女は○○なのだから。
このあたりのストーリーは、ガンによって亡くなったアルトマン監督の心情を作品に投影させたのではないかと、いやでも思えてくる。
人生の終焉は運命に任せるよ、というか、最期を受け入れる穏やかさ、覚悟(したい気持ち?)が、ふわんと漂っているのだ。
脚本は映画で司会役を務めているギャリソン・キーラー(このラジオショーは実際にあり、彼が本当に司会をしているのだ!)が書いているが、監督のアイデアも入っているのかもしれない。

どの俳優も力が入ることなく、楽しんで演じているように見える。
全体に淡々とした印象を受けるのは、基本的に日々の人生が、そうしたものだからなのか。
人生の味わいがある…のは分かるが、私には修行が足りないのか、少し食い足りない感触なのである。
カントリー・ミュージックがそれほど好きではないのも、原因のひとつかな?

だけど、心地よい後味が残るのは確かだ。

お目当てのメリルについていえば、演技面は他の俳優たちとの共同作業(コラボレーション)という感じで突出してはいない。うまい俳優が他にも多いし。
でも、そういうコラボができるのが、うまいということなんだよねえ。

(3月11日)

A PRAIRIE HOME COMPANION
2006年 アメリカ作品
監督 ロバート・アルトマン
出演 メリル・ストリープ、リリー・トムリン、ケヴィン・クライン、ギャリソン・キーラー、ヴァージニア・マドセン、ウディ・ハレルソン、ジョン・C・ライリー、リンジー・ローハン、トミー・リー・ジョーンズ

トラックバック:
レザボアCATs様今宵、フィッツジェラルド劇場で@映画生活様シネマトゥデイ様エキサイト:シネマ様goo映画様、映像全般を楽しもう(ブログペットのグループ)

評価☆☆☆(3点。満点は5点)

● COMMENT ●

TB&コメントありがとうございました

ボーさんには、ちょっといまいちでしたか。
そうですね、私も、実は、カントリーがそんなに得意でないので、ちょっとノリノリ、というほどではなかったのですが、とても心地の良いライブ演奏で、なんとなしにノスタクジックなムードを楽しむことが出来たかな?という、印象でした^^*
とは言え、自分にとってもそれほど詳しくない(見ているのは5つか6つ)アルトマン監督の、最後の作品、ということを考えると、なんだか、ちょっと切ないような、そんな気持ちになれる、なかなかの良作でしたよネ。

>とらねこさん

心地よい感じや、遺作として、ふさわしいんじゃないかなあ、という作品を作ることができた点は、とてもいいと思います。
ただ、どこかで距離感を置いて観ている自分が…。
作品に、ひかれている部分もあるのですが、これは何なんでしょうねえ。

朝鮮戦争野戦病院

ヨコから失礼しますが、

>作品に、ひかれている部分もあるのですが、これは何なんでしょうねえ。

ということでしたら、私の生涯のベスト10入り確実の「M★A★S★H」をご覧いただけば、そのヒ・ミ・ツをご確認いただけるのでは、と存じますので、ひとつお試しアレ。

>lalakiさん

「M★A★S★H」ですね。書くのが面倒なタイトル。(笑)
有名です。いつか観てみたいとは思いますが…。惹かれないんですよねえ。
気が向いたら、ということで、ひとつ。

ボーさん、お久しぶりです。
『今宵・・・』見に行きたかったんですが、ちょっと家から遠い場所での上映だったのであきらめました。DVD待ちます。メリル・ストリープ、リンジーの歌が聴きたかったんですけど・・・そうですか、カントリー色強かったですか。誰でもわかりやすいポピュラージャズとかだったらまた作品の色合いも変わったのでしょうか?

>uniko@ニャンくんさん

おいでませー!
これ、東京でも単館系で、上映劇場は少ないですからねえ…。
カントリー・ミュージックは、聴いていてイヤではないのですが、積極的に聴きたいほうではないので…。アメリカの演歌みたいな存在でしょうか。
メリル・ストリープ、天は二物を与えた、ということで、演技だけでなくて歌もグッド。「マンマ・ミーア」は楽しみです。
リンジーの歌は最後のほうで1曲だけです。初めて人前で歌う設定ですよ。

コメントありがとうございました。

ボーさんは、高所から冷静にこの作品を見つめて居られる。私は多少感情移入している。この差が、この作品の評価に差異を生じているのでは?とも思います。
私も作品によって、高所から眺める場合と、感動し切って“評”にならない場合の二通りがありますが、この場合は後者に当てはまりました。
その主な理由は、故人となられた監督と、私の年齢が比較的近接しているからだろうと思っています。
なお、一応、私のブログ文のURLをリンクさせて頂きました。

Re:グリーン・ディスティニー

リンク頂いたボーさんのレビュー拝読しました。コメントさせて頂く場所に迷いまして、こちらにコメントさせて頂きます。

ボーさんは、リアルタイムで劇場で観て居られるのですね。私はつい先日のTV放映で観たばかりです。
この差も、評の差異に可成り影響しているかも?。それにプラス“好み”の差異かもしれませんね。丁度、R・アルトマン作品の好みが異なるように。
でも何時もの如く、それはそれでいいですよね。
では、また!

>アスカパパさん

2件まとめてレスします。
そうなんです。映画を観るときに冷静でいるか、感情が入ってしまうかで、変わりますよね。
私はのめり込む場合のほうが多いと思うのですが、アルトマン作品には、どこか、いまひとつ…。

HPの記事「グリーン・デスティニー」までコメントをいただき恐縮です。確かに「映画館で観る」のは、同じ映画でも、やはりテレビとは違う印象を受けることはあると思います。何が面白いかは個人の価値観ですから、その違いを知って、なんだかんだと楽しめばいいですよね!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/833-4902821f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

#45.今宵、フィッツジェラルド劇場で

ミネソタ州セントポール、フィッツジェラルド劇場にて、打ち切りの決まったラジオショー、「プレイリー・ホーム・コンパニオン」の最後の公開録画が、行われようとしていた。劇場舞台裏では、シニカルな劇場保安係(ケビン・クライン)、出演者たち、そして謎の白いトレンチ

真・映画日記『今宵、フィッツジェラルド劇場で』

3月3日(土)(前の日からのつづき)『スクール・オブ・ロック』を見終えて2時間ほど寝る。8時にマンガ喫茶を出て、再び「ネットスクウェア」へ。12時過ぎに「CHEAP THRILL」65号が完成。店を出て、一旦家に戻る。午後2時に帰宅。寝る暇こそはないが、パンを食べたりして少

今宵、フィッツジェラルド劇場で

 古風なバラエティーラジオ番組「プレイリー・ホーム・コンパニオン」が迎えた最終日を描いた作品です。  番組の進行を軸に、楽屋で昔話にひたる老いた出演者たち、私立探偵気どりの保安係、ラジオ局を買収した企

今宵、フィッツジェラルド劇場で

 『最後のラジオショウが終わるとき、 新しいドアが開く』 コチラの「今宵、フィッツジェラルド劇場で」は、3/3公開になったロバート・アルトマン監督最後の作品で、あたしも好きなアルトマン監督の「ショート・カッツ」のようなアンサンブル・ドラマなんですが、観て...

「今宵、フィッツジェラルド劇場で」

朝鮮戦争を痛烈に批判した「M★A★S★H」や、ハリウッド映画界の内幕を暴いた「ザ・プレイヤー」などの作品で知られる米映画界の鬼才、ロバート・アルトマン監督が2006年に撮ったドキュメンタリータッチのドラマ「今宵、フィッツジェラルド劇場で」(米、105分)

≪今宵、フィッツジェラルド劇場で≫(WOWOW@2008/02/07@075)

今宵、フィッツジェラルド劇場で    詳細@yahoo映画 解説:30年あまり続いた音楽バラエティショーが放送を終了する最後の夜の様子を、流れるようなカメラワークでみせる。実際、長年ラジオ番組の司会を務めてきたギャリソン・キーラー本人が舞台を盛り上

モンローブロンド! «  | BLOG TOP |  » カーリングのマリリン2

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード