FC2ブログ
topimage

2019-09

「リトル・チルドレン」 - 2007.08.11 Sat

ボストン郊外の町。3歳の娘を連れて公園に来ているサラ(ケイト・ウィンスレット)だが、そこにいる主婦たちとは、なじめずにいる。
そこへ息子とともに公園にやってきたブラッド(パトリック・ウィルソン)。彼は司法試験にチャレンジ中で、妻キャシー(ジェニファー・コネリー)がドキュメント映像作家として働いている。日中の子守りは、彼の役目なのだ。
主婦たちがブラッドのことを、こそこそと気にしながら口もきかないできていたことを知ったサラ。彼の電話番号を聞きだしたらお金をあげるわよ、と冗談まじりに言われた彼女は、主婦たちを驚かせようと、彼と抱き合い、キスまでしてしまう。
それが2人の関係の始まりだった…。

一方、子どもに対する性犯罪を起こしたロニー(ジャッキー・アール・ヘイリー)が町に戻ってくる。元警官のラリー(ノア・エメリッヒ)は執拗なまでに彼に対して敵意をむき出しにする。ロニーの母メイ(フィリス・サマーヴィル)は、世間の冷たい目から息子を守るが…。

ケイト・ウィンスレット。絵になる女優。
(c) MMVI NEW LINE PRODUCTIONS, INC. All rights reserved.

これはもう、ケイト・ウィンスレット嬢が出ているから、ということで観た映画。
彼女は簡単に言えば、浮気妻の役(といってしまうと身もフタもないが)。
子連れで「公園デビュー」しても、他の奥さんたちと一緒になれない。私はあの人たちとは違うんだ、みたいな感じがあって、傍観者的に醒めている。
自分の娘との関係でも、どこか、うまくいかないところがある。
夫がネットのエロティックなサイトにハマっているのを知ってしまってからは、私も好きにするわ、とばかりに、公園で知り合ったブラッドとの仲を深めていく。
お互いに配偶者に、なにがしかの不満をもつ者どうし、接近するのは早い。

ブラッドの美人妻キャシーの姿をこっそり覗き見て、私じゃ勝てないと落ち込んでいたサラが、ブラッドとの会話の中で、「この人の奥さんのことは、そんなに気にすることはないんだ」と分かるときのケイト・ウィンスレットの表情の演技は素晴らしかった

もうひとつの大きなストーリーは、元犯罪者の話。
その犯罪者ロニーを演じるのが、なんと「がんばれ!ベアーズ」(1976年)でバイクに乗った悪ガキを演じていたジャッキー・アール・ヘイリー。
私は映画を観た後に、それを知ったのだが、「ベアーズ」から約30年、まるっきり「オッサン」だった。
小児性愛犯罪者という役なので、観ているほうも、そういうイメージで観ているわけでもあるのだが、それが、まったく、そういうふうな人にしか見えない、というのは演技が上手いとしか言えない。まさに、怪演である。
子どもたちが遊ぶプールに潜水具を持って登場したり、母親のすすめで女性とデートしても、とんでもない行動に出たり。(これは、けっこうショッキングだ。)
絶対に、彼の性癖は直っていない。
そんななか、ラリーとロニー、ロニーの母親の間で、事件が起きる。

リトル・チルドレンとは、「小さな子どもたち」という意味だが、大人になりきれない大人たちの話、と、どこかに解説があった。
人間とは、そのまま大人であるのではなく、みな、大人であろうと努力しているのではないだろうか。
大人だから、それらしく行動しなければならない、物分かりよくあらねばならない、と。
そこを、少しく自分の欲望のままに動いているのが、この物語のサラやブラッドたちなのだ。

ジェニファー・コネリーは助演。
(c) MMVI NEW LINE PRODUCTIONS, INC. All rights reserved.

主な登場人物を丁寧に描写した秀作といえるだろう。
子役たちもいい。
サラとブラッドのたどったエンディング。
ああ、そうなったのか、と感慨深い。

ロニーのほうのエンディングは難しい。
性犯罪者がその性癖を捨てて更生することは可能なのか、という問題があり、映画では、まず無理である、と言っているように思える。
ロニーが母親の深い愛に触れて、今後どうなるのかは、映画の範疇(はんちゅう)外に預けられた、といっていい。結論は出ていない。
それにしても、ロニーの母の手紙の一文は、心に染みた
これこそ、親が子に願う思いのすべて、なのではないだろうか。

(8月4日)

LITTLE CHILDREN
2006年 アメリカ作品
監督 トッド・フィールド
出演 ケイト・ウィンスレット、パトリック・ウィルソン、ジェニファー・コネリー、ジャッキー・アール・ヘイリー

このブログ内の関連記事:
スティーヴン・キングの2007年映画ベスト10

トラックバック:
我想一個人映画美的女人blog様かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY様Cinematheque様Lost in Australia様Cartouche様リトル・チルドレン@映画生活様シネマトゥデイ様goo映画様、映像全般を楽しもう(ブログペットのグループ)

追加トラックバック:
レザボアCATs様旧作をねらえ!in TSUTAYA わさぴょんの映画鑑賞日記様

評価☆☆☆★(3.5点。満点は5点)

● COMMENT ●

早速!

 BJさん、こんにちは! もうご覧になったのですね、羨ましい★

 私も、来週か再来週には観に行ければなぁ、と思っています~。

 ジャッキー・アール・ヘイリー、大きく(どころじゃないか)なりましたねぇ。

>香ん乃さん

コメントありがとうございます!
シャンテシネで上映中の3本、偶然ですが全部観る結果になりました。「魔笛」、「フリーダム・ライターズ」、本作と。

見ごたえのある悲喜劇、でした。ナレーションが多めですが、邪魔にはなっていません。
星4つあげても普通はいい作品かもしれませんが、ジャッキー君のパートに対する好みの問題…でしょうか。
ケイト・ウィンスレットは、いい女優さんになりましたですねえ、ほんと!

文中リンクありがとうございました♪

こちらにもTBありがとうございました。
あとから考えてみると、どんどんと深みを増す物語でした。好きな映画かどうかはおいといて、すごく刺さりました・・・。痛かったです。
あの、ちょっと聞きたいんですが、ボーさんは基本、コメントする際のネタバレはOKな人ですか?
軽い話もいいのですが、たとえばネタバレで思いきり映画の内容について、深い部分で語りたい時もあったりするのです・・・

>とらねこさん!

ジャッキー・アール・ヘイリーの役がリアルすぎて、ちょっと引き気味な私ですが、いい作品でしたよね。

映画をこれから観るかもしれない方が読んでいる可能性もあるので、ネタばれは、できたら避けたいほうですが、ネタばれ禁止などとは明記していないので、たまにネタばれしていることもあります。
できれば「ネタばれですが、」のように断ってから書いてもらえればベターかなと思います。そしたら読みたくない方は読まないでしょうから。
でも、私に深いところを問われても、考えてなかったりしたら、ご勘弁を!(苦笑)

やっと観ました。

 BJさん、こんにちは♪ 今更で恐縮ですが、トラバさせていただきましたm(_ _)m

 公開終了ぎりぎりに観たのですが、映画館は満席に近かったです。それだけ、この作品への映画ファンの興味が強かったんでしょうね。ロング・ヒットになるのも当然と思われる緻密な映画で、満足度高かったです(*^^*)

>香ん乃さん

コメント&TBありがとうございます!
まだ上映してました?
この監督は、「イン・ザ・ベッドルーム」でもそうでしたが、見応えのある上質なドラマを作りますね。
登場人物たちの生き方が味わい深い一作だったと思います。

私はジャッキー・アール・ヘイリー目当てでみたので
かなり衝撃的で満足でした^^
(「がんばれベアーズ」の時、大好きだったんです~♪)
あの演技、凄かったですね~
手紙の1文は「コレに尽きる」って感じで深いですね。
そしてその言葉を受けてとった行動・・・
一瞬、ウ○コもらしてるのかと思ったけどそうじゃなく・・・
やはりああするしかないのでしょうか(>_<)

>わさぴょんさん

ジャッキー目当てですか!
「がんばれ!ベアーズ」のときは子どもでしたが、今回すごいインパクトでしたよね。
性犯罪者の心理…ああいうものなのかどうか分かりませんが。
映画俳優以外の仕事もしてきて、この映画でカムバック? これから、どんな映画に出るんでしょうか、チェックはしておきたい…かな?

ケイトは 実生活でも お子さんがいる お母さん女優です。

おはようございます ボーさん DVDで見ましたのでまたまた コメントします。

 まず、あの旦那さん あのシーンで爆発しました~(^口^)
あれは かなり おなかが苦しかったなぁ~(爆笑)

ケイト
あの濡れ場は大胆ですね~
実生活でも お子さんいる 母親なんですよ~
 体をはって 愛欲シーンを演じることに さ~すがぁ!

・・・でも、お子さんには 見られないようにネッ ケイト(^^)

幼児性愛の前科者ロニーと元警官のラリーのやりとり 

続きです。この作品のもうひとつの肝になる幼児性愛の前科者ロニーと元警官のラリーのやりとりですが なんなんだ・・・

 >そんななか、ラリーとロニー、ロニーの母親の間で、事件が起きる。
 
このラリーの執拗な嫌がらせと 横暴さを見て
 「おまえ、町から出て行け このアホんだら」 と 言いたくなった
 近所から見たら 性犯罪者ロニーも町に出て行ってほしいが 元警官のラリーも出て行
ってほしいな。

 ラリーに対しては さすがに ムナクソが悪くなりました。

>zebraさん

こんにちは。
いまは帰省先からです。
この映画、ずいぶん前のような気がしますが、5年前ですか…。
衝撃的な話でした。
警官も、行き過ぎた正義感とでも言うのか、憎たらしいくらいでしたね。
つい先日「タイタニック」を観て、ケイト・ウィンスレットさんの美しさに酔ったばかりです。
いい女優さんですよね。
ヘイリー君は「ウォッチメン」では、かっこいいです。

スレ美(→ケイト・ウィンスレット)  また脱いでやがったな~(゚Д゚;) 

おはようございます ボーさん。 あれから例の「女神病」は落ち着かれたでしょうかv-10

「マリリン92歳ハッピーバースデイ」の記事でも書きましたがボクはボーさんを心配しておりました(苦笑い;)


今回のコメントは 以前・・・と、いっても タイタニックの3D版が公開されたときだから2012年 もう6年前か・・・

>つい先日「タイタニック」を観て、ケイト・ウィンスレットさんの美しさに酔ったばかりです。
いい女優さんですよね。
 👆引用部分から見て ケイトウィンスレットことスレ美 は ”脱いでも” マリリンや エイミーアダムス 通称アダ美、アマンダサイフリッドこと通称ンダ子ほど ボーさんは「気狂いピエロ」にはならないようで安心しました。 ボーさんからみてマリリンたちがランク特Aなら スレ美は Cランクってトコかな?

そのスレ美 「ザ・マウンテン・ビトゥイーン・アス」とかいうまだ日本未公開ですが そこでまた脱いでやがった(゚Д゚;)

スレ美、アンタ 3度も結婚して 元夫2人 と現在の夫 それぞれの相手から 子供がいるんやろぉ~ 一妻多夫か・・・v-12 

一度目の結婚 ジム・スレアプレトン (1998年結婚 2000年10月に娘が誕生 翌年2001年離婚)

二度目の結婚 サム・メンデス(2003年結婚、 同じ年12月に 息子誕生 2010年離婚)

三度目の結婚  現在の夫ネッド・ロックンロール(2012年結婚、2013年12月に息子誕生)   三度目だから ホップステップジャンプな結婚生活ですよ

一妻多夫とかきましたが ”多夫”は”タフ”かも・・・(笑) タフガイならぬタフレディであり、タフ・ママだ・・・(゚Д゚;)。

それでいて、映画では子持ちママでも濡れ場はなんともない・・・恐るべしぃ!!!!!   でも、今まで スレ美と作品内で共演し 濡れ場シーンを味わった俳優たちは 「スレ美、美味しかったよ 君の肉体ごちそうさまぁ~」ですよね きっと

>zebraさん

ご心配、おそれいります。
美人女優病は治りません! ただし、美人の基準はお察しのとおり、個人差はあるのでしょうね。

「私達の間の山」? うーむ、山に隔てられた恋人たち? 山みたいな…胸?
脱いでるとなると、見てみたい気もしますねー。

・・・・・・・( ̄Д ̄|||)

>ボーさん

>「私達の間の山」? うーむ、山に隔てられた恋人たち? 山みたいな…胸?
脱いでるとなると、見てみたい気もしますねー。

 ボーさん・・・はっきり言います!!!!! ドスケベ!!!!!

エイミーやマリリン、セロン、アマンダに悪いなぁ~って思いませんかv-10

美人女優病は治らないですか・・・・・・ま! いいかぁ~v-10

>zebraさん

いえいえ、単なる素直なボーです。
悪くはないです、言ってみれば本能? 私の彼女たちは心が広いので、ザッツOK!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/942-f557ce96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リトル・チルドレン /Little Children

                                                        {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/}トム・ペロッタ原作のベストセラー小説を自らの脚色で映画化したドラマ

『リトル・チルドレン』

大人の夏休み。ボストン郊外の住宅地。主婦のサラは子どもを遊ばせるために通う公園で、ブラッドという男性と知り合いになる。第三者の声のナレーションによって、主人公の思考が描写されて、リアルに描かれた日常の場面が途端に滑稽な色味を帯びる。原作小説はそのナレーシ

映画:リトル・チルドレン

リトル・チルドレン(ルシネマ)「”いい子でいるのよ”」『衝撃のラストが!』がどーしても気になって鑑賞。(確かにこうくるとは~!)郊外の静かな住宅地、そして犯罪歴のある男が仮釈放で住む事になり騒然とした雰囲気に。そして子育てや公園でのママ付き合いにう

リトル・チルドレン Little children

Please be good boy■ストーリー郊外に住む主婦のサラは、幸せながらも退屈な日常を送っていた。そんなある日、近所の公園で子連れの主夫ブラッドと知り合いになる。やがて二人は惹かれあい、気持ちを抑えられなくなっていく。元性犯罪者のロニーが釈放され、街では住居を構

リトル・チルドレン (Bunkamuraル・シネマ)

郊外の街に住む主婦のサラ(ケイト・ウィンスレット)は、近所の公園で、司法試験の合格を目指す主夫ブラッド(パトリック・ウィルソン)と出会った。いつしか二人はお互いに惹かれあい、気持ちを抑えられなくなってゆく。そんな中、街では元受刑者のロニー(ジャッキー・ア

「 リトル・チルドレン/ LITTLE CHILDREN (2007) 」

【リトル・チルドレン 】 7月28日(土) 公開 監督・脚本・制作 : トッド・フィールド 出演 : ケイト・ウィンス

ケイト・ウィンスレットの「リトル・チルドレン」を観た!

朝日新聞夕刊(8月15日)の第一面に載っている記事に引き込まれました。1977年に放送されたTBS「岸辺のアルバム」の製作秘話です。原作者で脚本家の山田太一や、製作にかかわったTBSのプロディユーサー、ディレクターの談話を記事にしたものです。「夫は忙しく妻と口も利

リトル・チルドレン

英国のバラと呼ばれている(らしい)ケイト・ウィンスレットがアカデミー賞主演女優賞にノミネートされた作品です。実はキサラギ よりも先に見ていたのですが、レビューは後になってしまいました。あらすじは・・・アメリカ、ボストン郊外の閑静な住宅街

リトル・チルドレン 2007-46

「リトル・チルドレン」を観てきました~♪閑静な住宅地に住むサラ(ケイト・ウィンスレット)は、娘を遊ばせる公園での主婦付き合いに飽き飽きしていた。ある日、司法試験合格を目指すブラッド(パトリック・ウィルソン)が息子を連れて公園にやってくる。お互いに興味を抱

真・映画日記『リトル・チルドレン』

8月27日(月)◆545日目◆午後6時10分に終業。『トランスフォーマー』を見ようとしたが、8月いっぱいまで「シャンテシネ」で使える株主優待券があるので、そちらを使うことに。『リトル・チルドレン』7時5分の回をチョイス。地下一階の劇場で見る。なんとなくテーマが見える

映画『リトル・チルドレン』を観て

60.リトル・チルドレン■原題:LittleChildren■製作年・国:2006年、アメリカ■上映時間:137分■鑑賞日:8月12日、ル・シネマ(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本・製作:トッド・フィールド□原作・脚本:トム・ペロッタ□製作:アル...

リトル・チルドレン

夏の終わりにオトナの映画を観た...。オトナになれない大人達の物語。ちょっと前に観たけど”塩漬け”になっていて、やっとupです。ツタヤで『がんばれベアーズ!』が空くのを待っていたら、9月になってしまいました...

リトル・チルドレン

 標題の意味は主人公二人の子供たちにかけて、この大人たちもまだまだ子供だといいたいのでしょう。  しかしながら、男であろうが女であろうが誰だって(?)結婚して子供ができても、大なり小なりすてきな恋愛に

『リトル・チルドレン』を観たよ。

シェアブログminiに投稿 ※↑は〔ブログルポ〕へ投稿するために必要な表記です。  自分に似ているキャラクターはひとりもいないはずなのに、どの人物にも不思議と親近感を覚える...

愛を求める大人たち、情に気付く子供たち●リトル・チルドレン

ビールと恋愛は、最初が一番美味しい。ただし、飲み干した旨さと、一緒に過ごした味わいは、何物にも変え難い。『Little Children』アメリカ、ボストン郊外の閑静な住宅街ウッドワード・コート。成功したビジネ

リトル・チルドレン“大人になれない大人たち”

 ケイト・ウィンスレットが脱いだ!なんていうのはちょっと大げさなのかも・・・・・。彼女がこういう役を演じるのは「えぇ~~!」って感じだった。私個人の印象は上品なイメージだったし・・・・。かなり濡れ場も多いです。結構かな?でも体当たりに演じているケイトに、

リトル・チルドレン

 『今の自分を愛せたら、 未来はきっと変えられる 心の中で、大人と子供が揺れている。幸せ探しの物語』 コチラの「リトル・チルドレン」は、トム・ペロッタのベストセラー小説を自ら脚色した脚本を「イン・ザ・ベッドルーム」のトッド・フィールド監督が映画化した7...

リトル・チルドレン-(映画:2007年133本目)-

監督:トッド・フィールド   出演:ケイト・ウィンスレット、パトリック・ウィルソン、ジェニファー・コネリー、ジャッキー・アール・ヘイリー評価:83点公式サイト(ネタバレあります)リトル・チルドレン=大人になりきれない大人達、の物語。郊....

『リトル・チルドレン』\'06・米

あらすじ郊外の住宅地で夫と娘と暮らすサラ(ケイト・ウィンスレット)は、その生活にうんざりしていた。ある日、彼女は主婦たちの憧れの的であるトッド(パトリック・ウィルソン)と話をする機会を得る。主夫である彼とサラは意気投合し、お互いの子どもを連れて会うよう...

「リトル・チルドレン」

リトル・チルドレンNIKKATSU CORPORATION(NK)(D)このアイテムの詳細を見る ボストン郊外の住宅街。成功したビジネスマンの夫リチャード(グレッグ・エデルマン)と3歳の娘と 共に引っ越してきた主婦のサラ(ケイト・ウィンスレット)。娘を連れて公園デビューに挑むが、

映画『リトル・チルドレン』

原題:Little Children 公園デビューを無事果たしたプロム・クイーン、プロム・キングとのハグ&キスは空虚な思いの隙間を埋め、行き着くとこまで突き進むに十分な出来事?・・ 特に美人というわけではないサラ(ケイト・ウィンスレット)だけど、裕福な家庭に

『リトル・チルドレン』を観たぞ~!

『リトル・チルドレン』を観ましたトム・ペロッタの全米ベストセラー小説を「イン・ザ・ベッドルーム」のトッド・フィールド監督が映画化した悲喜劇メロドラマです>>『リトル・チルドレン』関連原題: LITTLECHILDRENジャンル: ドラマ/サスペンス/コメディ製作年・製...

「トランスフォーマー」 «  | BLOG TOP |  » 意識(BlogPet)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード