FC2ブログ
topimage

2021-01

「ハードキャンディ」 - 2007.09.04 Tue

DVDジャケット(海外盤)
少女が男の○○を切る、というので話題になった作品。
どうも最近、映画鑑賞がエロやホラーに傾いているような気がしないでもないが…。
ま、気のせいということにしておこう。
だいたい、この映画はエロじゃなくてサスペンスだし。

14歳の少女ヘイリー(エレン・ペイジ)とネットの出会い系で知り合った、32歳の写真家ジェフ(パトリック・ウィルソン)。
外で待ち合わせた後、2人はジェフの家へ。そこから事態は思わぬ方向に向かっていく…。

これが結構おもしろかった。
少女と男、ほぼ2人だけしか登場せず、ほとんどの場面が男の家の中。
ドラマに緊張感がなければ、もたない状況だ。
とくに少女ヘイリーの考えや行動が読めず、いったい何をするのか、興味を持続させた。

日本の女子高生による「オヤジ狩り」にヒントを得た脚本とのことだが、男をひどい目に遭わせることくらいしか、共通点はない。
画像にあるように、本作は「赤ずきんの狼狩り」のイメージか。
詳しいストーリーは書かないが、ヘイリーの動機が、いまひとつ、あいまいにされている。その「あいまいさ」が面白いところでもあると思った。

ヘイリーの言動、緻密な計画性は、驚くべきものだ。
初めのほうで、私は異常なの、と彼女は言うが、もちろん男は、そのときは冗談としか受けとめていない。話が進むうち、観客のほうも、もしかして、それは本当なのかも…とも思えてくる。

エレン・ペイジがいい。幼い少女なのに大人の男と堂々と渡り合う強さや、頭の良さ、執念深さを見事に演じている。
私は彼女を「X-MEN:ファイナル ディシジョン」で初めて観ているが、それほど印象には残っていなかった。
だが…これは、どうやら要注目の女優さんだ。1987年2月21日生まれというから、この作品のときは14歳ではなく、実際は17歳くらいだったのだ。
今後が楽しみ。

ところで、少女が男の○○を切る、の○○、私はスティックのほうかと思っていたのだが、さにあらず、ボール(ズ)(複数形)でした! むむ…。

ファンタジー系の映画祭として有名な、シッチェス・カタロニア国際映画祭では作品・脚本・観客賞を受賞、オースティン映画批評家協会賞ではエレン・ペイジが主演女優賞を受賞している。
エレン・ペイジが素晴らしい!
(9月2日)

HARD CANDY
2005年 アメリカ作品
監督 デヴィッド・スレイド
出演 エレン・ペイジ、パトリック・ウィルソン、サンドラ・オー、ジェニファー・ホームズ

トラックバック:
レザボアCATs様我想一個人映画美的女人blog様ハード・キャンディ@映画生活様シネマトゥデイ様goo映画様、映像全般を楽しもう(ブログペットのグループ)

追加トラックバック:
映画のお友達様

評価☆☆☆★(3.5点。満点は5点)

● COMMENT ●

ご覧になったんですねー、男性には痛そうなんでは…と思ってしまいましたが(^^;)
私はパトリック・ウィルソンにかなり肩入れして観ていたらしく、
(単なる好み)
エレン・ペイジが怖かったー。
あ、それでいいのか?
本当に出演者の少ない映画でした…

下の「ホステル」の2は女子高生版になりますね。
観たいような…でもやっぱり怖くて観れないかも…

>まおさん

ありがとうございます。
パトリック・ウィルソン好きな、まおさん、やはりご覧になってましたか!
エレン・ペイジの役、怖いですよねー。観ている間は、頭がおかしいのかという疑いもあって、何をしでかすのか分からないですし。
少女をあなどってはいけません!

「ホステル2」…「1」を観た感じでは、映画館に行くほどかな~?と思っています。

最近(というか、もう2、3年前から)、ブログを更新するので精一杯で、
新しい映画をチェックする余裕をなくしているので、ボーさんちにお邪魔を
するたびに新鮮な驚きを感じている今日このごろです(^^;
ふーむ、こんな映画があったんですね。
「赤ずきんの狼狩り」というフレーズを見ただけで、観たい意欲がグ~ンと
増してしまいました♪♪♪

きょうノーマ・ジ

きょうノーマ・ジーンは、毬子さんの恐怖に発言するつもりだった。

こんばんは☆
いつもありがとうございます♪

これ、なかなか面白かったですよね、
男性にはかなりの恐怖映画だろうけど。
ヘイリー役の子、またもうすぐ出演作が来ますね、
憎たらしくってかなりハマっていました☆^-^

>kiyotayokiさん、ノーマ・ジーン、migさん

kiyotayokiさん、新鮮な思いで読んでいただけるなら、うれしいことです。基本が映画好きなので、まず映画を観ることがありき、で、それに追いついて記事を書くのが大変です。
赤ずきんvs.狼、おもしろそうでしょう? ぜひご覧ください。

ノーマ・ジーン、鞠子さんは、香ん乃さんのペットだね。鞠子さんの恐怖って、いったい…?

migさん、あんまり怖くなかったですよ。私は彼女に恨まれる覚えはないので。(笑)
エレン・ペイジ、「X-MEN」シリーズに出るくらいですから、注目されてたわけですね。納得です。
新作来ます? それはチェックしとかなきゃ!

毎度~★

こんばんは~!文中リンクありがとうございます☆
ボーさんは、結構楽しまれましたか!嬉しいですね~。
>どうも最近、映画鑑賞がエロやホラーに傾いているような気がしないでもないが
どうりで、最近どうもボーさんと合うはずだと・・・なんつってハハハ♪

おっしゃる通り、ここまで緊張感が持続するということは、脚本がかなり秀逸なんだと思うんですよね。
でも、こういうのって好き嫌いがあるかもです。
先日挙げた、『摩天楼を夢見て』は、かなり素晴らしい作品だったんですよ。
もしよろしければ、ボーさんのご感想が聞きたいです。

>とらねこさん

おはようございます!
これ、楽しめましたよ~。
かなり早いうちから家の中で2人になる展開に、多少びっくりしましたが、じっくり見せてくれましたねー。
好き嫌い、あるでしょうね。私などは、スリルのある攻防、しかも2人だけで、というのは面白いと思いますけどねえ。

「摩天楼を夢見て」は、だいぶ前の映画ですよね。タイトルは知っていますが…レンタルのとき、頭に置いときますね。

えーーっと、、、

>スティックのほうかと思っていたのだが、さにあらず、ボール(ズ)(複数形)
これ、しばらく意味がわからなかったのですが、、、
おーーおーーおーーっ!!そーゆー意味だったのか!やっと霧が晴れたぞ~~!(遅すぎ?)

パトリック・ウィルソンって「オペラ座の怪人」でヒロインの相手役を演じた方ですよね。
爽やか二枚目だったと記憶しているのですが、やはりこの人が切られる人?
確か、うちの妹がWOWOWで放送したものを録画していたはずだけど、、、あとでチェックしてみます。

>小夏さん

はい?
うー、ぶりっこしてるのか、という疑いのマナコで見てみますが…マジっすかー!?

ええ、切られる方です、うぃるそん。
映画は(私は)面白いと思うので、観てください。切る切らないは別として、ね!

大竹しのぶに見えたけど・・・

ボーさん、こんにちは!また古い記事にお邪魔しま~す☆
台風のせいで蒸し暑い名古屋です。

日本のオヤジ狩りにヒントを得たって、
いいやら悪いやら・・・(^^; ちょっと日本の恥って感じだよね?
援交をするオヤジも悪いけど、女子高生も強かで怖い。
まさに本作もそんなイメージで、どちらかに肩入れする
気持ちにはならなかったですね。

エレン・ペイジは今では主演もしてるし、
これからもますます素晴らしい演技派女優になりそうですね!

>YANさん

こんばんは!
古い記事、大歓迎です!
オヤジ狩り…最近は聞かないですけどね。
エレン・ペイジさんは、いまや立派に(?)活躍中です。
画像を見ると、このときは短髪でボーイッシュな見かけだったんですねえ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/960-5b170a92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハードキャンディ/HARD CANDY

な~んて生易しいものじゃない!!2005年、サンダンス映画祭でちょっとした話題になった、日本の"オヤジ狩り"からのインスピレーションで作られた作品サンダンスと聞くと観ずにはいられない♪男の、、、、を、、、、という展開になるのを知ってたから展開にはあま

ハードキャンディ@我流映画評論

国内外の魅力的な映画を見るなら「GyaO」まずは映画のストーリーから・・・今回紹介する映画は、2005年のサンダンス映画祭で話題になった作品の『ハードキャンディ』です。まずは映画のストーリーから・・・14歳の少女・ヘイリーと32歳のファトグラファーの男・ジェフ。2人

映画『ハード キャンディ』

原題:Hard Candy日本の女子高生によるオヤジ狩りのニュースに着想を得たのち、赤ずきんちゃんをモチーフに製作されたという、ペドフィリアもしくはロリコン撲滅作戦・・ 14歳の少女が32歳の男性を恐怖のどん底へと追い込んでいく。独身カメラマンのジェフ(パトリッ

≪ハードキャンディ≫

ハードキャンディ デラックス版 ¥3,751 Amazon.co.jp (WOWOW@2007/08/11) 原題HARD CANDY 製作年度2005年 製作国アメリカ 上映時間103分 監督クラーク・ジョンソン 出演パトリック・ウィルソン(ジェフ)、エレン・ペイジ(ヘイリー)サンドラ・オー

ハード キャンディ

 『赤ずきんが仕掛けるオオカミへのゲーム』  コチラの「ハード キャンディ」は、出会い系サイトで知り合った14歳の少女と32歳のフォトグラファーが、実際に会い見えた時を描いたR-15指定のサスペンス・スリラーです。  監督は、ミュージック・ビデオで主に活躍して

【DVD】ハード キャンディ

■動機 ブログめぐりの際に発見 ■感想 そう見えちゃったものは仕方ない・・・ ■満足度 ★★☆☆☆☆☆ いまいち ■あらすじ 好奇心旺盛で未だあどけなさを残す14歳の少女、ヘイリー(エレン・ペイジ)は、出会い系サイトで32歳の売れっ子フォトグラファー、ジ

『ハードキャンディ』

『JUNO/ジュノ』の公開が控えたエレン・ペイジの作品をチェックしておこうと思って観たのが、この『ハードキャンディ』。タイトル自体が隠語のようですね。観終わった後にすっきりとする感じはないけれど楽しめる作品でした。 出会い系サイトのチャットで知り合った14...

ハードキャンディ(HARDCANDY 2005 米)

「…忠告したでしょ、怪しい飲み物には手を出すなって…大人だってそうよ」ヘイリーこれこそ~エコエコアザラクまんま~でしたま~ジェフがロリコンの性犯罪者で~それを突き止めた...

【ハードキャンディ(2005)】 縮み上がり

■『ハードキャンディ』予告編(Youtube) 【ネタバレありです】 『

ハード キャンディ

うう~っ、身体が痛くなる~ 女の私でも(><) 2人のやりとりで引き込む戦慄の心理サスペンス! HARD CANDY 監督:デヴィッド・スレイド 製作:2005年 アメリカ 出演:*パトリック・ウ...

デジタル加工なマリリン «  | BLOG TOP |  » 「ホステル」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード